Loading

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

きみこそみらい 次世代を担う子どもたち、
若者たちにエールを。毎月最終月曜日よる7時から放送!!

12月27日(土)放送

渡部潤一・岡田修平さん(国立天文台副台長・JAXAロケット開発員)

会津若松市立城西小学校6年生(およそ100人)・いわき市立宮小学校5・6年生(28人)

「はやぶさ2」の打ち上げに宇宙への関心も高まる12月のきみこそみらい。
テーマは「宇宙はおもしろい」。
幼いころに体験した天文現象をきっかけに宇宙に興味をもち、宇宙に関係する仕事についたプロフェッショナル2人が県内の小学校で特別授業を行いました。
ひとり目の特別講師は、会津若松市出身で国立天文台の副台長を勤める 渡部潤一教授。
全国的にもめずらしい、天文台のある小学校「会津若松市立城西小学校」での特別授業。
テーマは「宇宙を眺めよう、そして宇宙へ飛びだそう」。
国立天文台が開発した「Mitaka(4次元デジタル宇宙ビューワ)」というソフトを使っての講義。
皆既月食が起こる原理を説明。10月に月食を観察していた子供たちは興味津々。
その後、「Mitaka」を自分たちで操作して宇宙に飛び出し、さまざまな惑星の姿を観察。
渡部教授は授業の最後に「現在の天文学でも分からないことがたくさんある」という言葉で締めくくりました。
そこには渡部教授から子供たちへのメッセージが込められていました。
もう一人の特別講師は、JAXAのロケット開発員 岡田修平さん。
昨年初打ち上げに成功した最新鋭のロケット「イプシロンロケット」の開発プロジェクトに参加。
岡田さんは「いわき市立宮小学校」でロケットに関する特別授業を実施。
日本が打ち上げているロケットの種類や役割を説明。
その後、ペットボトルを使った「水ロケット作り」に挑戦。
子供たちの自由な発想で作ったロケットが空に打ち上げられます。
最新のロケットの開発に挑む岡田さんには、そのロケットが完成したさらに先の未来に、かなえたい大きな夢があるといいます。
自分の夢を子供たちに話し、子供たちの夢の話を聞いた岡田さんは、ともに夢に向かって一歩一歩進もうと授業を締めくくりました。


過去の放送一覧

過去の放送内容

12月26日(土)放送

加藤健人さん(ブラインドサッカー日本代表)

中央ドリマジュニアサッカークラブ

アイマスクをつけて激しいサッカーの試合にのぞむ加藤健人選手は福島市出身の30歳。視覚障がい者のためのフットサル、通称ブラインドサッカーの日本代表です。
サッカー少年だった加藤選手が視覚...

9月12日(土)放送

ケント・モリ

(ダンスアーティスト)

福島県立あさか開成高校

6月27日(土)放送

西村晃一

(ビーチバレー日本代表選手)

いわき市立赤井小学校

2月28日(土)放送

が~まるちょば・林家たい平

(パントマイムアーティスト・落語家)

桑折町立伊達崎小学校・玉川村立玉川第一小学校

12月27日(土)放送

渡部潤一・岡田修平

(国立天文台副台長・JAXAロケット開発員)

会津若松市立城西小学校6年生(およそ100人)・いわき市立宮小学校5・6年生(28人)

6月28日(土)放送

ワッキー・川口・2700

(お笑い芸人)

いわき市立平第五小学校・須賀川市立稲田小学校

4月26日(土)放送

東信

(フラワーアーティスト)

福島明成高校

3月29日(土)放送

奥田政行

(シェフ)

福島県立修明高校鮫川校

2月22日(土)放送

井上敦史・栁原裕

(福島ユナイテッドFC)

福島市立飯坂小学校

1月25日(土)放送

さかなクン

(タレント・東京海洋大学客員准教授)

田村市立芦沢小学校

12月28日(土)放送

中島啓江

(オペラ歌手)

郡山市立朝日が丘小学校合唱部

過去の記事一覧

ご意見/感想・参加校募集

ページの先頭へ