福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

 

2015.12.25

お正月に食べたい"イカ人参"を求めておでかけ

イカ人参と食べないとお正月を迎えた気持ちにならないという富永リポーターが
福島市の長沢魚店で作り方を教えてもらいました。
ポイントをおさえておいしいイカ人参ができたようです。

またお正月には欠かせない縁起物のタコの切り方
イカの塩辛の作り方も教わってきました。

イカ人参・イカの塩辛は店舗での販売もしています。
作るのは面倒...だけど食べたい!という時にうれしいですね♪

<長沢魚店>
福島市仲間町2-14
tel:024-522-4433


☆☆☆☆☆富永リポーターからのコメント☆☆☆☆☆

メリーーーーークリスマス!!☆

そんな雰囲気から一転、
今日はお正月に作りたい料理を習得してきました!

今回も、母の割烹着を借りて臨みましたが
やっぱり不器用には変わりありませんでした。

しかし!教わったのは福島県のソウルフードでもある「イカ人参」をはじめ、
私でもおいしく作ることができるものの数々です。

縁起ものと言われるタコは
切り方一つで一段ちがったおいしさに!

お母さんにとっては忙しいお正月。
簡単な手作り料理で、食卓を楽しんでみてはいかがでしょうか?

2015.12.18

県内初上陸!話題のワンコインピザを食べに行こう!

郡山市に10月にオープンした「ピッツェリアバール ナポリ 郡山本店」に
坂井キャスターがお出かけしてきました!

本格窯焼きピザが500円から食べられると全国でも話題のお店。
坂井キャスターも本格的な味に大満足でした。

<PIZZERIA BAR NAPORI 郡山本店>
郡山市堤下町10-20 エターナルビル1F
tel:024-925-8911
営業:午前10:00~午前0:00
    ※ランチタイム 午前11:00~午後3:00
年中無休(12月31日はお休み)
http://www.endojapan.com/brand/napoliKoriyama/

2015.12.11

お正月には欠かせない かまぼこ工場におでかけ!

かまぼこの紅白の色は諸説ありますが
赤は「邪気を落とす」白は「清める」という意味があり
新たな気持ちで新年を迎えるために食べるということです。

名切キャスターがおせち料理には欠かせないかまぼこを製造している
いわき市の「夕月」にお出かけしてきました!

夕月工場では1日10万本のかまぼこが製造されています。

また工場の一角には
夕月の商品の中でも特別な商品を扱っている店舗「美味一膳」があります。
こちらでは、原料と昔ながらの手作り製法にこだわり
保存料を一切使わず作り上げた逸品が販売されています。

そのまま食べてもおいしい かまぼこですが
店員さんにオススメのアレンジレシピを教えていただきました!
「かまぼこの天ぷら」はかまぼこを天ぷらにするというシンプルなもの。
天ぷらの定番素材に加えてみては?
さたに、伊達巻のアレンジレシピ「黄金巻」は
伊達巻を広げ酢飯を具材を乗せて巻きなおしたもの。
見た目もきれいなのでお正月メニューにもいいかもしれません。

<美味一膳(夕月)>
いわき市泉滝尻字松原55
tel:0120-78-9511
定休日:水曜日
営業:午前9:30~午後5:00
http://www.bimi-ichizen.com/

2015.12. 4

忙しい年末年始はお肉を食べて乗り切ろう!!

12月1日にオープンしたばかりのお店に寺本アナがお出かけ!

今話題の"熟成肉"が味わえるお店「肉バルNicoパティオ」。
スペインのバルをイメージした内装で個室もあるので
女子会や宴会にオススメ!

<肉バルNicoパティオ>
福島市置賜町4-28 エースセブンビル2F
tel:024-573-2914
【月~木】17:00~L.O.23:00
【金・土・祝】17:00~L.O.24:30
定休日:日曜日

2015.11.27

寒い日はカフェでほっこり

福島市の冬の風物詩「光のしずくイルミネーション」が始まると
本格的な冬の到来を実感する鈴木アナがカフェで冬時間を過ごしてきました。

「光のしずくイルミネーション」で彩られるパセオ通りのほど近く
福島市の新町の「ハニーカフェ ビードル」

こちらは建築会社のモデルルームだった場所を使って営業しているカフェです。
店名のとおりハチミツを使ったスイーツが食べられます。
オススメはワッフル!

食事メニューも人気で
この季節にぜひ食べたいドリアはファンも多い一品です。

<ハニーカフェ ビードル>
福島市新町6-33
tel:024-535-0832
営業時間:午前11時30分~午後6時
定休日:水曜日・祝祭日

2015.11.20

おいしいバウムクーヘンを求めておでかけ♪

福島市にあるバウムクーヘン専門店「バウムラボ樹楽里」に
富永リポーターがおでかけしてきました!
このお店のバウムクーヘンは米粉を使っていてモチモチした生地と独特の風味が特徴です。
地元福島の材料を使っています。

今回、富永リポーターが注目したのは
福島明成高校食品科学科の生徒と作った商品。
この時期にぴったりのサツマイモを使っています。
材料のサツマイモ・米・卵も福島明成高校生物生産科の生徒が愛情込めて生産したもの。

福島明成高校食品科学科では授業の一環として
週2回 こちらのお店で実習を行っています。
生徒のみなさんが心をこめて作ったバウムクーヘン
ぜひ味わってみてください。

※「福明バウムいもべえ」は11月22日(日)~来年2月までの販売

<バウムラボ樹楽里>
http://b-kirari.jp/

2015.11.13

寒くなっても花がたくさん!南国の花も

寺本アナが1年中花を楽しめる
「いわき市フラワーセンター」にお出かけしてきました!

「展示温室」には1年を通して南国の花がきれいに咲いています。
また花を見るだけでなくクリスマスリース作り体験もできます。

フラワーセンターらしく植物以外は使わず作ります。
木のツルで土台となる輪を作り
葉を挿してボリュームを出し木の実などをワイヤーで付けていき完成です。

寺本アナも簡単にリース作りができたようです。
ぜひ皆さんも試してみてください。

<いわき市フラワーセンター>
http://www.jobankaihatsu.co.jp/flower-center/

2015.11. 6

昭和の名店へおでかけ

ぬくもりがあり、どこか懐かしくなる名店が県内にもあります。
ノスタルジックな雰囲気で味わう人気のメニュー。
長く愛される名店に浜中キャスターがおでかけしてきました。

<ブレイク>
いわき市平字田町68−1
tel:0246-22-3054

<おでんの安幸>
白河市表郷金山字越堀125
tel:0248-32-3620


☆☆☆☆☆浜中キャスターからのコメント☆☆☆☆☆


昭和生まれの名店をご紹介しました。

☆ いわき 「コーヒースポット ブレイク」
1977年創業
8時のオープンと同時に お店の方と常連さんたちが
迎えてくれるあたたかい~お店。

ミックスグリルサンドウィッチが ボリューム満点
おいしいのです!!
1杯1杯丁寧に入れてくださるコーヒーと ともにどうぞ。

☆ 白河 「おでんの安幸」
なんと19年前に訪れてから 大ファンのお店を今回紹介。
変わらぬ味と ご主人の笑顔~~
ほっこり にっこり 
茶めし&おでん  2杯をぺろり。
ぜひ お出かけください。 おでんは、発送もしてくださいますよ!!!

2015.10.30

芸術の秋 食欲の秋・・・どちらも楽しむおでかけ

着物で登場の名切キャスター。
名切キャスターがお邪魔したのは呉服専門店が運営する施設。
広い敷地約4000坪の中に
ダウン症の書家・金澤翔子さんの作品を展示する美術館。
着物の展示販売をする着物のコーナー。
日本茶カフェ。
の3つがあります。

心も体も癒された名切キャスター
みなさんも訪れてみては?


<きもの乃館丸三 飛翔庵 金澤翔子美術館>
いわき市遠野町
営業時間 10:00~16:00
定休日 水曜日
http://kanazawa-shoko.jp/museum/index.php

2015.10.23

城と紅葉!紅葉スポット鶴ヶ城におでかけ

色づき始めた紅葉を求めて坂井キャスターがおでかけしてきたのは
会津若松市の鶴ヶ城。
昼は色鮮やかに映える紅葉。
夜はライトアップが行われていました。

また会津若松市内では11月1日(日)までアートイベントが開催されています。
市内に点在する歴史的建造物や店舗を舞台に
漆作品や絵画などが展示されています。


<鶴ヶ城紅葉ライトアップ>
平成27年10月23日(金)~11月15日(日)予定
日没~21:00

<あいづまちなかアートプロジェクト2015>
平成27年 11月1日(日)まで開催
七日町通り・野口英世青春通り
http://aizu-artpj.com/

2015.10.16

温泉で育つ 温泉トラフグを求めておでかけ!

鈴木アナが今回お邪魔したのは
郡山市にある「のんびり温泉別館イワナの里」。
イワナだけでなく あの!高級魚のトラフグが養殖されているんです!
しかも温泉を使って育てているということなんです!

温泉で育てているので 
一年中が旬!
さらに、海で育つフグは
微量の毒があるプランクトンを食べて体内に毒が蓄積していくのですが
プランクトンのいない温泉で毒のない餌を食べているので毒がないそうです。

プリプリの身に鈴木アナも大満足の様子。

また施設内には
イワナを釣ることができる釣堀や
動物と触れ合える「のんびりアルパカ牧場」があります。
今年生まれたばかりの赤ちゃんもいるそうです。

ぜひお出かけしてみては?

<のんびり温泉 別館 イワナの里>
郡山市三穂田町富岡字武士沢28-1
tel:024-953-2681
http://www.nonbiri-onsen.com/iwana/

2015.10. 9

二本松の菊人形におでかけ!

2015年は10月10日(土)~11月23日(月・祝)まで開催の
「二本松の菊人形」に名切キャスターがおでかけしてきました。

今年で61回目となる「二本松の菊人形」
菊むすめのお二人と菊人形マスコットキャラクター「菊松くん」に
今回の見どころを伺いました。

今年のテーマは「幕末維新伝」
幕末に生きた人物や出来事など
8場面を色鮮やかな菊人形で表現しています。

また会場となっている霞ヶ城公園では
「るり池」のライトアップを実施。
園内の日本庭園を幻想的に照らします。

そして今年は天守閣のない霞ヶ城に期間限定で一夜城が出現。
二本松市合併10周年を記念して企画されたもので
本丸天守台に足場を組みLEDライトで再現。

見どころいっぱいの「二本松の菊人形」でした。


☆☆☆☆☆名切キャスターからのコメント☆☆☆☆☆


霞ヶ城公園のイベントをお伝えしまた!
公園内には、
菊の甘い香りが漂う中、凛とした菊がずらりと並び美しかったです。

菊人形では、
赤や黄色の菊の花の衣装に、美しさと可愛さの両方を感じました。

この菊人形を作る方に伺ったところ、
菊人形を作り上げるのに
1日半かけるそうです。
また、菊の着付けは伝統技法で、継承者少なくなってきていると伺いました。


大変な作業を経て出来上がる綺麗な菊人形は、
これからも大切に受け継いでいってほしいと思いました。


変わって、公園内にある"るり池"はライトアップされ、
水面に映る紅葉に、うっとりと魅了されました。
ライトアップは、11月13日まで、
時間は午後5時から9時です。
(10月18日までは、午後10時までライトアップされる)

さらに、暗闇の公園には、期間限定で天守閣も現れます!
ライトアップは、10日から18日まで、
時間は午後6時から9時までです。


見どころたくさんの霞ヶ城公園にぜひ、足を運んでみて下さい!

2015.10. 2

フルーツ王国 福島!
究極の干しブドウを求めておでかけ!!!!!

松永アナが福島市飯坂町の「フルーツのいとう園」へお出かけしてきました。
果樹農家の伊藤さんはモモ・ブドウ・リンゴなどを栽培しています。

今、旬を迎えているのがブドウです。
中でも、房が2つに分かれている「デュエット」は福島県で栽培しているのはめずらしいとのこと。

伊藤さんの栽培するフルーツは直接購入することができます。
みなさんもぜひ試してみては??

そしてもう一つ松永アナのお目当ては・・・
伊藤さんが丹精込めて作った「干しブドウ」
ただの干しブドウではないんです!

巨峰やピーオーネ、高尾など大粒の干しブドウです。
大粒だと加工も難しいと思うのですが...そこはヒミツ!
完熟したおいしいブドウをすぐ加工しているので
おいしさを凝縮した干しブドウに仕上がっているそうです。

また、高級マスカットの「シャインマスカット」の干しブドウは
なんと1粒500円!!!!!
100房限定だそうです。数量限定なので問い合わせてご確認ください。


-------松永アナがおでかけしたのは-------

<フルーツのいとう園>
福島市飯坂町東湯野字上岡14
tel:024-542-7071

◇巨峰の干しブドウは一袋700円
 フルーツのいとう園と「カーヴ・ド・ヴァン追分」で販売しています。

<カーヴ・ド・ヴァン追分>
福島市太田町15-14
tel:024-533-2336

2015.9.25

日本最古の公園で月を愛でる

2015年は9月27日が中秋の名月です。
白河市の南湖公園の一角にある「翠楽苑」のお月見に松永アナがおでかけしてきました。

今回お邪魔した南湖公園は
白河藩主・松平定信が200年以上前に作った日本最古の公園として有名です。
その南湖公園の北側にあるのが「翠楽苑」です。
その名の由来のとおり深い緑の木々に囲まれた庭園です。

中継した日はあいにくの雨で月を見ることは出来ませんでしたが
おいしいお団子とお抹茶を風情ある書院造の建物でいただきました。
「花より団子」ならぬ「月より団子」の松永アナ...
雰囲気だけでも十分楽しめたようです。

2015年の「十五夜月見会」は9月27日(日)まで

白河市 南湖公園 翠楽苑
白河市五郎窪山45-1
tel:0248-23-6888
※休園日がありますので事前にご確認ください
http://shirakawa315.com/suirakuen/

2015.9. 4

伝統と革新! おどろきの寿司を食べに行こう!!!!

鈴木アナが福島市のすし店におでかけしてきました。
福島市森合にある「江戸政」は2代目店主が作る新しいスタイルのお寿司が評判です。

店主の佐藤さんは気仙沼の寿司屋で修行を積んで
自ら市場へ足を運んで仕入れもしていました。
確かな目利きと実績で新しい寿司を作ります。

カジュアルに寿司を味わってほしいという思いが込められたお店です。
見てびっくり!食べてびっくり!のお寿司をぜひ味わってみてください!

<江戸政>
福島市森合字東上古屋2-28
tel:024-558-6245
[ランチ] 11:30~14:00
[ディナー] 17:30~22:00(※日・祭日 ~21:00)
定休日:水曜日
https://ja-jp.facebook.com/sushibar.edomasa

2015.8.28

寺本緒麻里のフクカツ#3 in塙町

こんにちは。 寺本緒麻里です。
今回は塙町の魅力に迫りました。

町の花にもなっているダリアは大きくてインパクトがあります。
見ているだけでうっとりするような華やかさ。
ひとつひとつの色形がすべて違っているのも楽しいですよね。
ダリア園にはオリジナル品種もあり10月末まで楽しめるということでした。
また、ダリアを使った特産品もいろいろあって驚きました!

そして塙町で10年ほど前から生産が始まった「はなわのメロン」。
その美味しさはびっくりするほどですよ。
北海道の有名メロンに負けないほど甘くてジューシーで
口に入れた瞬間思わず笑みがこぼれます!
これから塙町のメロンがもっと広まってほしいです!

塙町の特産品を守ろう、伝えていこうとする人たちの思いに触れ、
この町全体に流れる和やかな雰囲気や温かみは
こういった人たちで作られているんだなと感じました。


道の駅はなわ
塙町大字塙字桜木388-1
tel:0247-44-0123
http://www.michinoeki-hanawa.jp/index.html

ダリア園(湯遊ランド はなわ内)
塙町湯岐立石21
tel:0247-43-3000
高校生以上 350円
http://www.yuyu-land.com/

2015.8.21

リニューアルオープンした野口英世記念館へ
おでかけ

延増アナが2015年4月にリニューアルオープンし
夏休みの人気スポットとなっている「野口英世記念館」におでかけしてきました!

日本を代表する細菌学者「野口英世」の生涯や
研究について学べる施設です。

展示スペースでは
貴重な資料や実際に使われていたものが展示されています。
また意外とおしゃれだった英世の素顔も見ることができます。

体験をしながら学べるというのも施設の魅力のひとつで
楽しみながら細菌について学べるスペースもあります。


<野口英世記念館>
猪苗代町大字三ツ和字前田81(三城潟)
tel:0242-65-2319
年中無休(ただし年末年始の12月29日~1月3日などを除く)
一般:600円
小中学生:300円

2015.8.14

涼を求めてあぶくま洞へ

名切万里菜です。
田村市滝根町にあるあぶくま洞(鍾乳洞)に行ってきました!

鍾乳洞の中は、様々な形をした鍾乳石あり、神秘的な空間が広がっていました。
加えて、常に15度の気温ですので、夏の暑い日にはぴったりの場所です。

あぶくま洞管理事務所の山田千春さんに、あぶくま洞や鍾乳石について伺うことで、
より、洞窟の貴重さや自然の素晴らしさを実感しました。


まだまだ、暑い日は続きます。
涼をもとめて、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

--------------------------------------------------------
あぶくまわいん 北醇 2000円
※洞内、飲食禁止のため試飲は別の場所でさせていただきました。

あぶくま洞
田村市滝根町菅谷東釜山1
tel:0247-78-2125

2015.8.10

キッズダンス界大注目のキッズダンサー

いつもは週末のおでかけにオススメの場所から生中継をしていますが
今回は「夏休み特別企画」として、ダンスに情熱を注ぐスーパーキッズを紹介!

数々のコンテストで上位入賞の実力派揃いの
ダンススタジオViVIdで坂井キャスターが、その強さの秘密に迫りました!

有名アーティストのバックダンサーも務めるRuuさんが指導する
スーパーキッズたち!
夏休み返上で国の内外のコンテストに出場!
ダンスに情熱を注いでいます!

2015.8. 3

涼やかな音色を求めて 喜多方へ

久しぶりのお店紹介の中継に出かけたのは延増キャスター。
連日の猛暑。音色でも涼を感じてみませんか?
ということで、お邪魔したのは喜多方市の工芸の店「木之本」。

一つ一つ手作りの風鈴はそれぞれ音色が違います。
職人さんたちが毎日1人100個ほど絵付けをしているそうです。
風鈴と言っても、素材や形もいろいろあり
実際に音色を聞いてお気に入りの一つを探してみてはいかがでしょうか?

また、2階にはネコ好きにはたまらないギャラリーも。
「桐の粉人形」という桐の粉でできた人形。
なんとラーメン用の小麦粉をつなぎの糊に使っています。
表情豊かなネコたちに会いに行ってみては??

木之本
0241-23-1611
営業時間 9:00~18:00
無休

桐の粉人形館
入場無料

ページの先頭へ