▽温暖化防止アクション
フードマイレージ
COOL BIZ+ふろしき
COOL BIZ+グリーンカーテン
ウォームビズ


「福島議定書」事業参加!

延増 惇・藤川貴央

僕たち新人アナウンサーもクールビスです!

新社会人として「ネクタイをきっちりしめなければ!」と思っていたのですが、地球のことを考えるのも社会人の使命ですよね!
涼しく、爽やかに
(?)頑張ります!


「福島議定書」事業参加!

マフラー

この冬、会社で重宝しているのが、こちらのマフラー
一見普通のマフラーに見えますが・・・
実は、両端が筒状になっていて、このように!袖にもなるんです!
ちょっと寒いな〜というとき、社内でよく羽織っています。

背中もあったかいので、
ボレロといってもいいかもしれませんね!

取材を通して知り合った方の手づくりなんです。
それも、さらにあったかく感じる理由かも・・・しれません♪


「福島議定書」事業参加!


福島県では、二酸化炭素排出量の削減目標を定め、知事と議定書を交わす「福島議定書」事業を実施しております。(福島県Webサイトより)

福島テレビもこの事業に参加!本日、佐藤雄平福島県知事から「福島県議定書」 が届きました!右の写真は「福島議定書」。
目標は、二酸化炭素の排出量を基準年(平成17年)より6%減らすこと。

こまめに電気を消したり、こまめに蛇口をしめたり、未来ある地球のために、身近なところから温暖化防止の取り組みを始めていきます!

福島議定書


ふくしまビッグフェアで地産地消!


8月22日(土)23日(日)ふくしまビッグフェアが開催されました!!
晴天に恵まれ、およそ51,000名の方がご来場。
皆様に楽しんでいただけたことと思います。

ふくたんブースの今年のテーマは「野菜を食べようキャンペーン」
会場内では、規格外の野菜を賞品にした『ふくたん輪投げ』『キュウリのつかみ取り』『野菜の切れ端スタンプ』などを行いました。
また、ステージでは福島県で収穫される野菜&果物でビンゴカードを作り、地産地消ビンゴを行いました。
夏休み最後の休日を満喫していただきました。完売御礼!

 ふくしまビッグフェアで地産地消! ふくしまビッグフェアで地産地消! ふくしまビッグフェアで地産地消! ふくしまビッグフェアで地産地消!


環境啓発ブースもたくさんの来場者で賑わいました。
(福島県地球温暖化防止活動推進センターWebサイトより)


野菜を食べようキャンーペーン


毎日の食べ物は、身体をつくるうえで大切!
特に子どもには、バランス良くもりもり食べて、元気に育ってほしいですね。
そこで、アナウンサーが奮闘し、ふくたん早口言葉コマーシャルを作りました。

福島の野菜を食べて、元気な体をつくろうね!ふくたんも応援中!

ところで、地元で収穫できる野菜を食べることがエコにつながること、
皆さん知っていますか?

野菜が収穫されてから、私たちの口に入るまで様々な輸送機関(飛行機や船やトラックなど)を使って届けられます。
運ばれる間に、輸送機関から二酸化炭素がでてしまう・・・
この二酸化炭素の排出量を、数字で表すのが 『フードマイレージ』
『フードマイレージ』が少ない方が エコ!

近くで収穫できる野菜を食べる方が、二酸化炭素の排出が少なくてすみますよね。
もちろん 地元でとれる野菜は 新鮮でおいしい。
エコでおいしい地元の野菜を いっぱい食べよう。

野菜を食べようキャンーペーン

野菜を食べようキャンーペーン


CO2削減/ライトダウンキャンペーン


環境省では、地球温暖化防止のためライトアップ施設の消灯を呼び掛ける運動を、毎年夏至の日を中心として行ってきました。
7年目の今年は、6月20日(土)〜7月7日(火)の期間で「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施することとして、施設や家庭でのライトダウンを呼びかけています。

福島テレビは今年もライトダウンキャンペーンに参加します。
『ブラックイルミネーション2009』『七夕ライトダウン』の両日は皆さんもご家庭の電気を消して、キャンドルの灯を眺めながら温暖化のこと考えてみてはいかがでしょう。
キャンドル
■ブラックイルミネーション2009 6月21日(日)よる8時〜10時 
■七夕ライトダウン 7月7日(火)よる8時〜10時


6月の星空とエコな絵本の朗読会


郡山市ふれあい科学館で「6月の星空とエコな絵本の朗読会」が行われます。
郡山市の温暖化防止キャラクター「チーム環太郎」の絵本『タケちゃんと未来の種』を浜中アナ&多田アナが朗読。ふくたんも遊びに行きます♪

また星空を通して身の回りの環境やエコについて学ぶ「プラネタリウム鑑賞会」もあります。お楽しみに!!
入場無料(要事前申込)ですので、ぜひご参加ください。

■日時 : 6月6日(土)18:30〜 
■場所 : 郡山市ふれあい科学館
■お問い合わせ : 郡山市生活環境課(024-924-2731)まで
※イベントは終了しました。  


フードマイレージ


連日夏を思わせるような暑い日が続いています。

福島テレビでは6月1日〜9月30日を『クールビズ』期間と定め、今年も地球温暖化防止活動に参加していきます。

それってecoとしてあらたに加わるのは「フードマイレージ」

フードマイレージとは国産食品は輸入食品に比べて輸送エネルギーを使っていないので、国産食品に切り替えることが温暖化防止につながるとの考えです。野菜の収穫までにどれほどの手間がかかるのか、家庭菜園にて“厳しさ”“ありがたさ”を実感中です。畑仕事の様子を更新していきますのでぜひご覧ください。

また「グリーンカーテン」ではゴーヤのカーテンの育て方を予定しています。

イメージ


Think


卒業、故郷からの旅立ちなど、新しい出逢いと別れが多い早春の季節。
故郷や友達、大切な人を想う気持ち。
そして地球温暖化から大切な故郷、思い出を守っていこうという気持ちはじつは同じではないでしょうか。

フジテレビ系列25局ではそんなメッセージを込めCMキャンペーン
 「Think Green , Love Hometown 
         〜いまあなたに伝えたいこと〜」

を行なっていきます。
地球温暖化の影響は遠い国の話ではなく、身近なところで進行しつつある『郷土の危機』でもあるのです!

各局アナウンサーによる特設ブログへは多田アナウンサーがエコメッセンジャーとして参加しています。


Think Green , Love Hometown
春の訪れを告げる福島市のシンボル『雪うさぎ』。
今回のCMはそのうさぎが主役になっています。

福島市の皆さんと取り組んだCM撮影はとても楽しく、
笑いの絶えない撮影になりました。
2月下旬から放送になりますのでぜひご覧ください。

これからエコメッセンジャーとして、そして地球に住む一人の人間として、
地球環境のことを今まで以上に真剣に考えていきたいと思っています。

                                        多田紗耶子
多田アナ


福島県地球温暖化防止活動推進センターと郡山市、いわき市では連携して温室効果ガスの排出削減に取り組んでいます。雨水の有効活用や食べ物を無駄にしないこと、エコバッグを利用してレジ袋の使用を減らすことなど。

番組では身近なところからできる省エネを紹介します。

*番組は終了しました。ありがとうございました。


エコ推進員とは地域における地球温暖化防止に向けた実践活動の促進を図るため、「地球温暖化対策の推進に関する法律」第23条の規定により福島県知事が委嘱するもので、およそ150名を委嘱しています。
地球温暖化に関する基礎知識の普及啓発、環境家計簿の普及、地球温暖化防止のための実践活動のアドバイス等を行います。(福島県Webサイトより)

手にしているのは!「うつくしま地球温暖化防止活動推進員証」 去年秋に委嘱されました。佐藤雄平福島県知事から委嘱されたんですよ。
環境問題について、いろいろ勉強し、皆さんに役立つ情報をお伝えできるようがんばります。又、暮らしの中でエコについて考えている皆さんも増えています。 そういった皆さんもどんどん紹介していきます。

                                     浜中順子



■第1部 「朗読会&講演会 〜STOP温暖化 いま、私たちにできること〜」
浜中順子アナウンサーと多田紗耶子アナウンサーが地球温暖化に関する絵本の朗読会を行います! 福島県地球温暖化防止活動推進センターのコーディネーターによる"無理せず身の回りでできるエコのポイント"講演も開催。ぜひご家族そろってご来場ください。

■第2部 「体験コーナー 〜クリンピー&ふくたんとエコを楽しもう〜」
オリジナルエコバッグ製作や手廻し発電、ゲーム感覚で学べるフードマイレージコーナーなど盛りだくさん。会場でチーム・マイナス6%「私のチャレンジ宣言」に登録した先着100組には「ふくたんのECO風呂敷」をプレゼントします!!
*「ECO風呂敷」は「私のチャレンジ宣言」にご登録いただいた1家族(またはグループ)につき1枚のプレゼントとなります。
○日時 :2月1日(日) 14:00〜16:00 (開場:13:30)
○場所 :いわきワシントンホテル椿山荘 3階アゼリア  入場無料
○主催 :いわき市 福島県地球温暖化防止活動推進センター 福島テレビ
○お問い合わせ :いわき市環境企画課 TEL 0246-22-7528
*イベントは終了しました。ご来場ありがとうございました。

STOP温暖化「知恵の輪」づくりキャンペーンで優秀事例に選ばれた小学生の"学校から排出される二酸化炭素の削減に取り組む姿"や"家庭での効果的な温暖化防止の取り組み"を取材し、身近なところからの始められる温暖化防止活動などを紹介します。子どもたちからの温暖化に対するメッセージを是非ご覧ください。
◆紹介校 会津若松市立鶴城小学校 いわき市立中央台東小学校
いわき市立中央台北小学校
*番組は終了しました。ありがとうございました。

環境省では地球温暖化防止のため、暖房時のオフィスの室温を20℃にすることを呼びかけています。 "寒い時は着る""過度に暖房機器に頼らない"そんな原点に立ち返り、"暖房に頼り過ぎず、働きやすく暖かく格好良いビジネススタイル"それが「ウォームビズ」です。暖房に必要なエネルギー使用量を削減することによって、CO2発生を削減し地球温暖化を防止することが目的です。
(チームマイナス6%Webサイトより)


サタふくでは『自転車でGO!』のコーナーで自転車の旅を6年続けています。冬の取材では、防寒対策は必至!しかも動き易くなければ自転車はこげないという矛盾から、機能的ですっきりと暖かい洋服を選ぶように自然となりました。この教訓を活かし!?普段のオフィスでも動き易く暖かなウォームビズスタイルで過ごしています。
サタふく 藺草英己

福島テレビのエコリーダー"ふくたん"がデザインされた風呂敷がついに完成しました!普段のお買い物でも使い易いよう、ふくたんを影絵でさりげなくデザイン。可愛すぎず、地味すぎない素敵な風呂敷で、エコバック派の方からも注目されること請け合いです!!

 <ふくたんのレジ袋削減作戦>
レジ袋のかわりにエコバックや風呂敷を使ってみましょう。
イベント会場では親子オリジナルエコバック作りや風呂敷をエコバック代わりにする様々な結び方を紹介します。来場家族全員でチームマイナス6%「私のチャレンジ宣言」に登録すると『ふくたんふろしき』をプレゼント!!ご来場お待ちしています。
■日時 11月3日(祝)10:00〜16:00
■場所 福島テレビハウジングプラザ(福島会場)
*イベントは終了しました。ご来場ありがとうございました。

8月23日(土)24日(日)ふくしまビッグフェアが開催されました!!
あいにくの天気でしたが、およそ30,000名の方がご来場。
夏休み最後の休日を楽しんでいただきました。

今年のテーマはエコ。
会場内では『グリーンカーテン』のほかプラスチックを再利用する『油化装置』、『太陽光発電』、『ガラスの断熱フィルター』などエコ関連ブースやゴミレンジャーのステージショーなど来場者の興味を引いていました。


チーム・マイナス6%が、温暖化対策として2005年から推進してきた「クールビズ」。冷房の設定温度を28℃にした部屋でも快適に過ごすことのできるライフスタイルとして位置づけ、ビジネスに限らず、全てのライフシーンで「クールビズ」の実施を呼びかけていきます。

そしてこの夏は、「クールビズ」に、自分ならではの温暖化防止アクションをひとつプラスする、新生活習慣を提案。それが、『COOL BIZ +(クールビズ プラス)』。

例えば、COOL BIZ+「マイバッグ」、COOL BIZ+「マイ箸」、COOL BIZ+「マイカップ」。メタボ対策を兼ねた、COOL BIZ+「自転車通勤」や「徒歩通勤」など。


福島テレビでは今年も「クールビズ」を実施。そしてアクションとして
「マイふろしき」「グリーンカーテン」を呼びかけています。
クールビズが導入されて4年。
私もニュースを担当した去年から夏はクールビズスタイルでお伝えしています。
今年は環境や気象変動がテーマの洞爺湖サミットも迎えて、ホスト国として環境に対する国民の意識も高めていかなければならないと思っています。
そして、これから本格的な夏に向けて電力の需要・消費量が高まるとともにCO2の排出量も急増して、日本全体が発熱する季節を迎えます。
身近に出来る環境にやさしい取り組みを少しずつ実践していこうという想いで、日々の生活を送りたいと考えています。

スーパーニュースキャスター 千田淳一
*スーパーニュースのクールビズスタイルは終了しました。

■チームマイナス6%  http://www.team-6.jp/
■福島県地球温暖化防止活動推進センター  http://www.fukushima-ondanka.org/
■地球温暖化の目撃者―岩合光昭スペシャル  http://www.olympus.co.jp/jp/gww/
■日本風呂敷協会  http://www.japan-furoshiki.jp/

Copyright 2008Fukushima Television Broadcasting Co.,Ltd All rights reserved
記載事項の無断転載を禁じます。(C)福島テレビ株式会社