福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

きみこそみらい 次世代を担う子どもたち、
若者たちにエールを。毎月最終月曜日よる7時から放送!!

2月28日(土)放送

が~まるちょば・林家たい平さん(パントマイムアーティスト・落語家)

桑折町立伊達崎小学校・玉川村立玉川第一小学校

常にお客さんと真剣勝負。プロの技とハートでお客さんの心をとりこにする2組が"コミュニケーション"をテーマに特別授業をしました。

世界で活躍するパントマイムアーティスト・が~まるちょばの二人は桑折町の伊達崎小学校へ。言葉のないパントマイムパフォーマンスに、会場は大爆笑。言葉がなくても見ている人に伝わることに、子どもたちは気づきます。
実は、が~まるちょばがパントマイムで大事にしているのは、動き(ジェスチャー)ではなく、気持ちを込めること。気持ちを込めて表現することで相手に伝わると言います。
パントマイムの奥深さに触れた子供たちが挑戦するのは冒険のパントマイム。
5・6年生の選抜チームが、宝物を探して冒険の旅へ。ピラニアのいる川をわたったり、崖を登ったり・・・ 川や崖の大変さを心で感じながら体で表現しました。体験した子供たちからは「楽しかった」「難しかった」という感想のほかに、「言葉がなくても人に伝わると感じた」という声が。
最後は全校児童83人で大縄跳びに挑戦。見事、全員で20回跳ぶことができました。

落語家の林家たい平さんは玉川村の玉川第一小学校6年生43人に特別授業。
学校へ行く前に、玉川村のことをよく知りたいと道の駅へ。
村の人と楽しくやりとりする中で、駅長さんが村の自慢の品々を次々とたい平さんに紹介します。実は、これこそ、たい平さんがコミュニケーションに一番大事だと思っていることでした。それは、"自分に自信を持つこと"、"自分を好きになること"。
玉川一小の子供たちに、たい平さんは「自分のいいところを見つけ車に例えて絵を描くこと」を提案しました。自分が自分を好きでなかったら、相手に対しても優しい気持ちで接することはできない、良いコミュニケーションは生まれないと、たい平さんは考えているのです。自分と真剣に向き合う中、ほとんどの子供たちがこれまで気づかなかった自分を発見。たい平さんは、「自分を好きになることから、コミュニケーションが生まれる」と授業を締めくくりました。


過去の放送一覧

過去の放送内容

12月26日(土)放送

加藤健人さん(ブラインドサッカー日本代表)

中央ドリマジュニアサッカークラブ

アイマスクをつけて激しいサッカーの試合にのぞむ加藤健人選手は福島市出身の30歳。視覚障がい者のためのフットサル、通称ブラインドサッカーの日本代表です。
サッカー少年だった加藤選手が視覚...

9月12日(土)放送

ケント・モリ

(ダンスアーティスト)

福島県立あさか開成高校

6月27日(土)放送

西村晃一

(ビーチバレー日本代表選手)

いわき市立赤井小学校

2月28日(土)放送

が~まるちょば・林家たい平

(パントマイムアーティスト・落語家)

桑折町立伊達崎小学校・玉川村立玉川第一小学校

12月27日(土)放送

渡部潤一・岡田修平

(国立天文台副台長・JAXAロケット開発員)

会津若松市立城西小学校6年生(およそ100人)・いわき市立宮小学校5・6年生(28人)

6月28日(土)放送

ワッキー・川口・2700

(お笑い芸人)

いわき市立平第五小学校・須賀川市立稲田小学校

4月26日(土)放送

東信

(フラワーアーティスト)

福島明成高校

3月29日(土)放送

奥田政行

(シェフ)

福島県立修明高校鮫川校

2月22日(土)放送

井上敦史・栁原裕

(福島ユナイテッドFC)

福島市立飯坂小学校

1月25日(土)放送

さかなクン

(タレント・東京海洋大学客員准教授)

田村市立芦沢小学校

12月28日(土)放送

中島啓江

(オペラ歌手)

郡山市立朝日が丘小学校合唱部

過去の記事一覧

ご意見/感想・参加校募集

ページの先頭へ