<2007年10月31日(水)> 

【駅でみつけた美味しいもの】
〜郡山駅編〜
エスパル郡山店に2つの人気スイーツ店が登場しました。
○パステルデザート○
10月19日にオープンした「パステルデザート」
人気のなめらかプリンを中心にショーケースには美味しそうなスイーツが並んでいます。

人気のベスト3は??
・第3位 なめらかいちごプリン / 第2位 なめらかパンプキンプリン / 第1位 なめらかプリン

“11月限定スイーツ”  なめらかスイートポテトプリン ・ なめらかフルーツカスタード


■問い合わせ先 : パステルデザート 024−954−5733

○36STICS+chou○
10月31日にオープンしたスティックケーキのお店「36STICS+chou」
ケーキが細長いスティックタイプというのも特徴で、どこでも手軽に食べられ、お店の名前の通り36あります。
そして、ナチュラルバターに非遺伝子組替え小麦、防腐剤などの添加物を限りなく排除した体に優しいシュークリームも人気です。

■問い合わせ先 : 36STICS+chou 024−925−5123

〜阿武隈急行 卸町駅編〜
○蕎麦游膳 阿部○
福島市鎌田にある阿武隈急行 卸町駅の中に知る人ぞ知るというお店があります。
北海道の牡丹そばという希少価値の高いそば粉を使い香りの良い十割蕎麦をだしてくれます。
蕎麦湯はトロッとしていてそば粉の甘味も楽しめるそうです。
新蕎麦の季節、電車で出かけてみてはいかがですか?
問い合わせ先 : 蕎麦游膳 阿部  024−554−5831
 
  ・福島市鎌田字卸町3−1    ・定休日 : 毎週水曜日
  ・営業時間 11:00〜15:00 / 17:00〜20:00

〜家計簿の話題〜
レシートを貼るだけの物や、手帳と同じくらいの大きさで持ち歩ける物など、最近の家計簿は種類も豊富で岩瀬書店八木田店ではおよそ80種類置いてあります。
そしてゲームコーナーにも家計簿がありました。 昨年12月に発売されたニンテンドーDSの家計簿をはじめ発売されたソフトなど簡単につけられると人気です。
■問い合わせ先 : 岩瀬書店 八木田店  024−546−0055 福島市八木田字並柳163−1

『L&G被害対策弁護団』
東京で結成された被害対策弁護団
 ■連絡先 03−3511−6840 または 03−3511−6841

■2007年10月30日(火)

『コンビニに福島の味』 ローソンで福島県内の食材を使った8つの商品が発売されています。
・会津のソースカツ丼
・ソースカツおにぎり(カツが大きく、ぶ厚いので機械は使えず手作業で作るそうです)
・会津味噌を使った焼味噌おにぎり
・ソースカツバーガー
・ソースカツサンド
・福島県産の白桃を使ったゼリーが入っているメロンパン

・白桃のシャルロットサンド

・白桃クレープ
☆11月末ごろまで東北6県と新潟にあるローソンで購入できます。

【 生まれ変わる生ゴミ 】
須賀川市では今年4月から給食の生ゴミをリサイクルする取り組みを始めています。
小・中学校から出た生ゴミは、週に2回業者が回収し「堆肥」が作られます。
この堆肥は、農家・一般の方に販売されているほか、各学校に無料で配られているそうです。

■問合せ先 : 堆肥化施設「三風」  0248−75−4105

『白鳥飛来』
福島市岡部のあぶくま親水公園に今年も白鳥がやってきて羽を休めています。
1000羽を超える白鳥が越冬することで知られるあぶくま親水公園。これからたくさんの白鳥が飛来して冬を越すことになります。

■2007年10月29(月)

『低燃費・エコランカー』
南相馬市にある、松栄高校エコノパワー研究会が作った「エコランカー」。
エコランカーは、バイクのエンジンをベースにして1リットルのガソリンでどのくらいの距離を走行できるかという大会に出るための、競技用省エネカーです。
実際にどのくらいの距離を走ったのかというと・・
1リットルで1939km!青森県から山口県まで本州を縦断できるくらい。
今年の大会では高校生クラス日本一になりました。


『東日本女子駅伝応援コーナー』
福島市のオノヤスポーツ。
来月11日に福島市で行われる東日本女子駅伝を応援するキャンペーンを展開中です。
大会で福島県チームが何位に入るかを予想して応募すると、正解者の中から抽選で「ミズノ」のスポーツグッズが当たります。
福島県チーム応援キャンペーンはスタート直前まで受け付けているそうです。
尚、東日本女子駅伝の様子は、福島テレビでも11日昼12時から生中継でお届けします。
■問合せ先:「オノヤスポーツ」 福島市置賜町8-12  TEL:024-523-0221

「落ち葉のプール開き」

福島市の「あづま総合運動公園」で、「落ち葉プール」が開かれます。
期間は今月31日から来月の30日までで、火曜日はお休みです。

■2007年10月26(金)

『日本そば博覧会』
磐梯町の「アルツ磐梯」では「日本そば博覧会」が開かれています。
今年で13回目になるこの博覧会には、北海道や関東、北陸などから選りすぐりの22店が集まっているので
郷土色豊かな、様々なそばの味を楽しむことができます。また、無料でそばがき作りを体験することもできます。
この「日本そば博覧会」はあさって28日(日)まで。時間は午前10時〜午後3時です。
入場料は無料で、どのお店でも、もりそば・かけそばは1杯500円です。

■問合せ先:日本そば博覧会実行委員会事務局(磐梯町役場産業課 商工観光振興グループ内) TEL:0242−74−1214


<2007年10月25日(木)> 

『カボチャのペインティング』
二本松市の岳温泉では毎年恒例となったカボチャのペインティングが行われました。
岳温泉のメインストリート「ヒマラヤ通り」沿いに並んだカボチャはおよそ100個
絵を描くのは安達太良小学校の3年生〜6年生の児童 39名です。
みんな思い思いの絵を描いていきます。

このジャンボカボチャは来月10日ころまで岳温泉に飾られる予定です。
 

JRいわき駅前に建設が進められていた再開発ビル「Latov(ラトブ)」
 が今日オープンしました。


☆地上8階、地下2階でいわき駅前再開発事業の目玉として建設されました。

☆1階から3階まではショップングフロアでメインテナントとなるのが大手百貨店の「三越」です。
  4階と5階には図書館やいわき市のサービスセンターなど公共施設が入居しています。
  地元の鮮魚店やハニーズの新ブランド「シェリーコート」など合わせて48店舗が入っています。

■問い合わせ☆
  (株)ラトブコーポレーション 0246−25−0200(代表)

■2007年10月23日(火)

【 自転車のリサイクル 】
☆所有者が名乗り出ない、いわゆる放置自転車を学生向けの無料レンタルに取り組む企業をご紹介☆

☆いわき市のバイク専門店「バイクオフ コーポレーション」
社長の稲本勝美さんが無料レンタル自転車通称「エコチャリ」の事業を考案しました。
バイクオフ コーポレーションでは大学やスーパーマーケットなどに放置してある自転車を無料で引き取り、修理してエコチャリにしました。
放置自転車は老朽化が激しく部品が足りないこともあるため使える自転車になるのは半分以下。防犯登録も行うので1台リサイクルするのに7〜8000円かかるそうです。

最初は学生向けへ安い価格で売っていましたがその自転車がまた放置されているのを見て卒業してから返してもらう無料レンタルを思いついたそうです。
エコチャリの取り組みは学生には大好評。


バイクオフ コーポレーションの事業に協賛しスポンサーを名乗り出る企業も増えてきたそうです。

☆稲本さんの最終目標は「放置自転車ゼロ」
使える自転車を大切にしたい、この気持ちで動いてらっしゃいます。

☆「若者に発信する」という点でも意義深い事業です。

■バイクオフ コーポレーション  問い合わせ:0246−34−5685
  エコチャリ.com http://ecochari.com/

■2007年10月22日(月)

『視力回復!』

☆眼科
福島市にある「しおや眼科」。
目を酷使しているせいで視力がおちてきたという人におすすめの機械があります。
目の筋肉を動かすことでリラックスさせ、視力の回復を促すものです。
ゲームやパソコン、勉強などで目が疲れているな・・と感じている方は1度試してみてはいかがでしょうか。
■問合せ先:「しおや眼科」 福島市置賜町 パセオ通り 024−521−8710

☆視力回復グッズ
○宝島社から出ている本、「マジカルアイ」。
この本はシリーズ化されていて、トレーニング+楽しいということで、現在380万部を突破しています。

○ピンホールアイマスク「ネミール ステラ」。
5つの小さな穴が開いていて、遠くと、その穴とを交互に見るのを繰り返すことで目の凝りをほぐすという
ものです。最近では、子ども用やサングラスタイプなどもあります。
■問合せ先:竃シ和里商事  TEL: 03−3866−1937  HP: http://www.nawari.co.jp/

☆ぬる湯温泉
福島市の「ぬる湯温泉 旅館二階堂」。
無色透明・弱酸性の温泉は源泉かけ流しです。お湯はぬるめで、およそ30度。
どのように目を癒すかというと・・直接湯船に顔をつけます。
「ぬる湯温泉 旅館二階堂」は宿泊は11月上旬まで、入浴のみなら11月下旬まで営業しているということです。
問合せ先:「ぬる湯温泉 旅館二階堂」
  024−591−3173

■2007年10月19日(金)

『ランドセルに注目』
泉崎村にある「榮伸福島工場」。
こちらでは現在、1日300個、年間では8万個のランドセルが作られているそうです。
色の種類は24色あって、人気があるのは紺やピンク。またGPS機能がついているものなど、防犯機能がついているものも問合せが増えているそうです。


そして、「思い出のいっぱいつまったランドセルを保存しておきたいけど場所をとるから・・」という方には「ミニランドセル」がおすすめです。税込み8400円で小さなサイズにつくりかえてもらえます。
予約は随時受け付けていますが、卒業シーズンの来年4月以降の制作になるということです。
○工場での直売予約も行っています。価格は定価の50%オフ!
☆ランドセル直売会(価格は定価の50%オフ)

・コラッセふくしま  11/22(木)〜24(土)

・泉崎環境改善センター  12/22(土)〜23(日)


■ 問合せ先:「榮伸福島工場」 0248−53−5155

■2007年10月18日(木)

『ウーフとは?』

○ウーフとは(直訳すると?)→
○ウーフのシステム→
 「労働力」と「食事・宿泊場所」を交換する仕組みです。

県内にも、ウーファーを受け入れているところが12ヶ所あります。
 ウーファーもホストも事務局への登録が必要です。

詳しくは、WWOOFジャパン事務局まで
 www.wwoofjapan.com/

『手でさわる絵本 200冊展』
福島市の「こむこむ」で開かれている「手でさわる絵本200冊展」。
福島市内で活動している図書ボランティアの会のメンバーが20年前から制作した布の絵本222冊
が展示されています。1冊1冊がすべて手作りで、目の不自由な人のために点字もつけられています。
展示期間は今月24日(水)までです。なお、展示が終わっても福島市立図書館で貸し出しするということです。

■2007年10月17日(水)

「ツリーハウス」
鏡石町の岩瀬牧場に東北最大級のツリーハウスが完成しました。
このツリーハウスまでの高さはおよそ7メートル。ツリーハウス制作の第一人者、小林さんを中心におよそ1ヶ月かけて作られました。小屋の広さはおよそ4畳ほど。ほのかな木の香りがして、窓からはのどかな風景が広がります。このツリーハウスは、利用料は無料ですが予約が必要です。
■問合せ先: 「岩瀬牧場」  0248−62−6789

■2007年10月16日(火)

【 町で人気の「駅」をご紹介 】

☆4月にオープンしたばかりの道の駅 南相馬
地元で採れた野菜や果物といった農産物をはじめ、県内各地の特産物が発売されています。
その数は1000種類。
■問い合わせ:0244−26−5100

☆会津地方の「まちの駅」をご紹介
「まちの駅」になるには案内人が常駐することやトイレが自由に使えること、観光パンフレットが置いてあることなどが条件になります。
会津地方には63ヶ所あります。
お勧めの会津坂下町の「まちの駅」、そこは無料で楽しめるお得な駅です。
  
会津坂下町出身の春日八郎さんの功績を伝える「春日八郎おもいで館」。
まちの駅の中でも「うたの駅」という名前がつけられています。

代表曲「別れの一本杉」の楽譜や本人愛用のピアノ、ギターなどが展示されています。
入場は無料で連日大勢の観光客で賑わっています。
   
場所 : 河沼郡会津坂下町大字船杉字上宮21−1
■問い合わせ : 0242−82−4254

☆浜の駅 ふらっと
小名漁港でとれた海の幸をいただくことが出来ます。
お店を切り盛りしているのは漁港のお母さんたち。
店内にはお母さんたちが作った浜ならではのお惣菜が並んでいます。
メニューはその日にとれた物によって違います。

■2007年10月15日(月)

『紙飛行機を飛ばしてみよう!』
紙飛行機の達人、アンドリュー・デュアーさんによく飛ぶ紙飛行機の作り方を教えてもらいました!
☆紙飛行機の作り方☆
@半分に折って、中心線をつくります。
A開いて、横に半分にして軽く折り目をいれます。
Bその折り目に向かって、折り紙の4分の1を山折りにします。
※こうすることによって、紙飛行機の前の部分に重心ができます。
C中心線に向かって端を折り、三角形を作ります。
Dもう1度中心線に向かって端を折ります。
E中心線から半分に折って、両端を合わせます。
Fこうしてできた三角形を中心線に向かって半分に折り返し、翼を作ります。
G完成です!

◆重心が前にあるのがポイントです。みなさんもぜひ作ってみてください!

■2007年10月12日(金)

『郡山の観光物産展』
郡山市の特産品や工芸品などを集めた物産展が郡山総合体育館で開かれています。
会場には新鮮な農産物や地酒、工芸品などのほか、安積開拓から130年を記念して市内7つのお菓子屋さん
が考案した新しいお菓子が販売される「開拓!ザ・ニュー郡山銘菓コーナー」が設けられています。
販売されているのは、きくや工房「くってみんせ」380円、神山菓子店「安積開拓 夢まんじゅう」120円、福島古典菓子まるきーず「あさかの恵み」157円、四季彩菓子アトリエ さとうとバニラと「緑の大地」300円、安積野菓子処 平田屋「安積の大地」100円、丹波家柿羊羹本舗「あさか野 開拓物語」97円、三坂菓子舗
「玄米こうせんあさか舞」600円、の7品です。これらのお菓子は、地元の素材を使っているということで、販売期間は各店舗までお問合せください。


その中の一つのお店に注目しました。

☆郡山市大槻町の「福島古典菓子 まるきーず」。
店内には、フランス菓子や郡山の地にちなんだお菓子などが数多く並んでいます。
お勧めは、栗を使ったケーキ「アルデショア」。アーモンドの生地にマロンクリームを流し、間には栗とチョコレートがサンドされています。そして旬の果物を使った「パッションシブースト」。甘酸っぱさが好評です。
その他シェフの名がついた「柳沼シェフのこだわりプリン」、創業当初から変わらない味「焼きチーズ」などがお店の人気商品です。物産展では「あさかの恵み」を販売しています。

問合せ:「福島古典菓子まるきーず」 郡山市大槻町字谷地3-1  TEL : 024−961−7708
○物産展は、あさって10月14日(日)まで郡山市の郡山総合体育館で開かれています。

<2007年10月11日(木)> 

○達人バリスタをご紹介
いわき駅のすぐ近くにある「イタリアン カフェ ダイニング スタンツァ」
カプチーノに爪楊枝で一つ一つ丁寧に描かれる絵はキメの細かい泡だからこそ出来るもの。

美味しい一杯を味わってみてはいかがでしょうか。
□電話番号:0246-35-5767

□住所:福島県いわき市平字三町目8の2(3F)

□定休日: 水曜日

○城下町竹田へよってがさんしょ
老舗のお店が残る二本松市の竹田坂周辺22のお店では街全体をギャラリーにして皆さんに楽しんでもらおうという 「城下町竹田へよってがさんしょ」が開かれています
商店街の蔵の中から飛び出した懐かしいものなどを展示しています。
「竹」の文字の小さな提灯が目印です。 
城下町竹田へよってがさんしょ 
  場所: 二本松市竹田地区  期間:11月23日(金)まで
  問い合わせ先 竹田商店街女性のつどい 電話0243-22-0755(鈴木木工所)/ 電話0243-23-0053(大阪屋商店)

■2007年10月10日(水)

『スズメバチ駆除』
家の軒下などに大きな巣を作り、9月、10月はスズメバチの繁殖期というスズメバチ。
会津地方を中心に駆除活動をしている寺部宏一(てらべひろかず)さん。

繁殖期の時期は活動も盛んになるそうで、一般的に黒い服装を狙ったり、香水などの匂いに敏感だそうです。
巣を見つけたら近づいたり刺激せず、業者に駆除を依頼してください。
■寺部宏一さん  連絡先 0241−38−3033

「スターの肖像」
福島市写真美術館で水谷彰人スポーツ写真展が開かれています。
往年の名スポーツ選手から、最近活躍の著しいアスリートの報道写真を展示。


福島市森合町11番36号 電話 024-534−9777
【秋の企画展 水谷彰人スポーツ報道写真展 スターの肖像】
・料金 一般 200円 小中学生 70円
・11月25日(日)まで開催

■2007年10月9日(火)

『はぬいっこ袋』
昭和村の「からむし工芸博物館」では昭和村に伝わる「はぬいっこ袋」の展示会が開かれています。
家庭で着物などを作ったあとにでるハギレを縫い合わせて作られていることから「はぬいっこ袋」と呼ばれているそうです。
穀物を入れる袋で、主に大切な儀式などの時に使われました。
展示には、終戦直後から昭和40年代にかけて実際に使われてきた「はいぬっこ袋」81点が並んでいます。
展示の期間は10月28日(日)まで。期間中は毎日開かれています。
時間は午前9時〜夕方5時。

『骨髄バンク支援の作品展』
いわき市で、骨髄バンクを支援するボランティアによる手芸作品展が開かれています。
この作品展はいわき市に本部を置くボランティア団体「骨髄バンクを支援する会」が骨髄バンク関連団体に売上金を寄付しようと毎年開いているもので、全国のボランティアが制作したかばんやポーチ、ステンドグラスなど、およそ1000点が展示・販売されています。
「手芸作品展」は10月14日(日)までいわき市平の「ヤマニ書房」で開かれています。
 
■「ヤマニ書房」 いわき市平二丁目7−2  TEL:0246−23−3481

『古民家で手しごと展』
福島市で開かれている「手しごと展」。会場は築100年を超える古民家です。
この作品展は、福島市で「工房おりをり」を主宰する鈴木さんが開催。さき織りや草木染、羊毛フェルトなど天然素材の作品を展示しています。
また、手しごとの良さを、より知ってもらいたいと糸つむぎや機織りの体験コーナーもあります。
この作品展は今週土曜日、13日まで福島市泉字清水内(東邦銀行泉支店裏)の佐藤邸で開かれています。

■2007年10月5日(金)

☆10月7日(日)に二本松で行われる「針道あばれ山車」をご紹介☆

諏訪神社のお祭りで400年の歴史があります。
その昔、凶作が続いて疫病が流行した時に人形を飾り付けした山車や神楽ばやしを奉納したのが始まりと言われています。
豪快な太鼓の音、そして若連の皆さんの勇ましい掛け声の中で7台の山車が勢いよくぶつかり合う勇壮なお祭りです。
(写真は去年の様子です)
祭りの主役は大きな人形を乗せた7台の山車。
地元の若連の皆さんが8月下旬から作り上げました。
今年の祭りは全体で統一のテーマが決められています。
テーマは「維新物語」幕末や明治維新で活躍した7人の人物を形にしました。
皆さんもぜひ勇壮なお祭りをご覧ください。
場所はこちらです。

☆81才 現役キルターをご紹介☆

今泉ヤエさん(福島市在住)の パッチワークキルト展 開催中です。
今泉さんとその仲間たち あわせて100点が展示されています。
今泉さんの作品は 大胆な布あわせ 色使いが特徴です。
笑顔が素敵で 好奇心旺盛 ヤエさんからは 元気がもらえます!

『今泉ヤエと仲間たち パッチワークキルト展』
福島市のコラッセふくしま 5階 展示ホールで 7日日曜日まで開催中!

6日(土) 10時〜18時
7日(日) 10時〜16時


田園風景 
この春完成のヤエさんの作品。
日本の古布とバリ島のバティック。
お互いのよさを引き出している。
会場には 100点ものキルトが。
触れてみてその良さを感じてください。

■2007年10月4日(木)

〜ちょうちん祭りを和紙で〜

秋の夜空を彩る赤や黄色の色鮮やかな提灯。 
太鼓台がくりだし市内を勇壮に練り歩く二本松の提灯まつり。
この祭りの期間中に二つの会場でイベントが開かれています。

<土蔵-くら-あそび>展
テーマは「蔵あそび」
上川崎和紙が二本松家具や万古焼、暮らしの身近なものたちと出逢い艶やかな、光織りなす空間にいざないます。
手漉き和紙ならではの温かく美しい、モダンな川上和紙の世界にふれてみませんか?
日時 10/4(木) 15:00〜19:00
      10/5(金) 10:00〜15:00
      10/6(土) 15:00〜19:00

■場所 : 斉藤家具店 さん (二本松市竹田1−36)

<和紙でBonjor>展

パリに憧れる紙作家Yoshimzuさんが上川崎の手すき和紙で乙女心をくすぐるかわいいモノたちをつくりました。カラフルな和紙がいっぱいで、パリジェンヌのアトリエ的空間です。
この会場をプロデュースしたのがプチココさんこと吉田里美です。 「ちいさなパリの写真展」も同時開催しています。和紙の新しい可能性とその場所でしか出せない空気感。
そんな空間をぜひお楽しみ下さい。
■日時 10/4(木) 17:00〜21:00
      10/5(金) 10:00〜21:00
      10/6(土) 10:00〜20:00
■場所 : 旧 さいとうあみもの さん (二本松市本町1−73)

∞プチプチが人気
引越しや、物を送る際梱包に使う通称「プチプチ」正式には「気泡シート」「エアキャップ」というのだそうです。 
手にとるとプチプチしたくなるおもちゃが今人気です。
おもちゃメーカーのバンダイが9月22日から発売したキーチェーン玩具「∞ぷちぷち(むげんぷちぷち)」指で押す感覚と、効果音もついていてリズミカルに遊ぶことが出来ます。
「プチプチ」の音の他に100回に1回、犬の鳴き声など7種類の音が出るそうです。
∞プチプチ 1個 819円

■2007年10月3日(水)

「シキザクラ」

いわき市泉町の泉ヶ丘ハイタウンの三丁目公園のそば、
高さが2.5メートル位の木に八分咲きで咲いています。(10月2日現在)
これからも様々な情報をお待ちしております。

☆蔵に注目☆
〜桑折御蔵〜 桑折町の蔵

明治17年に建てられた呉服屋の蔵を「桑折御蔵(おんくら)」という名前で桑折町の9つの女性団体が運営しているお店をご紹介。
今では町に訪れる人たちの憩いの場になっています。
名物の一つが「桑折さんちの団子汁」
「桑折さんち」には「産地」の意味もあり、地元の野菜をたっぷり使って作っています。
連絡先 
「桑折御蔵」 桑折町北町7-1  TEL 024−582−6007
・営業時間 11時〜15時  休み:月曜日
・メニューは団子汁のみで土曜日限定です。 ※事前に連絡すれば作ってくださるそうです。
・桑折さんちの団子汁 200円

〜オープン酒蔵 蔵・La〜 平田村の蔵
阿武隈山系の山間に創業257年の若清水酒造があり、その酒蔵のひとつをレストランとして使用している「オープン酒蔵 蔵・La(くらら)」があります。

酒蔵の落ち着いた雰囲気の中で日本酒や料理を味わってほしいとレストランを始めました。
店内で使用しているテーブルなどは木桶、蓋などを利用しています。
ランチで頂くお弁当の中には平田村の食材を多く使い、若清水酒造の酒粕の入った卵焼きなど地元の素材を楽しむことが出来ます。
11月から3月までのランチは隣接する母屋で頂くことができます。
母屋も築120年の古民家で落ち着いた空間を楽しむことができます。
連絡先
「オープン酒蔵 蔵・La」 平田村大字北方字寺屋敷18  TEL 0247−54−2019
・営業時間 11時30分〜14時30分  休み:木曜日
※お出かけの際は予約をお願いします  
・松花堂風弁当 1000円 他にもランチ3種類

「大北海道物産展」
北海道の美味しい物を集めたイベントが郡山で始まりました。
今年で26回目を迎える今回は48の人気店が集まりました。
旬の海産物や美味しいスイーツを味わってみてはいかがでしょうか?
大北海道物産展 10月16日まで郡山市 うすい百貨店にて開催!

■2007年10月2日(火)

『福島市・ホテルに注目』
福島市にはJR福島駅周辺だけで17のホテルがあります。 その中で、最近オープンした2つのホテルに注目です。
○東横イン東口U
JR福島駅から5分ほどのところにあり、8月末にオープンしました。
宿泊客のおよそ8割がビジネスマンということもあってシングルルームのベッドがゆったり休めるダブルサイズになっているのが特徴です。
また、最新の映画を無料で見ることができたり、各部屋にインターネット回線がついているので、部屋でゆっくりしたり仕事をする方にも人気です。
朝食サービスで作りたてのおにぎりや味噌汁、コーヒーなどの軽食を楽しむことができます。
シングル料金:5400円〜

■問合せ先:「東横イン東口U」 024−523−1045

○リッチモンドホテル福島駅前
JR福島駅西口すぐに先週オープンしました。
地上10階建てで、部屋数は204。ホテルの1階には和食を楽しめる居酒屋をはじめ、小児科やコンビニエンスストアもある複合型のホテルです。
ホテルには6つのタイプの部屋がありますが、特に注目なのは「レディースルーム」。美肌スチーマーがあるほか、11種類のアメニティーも充実しています。
部屋の広さやベッドの大きさにゆとりがあり、旅行や仕事などそれぞれの宿泊の形態にあわせてタイプを選べるホテルです。
レディースルーム料金:1万3000円
シングルル−ム料金:1万3000円
■問合せ先:「リッチモンドホテル福島駅前」 024−526−1255

「センダイシダレザクラ」

伊達市保原町の山田さん宅に咲いた桜です。
春に花が散った後、8月下旬から新しい芽が出てきて咲き始めたということです。

■2007年10月1日(月)

『緊急地震放送スタート!』
気象庁は10月1日から「緊急地震速報」の一般向けの運用を開始しました。
「緊急地震速報」とは・・?
震度5弱以上の地震が全国のどこかで発生した場合、震度4以上の強い揺れが予想される地域を発表します。
情報を得てから限られた時間のなかでどのような行動をとればいいのか・・?
日ごろから心構えをしておくことが大切です。
個人的にもこのサービスを受けたいという方には・・「EQガード」。
震度と、自分の地域に地震が来るまでの到達時間がわかるもので、音と光と文字で知らせてくれます。価格は7万8000円。


また、民間の気象情報会社ウェザーニュースでは月額315円で緊急地震速報の個人向けサービスを始めます。
この会社が運営するインターネットの会員になるとお宅のパソコン画面に警告音とともに地震を知らせます。
このサービスの申し込みは10月15日から始まります。
■ウェザーニュースHP :http://weathernews.jp/quake/

    △上へ戻る スーパーニュースTOPへ
Copyright 2007Fukushima Television Broadcasting Co.,Ltd All rights reserved
記載事項の無断転載を禁じます。(C)福島テレビ株式会社