福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

 

2018.2.20

ひとり調査隊 「常磐炭田」の歴史に迫る! ①

北は富岡町付近から南は茨城県境まで及ぶ「常磐炭田」
戦後復興を支え閉山して50年あまり。
栁沼Dが徹底調査してきました!

かつての炭鉱跡地で石炭の層を見学!
今回は特別に許可をいただいて採掘&実際に石炭を燃やす実験を!
<みろく沢炭鉱資料館>
いわき市内郷白水町広畑223
tel:0246-26-6282
【定休日】無休
【入館料】無料

2018.2. 6

ひとり調査隊 冬を楽しむ!

栁沼ディレクターが気になることを徹底調査!
今回は、冬だから楽しめる絶景・レジャーを体験!

いなわしろ伝保人会・自然ガイドの佐藤静二さんとともに
猪苗代湖冬の風物詩「しぶき氷」へ
天候次第ですが2月中旬ごろまで見ることができます。

続いて向かったのは小野川不動滝
滝を流れるきれいな水が作りだず青の芸術「ブルーアイス」
こちらも寒くないと見られない貴重な景色。

-----ガイドをしてくださったのは-----
いなわしろ伝保人会
tel:090-7799-3094
http://www.denpojin.com/


最後に栁沼Dが向かったのは
大玉村の「フォレストパークあだたら」
すでに外は暗くなってきましたが...
夜だから楽しめるナイトスノーシューで動物の痕跡探しと星空観測を ☆

-----ガイドをしてくださったのは-----
フォレストパークあだたら
tel:0243-48-2040
http://www.fpadatara.com/
※次回のナイトスノーシュー開催は2月10日(土)・24日(土)
 事前の申し込みが必要です。

2018.1.23

ひとり調査隊
また遊びに来たくなるスキー場のヒミツ

前回に引き続き、アルツ磐梯の裏側をひとりで調査中の栁沼D。
夜中から続くコース整備に密着し多くのスタッフが
スキー場を支えていることを知りました。

今回はオープンまでのコース点検に密着!
さらに、何度来ても楽しめるように作られたアイテムや
世界を目指す選手のためのコースなど
ゲレンデにはいろいろな工夫が!

<星野リゾート アルツ磐梯>
磐梯町大字更科清水平6838-68
tel:0242-74-5000
https://www.alts.co.jp/

2018.1.18

ひとり調査隊 魅力あるスキー場の舞台裏に密着!

50代以上のスキーヤーが再びゲレンデに戻ってきていたり
良質の雪を求めて外国人観光客もスキー場へ!
多くの人がスキー場の魅力を再認識しています。

そんなスキー場を支えるスタッフは深夜からコースの整備など大忙し!
最高のゲレンデを作り上げるスタッフに栁沼Dが密着です!
頑張ったご褒美に絶景も待っていました!

今回お邪魔したのは...
<星野リゾート アルツ磐梯>
磐梯町大字更科清水平6838-68
tel:0242-74-5000
https://www.alts.co.jp/

2018.1.10

ひとり調査隊 県内のすごい発明家

今回、栁沼Dは様々なアイデアで暮らしに役立つ発明をした人を調査!
身近なものを使った発明から雪国の暮らしを守る発明まで
あっと驚く発明品が登場!

小学生から様々な発明品を開発!
<大越中学校1年・猪狩来騎さん「メジャー革命」>
メジャーにペンを固定。長さを測りながら印つけが簡単にできる!
メジャー・ペン・クリップ すべて100円ショップで購入できるもので作りました。

夢は料理人!
<小名浜第一中学校1年・本間泰河さん「魚の鱗取り」>
ペットボトルのキャップをゴマすり棒に付けただけの鱗取り!
あっという間に鱗がキレイに!

去年の県発明展で最優秀賞の県知事賞に選ばれた実力!
<会津若松市 ニーズプロダクト> 
http://needs-pro.net/
雪をとかす機械を専門に開発・販売
ネット状のヒーターで融雪する「雪ん子」。それは柳津町のシンボル "瑞光寺橋" にも!

2018.1. 8

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" 最終回

フェリーで三重県鳥羽市に上陸!
あいにくの雨の中、腹ごしらえを済ませゴールの伊勢神宮を目指します!
雨で濡れているので車に乗せていただくのは申し訳ないと
徒歩で伊勢神宮を目指すことを決意しますが...なんと伊勢神宮までは15キロ!
雨が弱くなってきたのをきっかけに最後のヒッチハイクを再開。
三重県鳥羽市在住の船瀬さんに伊勢市駅まで乗せていただきました。
伊勢市駅から伊勢神宮までは600m・徒歩で7分の距離。
途中名物の赤福で元気をチャージ!
そして念願の伊勢神宮に到着!
外宮・内宮と参拝しヒッチハイクの旅伊勢神宮編 これにて終了!

2017.12.19

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑪

渥美半島の先端にあるフェリー乗り場まで杉浦さんに送っていただいている最中の栁沼D。
杉浦さんオススメの場所にまたまた寄り道。
すももに似た味のカナリーヤシを堪能し、ついにフェリー乗り場へ到着!
愛知県とお別れ。
伊勢湾フェリーでは特別に操舵室も見学させていただきました!
いよいよ三重県上陸です!

2017.12.12

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑩

静岡県浜松市の日本三大砂丘・中田島砂丘を見物。
地元の清水さんに中田島砂丘の魅力をたっぷり教えていただきました!
その清水さんがなんと!

中田島砂丘を後にヒッチハイクを再開しようとした栁沼Dに再び声をかけてくれた清水さん。
なんと、友人のいる愛知県豊橋市まで送ってくれることに。
さらにその友人が先まで送ってくれるように交渉までしてくださいました!

清水さんに豊橋市まで送っていただいた栁沼D。
今度は清水さんの友人杉浦さんに
フェリー乗り場のある渥美半島の先端まで送っていただけることに!
途中、杉浦さんオススメの絶景スポット「久美原海岸」に立ち寄り絶景を堪能。
と...今回はここまで!
次回は最終回!無事、三重県伊勢神宮へたどり着けるのか!?

2017.12. 5

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑨

いよいよ静岡県浜松市に到着!
瀧本さんご夫妻に浜松駅前まで送っていただきました!
もうすっかり暗くなったのでこの日は浜松市で1泊。。。
ホテルで "ひとり反省会" 伊勢湾をどう攻略するのか!?
ヒッチハイク4日目は日本三大砂丘の一つ中田島砂丘を見物。
地元の清水さんに砂丘の魅力を教えていただきながら
海の向こうのゴール・三重県伊勢市へ想いを馳せるのでした。。。

2017.11.29

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑧

前回は静岡県の清水港で海の幸を試食で満喫♪
浜松目指してヒッチハイクスタート!
が...またしても苦戦...
秩父の山奥で生み出した新スタイル "移動しながらヒッチハイク" を試みるも...
苦戦すること1時間。瀧本さんご夫妻が声をかけてくださいました!
お買いものして来てもまだヒッチハイクを続けていた栁沼Dを浜松市まで送って下さることに。
途中瀧本さんおすすめスポット「遠州七不思議 小夜の中山 夜泣石」へ
名物の子育飴もいただき(定休日なのにわざわざお店を開けていただきました)
浜松までの道中を楽しんだ栁沼Dでした。

<小夜の中山 小泉屋>
静岡県掛川市佐夜鹿57-8
tel:0537-27-1010
http://koizumiya.com/index.html

2017.11.21

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑦

甲府市を満喫♪ いよいよヒッチハイク再開です!
行き先を山梨県中央市と決めた栁沼D。
目を道路に向けると停車中の車が... 停車中の車をヒッチハイクするという新展開!
静岡県富士市在住の落合富士雄さんに乗せていただきました。
福島生まれという落合さんに不思議な縁を感じながら富士山を眺め静岡市へ到着!
到着した静岡市清水区では市場をぶらぶら。
たくさんのおいしい試食をいただきながら清水を満喫したのでした。

<清水魚市場 河岸の市>
静岡県静岡市清水区島崎町149
tel:054-355-3575
【定休日】水曜日
http://kashinoichi.com/

2017.11.14

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑥

なんとか山梨県甲府市へたどり着いた栁沼D。
その日の宿を元同僚に頼るという裏技を使い一夜を明かしたのでした。
厳しいヒッチハイクの旅、つかの間の甲府観光へ
歴史に触れ、美しい景色を眺め、おいしい名物を食べリフレッシュ!

富士山も眺められる
<舞鶴城公園(甲府城)>
山梨県甲府市丸の内1丁目

山梨のお土産と言ったらコレ!信玄餅を使ったソフトクリーム。
<桔梗屋 甲府本館>
山梨県甲府市青沼1-3-11
tel:055-233-8800
http://www.kikyouya.co.jp/index.html

甲州ブドウ直売所
<フルーツ木口>
山梨県甲府市若松町6-1

2017.11. 7

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑤

三重県伊勢神宮をめざしヒッチハイク中の柳沼D。
埼玉県秩父市から山梨県甲府市をめざし国道140号線でヒッチハイク中。

なかなか上手く行かないヒッチハイク...
徒歩で移動してはヒッチハイクを繰り返し約3時間...
ついに1台のオープンカーが!
埼玉県飯能市在住の南原さんに乗せていただき甲府市へ!

2017.10.31

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ④

今回のヒッチハイクは郡山市を出発し三重県・伊勢神宮を目指します!
前回は埼玉県秩父市に到着。市内を散策、素敵な出会いがたくさんありました♪
次の目的地、山梨県をめざしヒッチハイク再開!

・・・したのですが、ここまで順調に進んできたのにここにきてストップ!
場所を変えてヒッチハイク...それでも車は止まりません。。。
やっと出会えたのは秩父市在住の高野さん。
約20km先の道の駅大滝温泉まで乗せていただきました!
そこからヒッチハイクを再開するも...

2017.10.24

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ③

郡山市を出発し三重県・伊勢神宮をヒッチハイクで目指しています!
前回は夜の国道140号線で奇跡のヒッチハイクで宿のある埼玉県秩父市に到着!
初日の夜を秩父のホテルで過ごしました。

今回は...朝の秩父市散策からスタート!
姉弟に運動会の歌を聞かせてもらったり
老舗酒蔵の仕込み水を飲ませていただきました!

ヒッチハイクを再開するため国道140号線へ...
と今回はここまで!
次は山梨県を目指します!


-----今回お邪魔したところ-----


<武甲酒造>

埼玉県秩父市宮側町21-27
http://www.bukou.co.jp/

2017.10.17

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ②

栁沼Dが目的地をめざしヒッチハイクで旅する企画・第3弾。
今回は郡山市を出発地点に約460km離れた三重県・伊勢神宮を目指します。
初日でいきなり長距離トラックに乗せていただき埼玉県熊谷市まで!

長距離ドライバーの海野さんにお昼までごちそうになり熊谷まで送っていただいた栁沼D。
なぜか宿を秩父に取っていた栁沼Dは土地勘がないため地元の人に聞き込み。。。
日本有数の "暑い街" ならではのミストシャワーでクールダウンしたり
小鳥の専門店を見学したり...熊谷市を散策しながらヒッチハイクポイントまで移動。
ヒッチハイクを再開しますが...日没をむかえ真っ暗の中1時間...車がとまりません。。。
絶望の中歩いていると...
わざわざUターンして来てくれた秩父市在住の松本さんに乗せていただけることに!
今回も幸運が味方してくれている栁沼Dのヒッチハイクの旅でした!

2017.10.10

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾!"

尾瀬・北海道とヒッチハイクの旅をした栁沼D。
そろそろヒッチハイクで旅をしたくなってきたみたい。。。
今回は、三重県伊勢市を目指します!
移動はヒッチハイクか徒歩、予算は宿泊費込2万円、期間は4日!
果たしてたどり着けるのか!?

3回目ともなるとヒッチハイクのコツはバッチリ!
順調に、須賀川市在住の熊田さん、
長距離ドライバーの海野さんに乗せていただき
埼玉県熊谷市まで!

2017.9. 4

ひとり調査隊 "すべり台を調査!"

FTVみんなのニュースの栁沼ディレクターが気になったものをひとりで調査。
今回は、すべり台を徹底調査!角度・長さ・費用で評価しました。
※評価は栁沼D個人の感想です。ぜひみなさんも体験してみてください。

3年前に全面リニューアル。景色を楽しめるすべり台と直下型のすべり台。
<白河関の森公園>
白河市旗宿白河内7-2

子どもも楽しめるスピード。いろいろなタイプが楽しめる♪
<松川工業第一公園>
福島市松川町字天王原30-12

今年でオープン29年目!全長800mを滑走!
<キョロロン村>
西郷村真船村火1
http://kyororon.sakura.ne.jp/

全長約77m(栁沼D調べ)!景色を長く楽しみながら滑る♪
<保原総合公園>
伊達市保原町大泉字宮脇265

2017.8.15

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・リターンズ"
最終回

栁沼Dが福島市から約420km離れた北海道福島町をヒッチハイクで目指します!
前回は、新函館北斗駅まで送っていただきました。
この日のうちに帰らなければならない栁沼D。
福島に帰るには午後6時36分の新幹線に乗らなくてはなりません。
タイムリミットが迫る中、無事福島町にたどり着いたのか!?

新函館北斗駅と福島町のほぼ中間点、約40km先の木古内町を目指します。
ヒッチハイク再開をしたもののなかなか乗せてくれる車に出会えません。
場所を移動してはヒッチハイクを繰り返し...2時間。
ついに!乗せてくれる方が!
北斗市在住の常田さんに渡島当別駅まで送っていただきました。

目標の福島町まで徒歩で1時間半圏内。
この時点で午後4時。
ここから強運の栁沼Dの本領発揮!
お買いもの帰りの木古内町在住の吉川さんに木古内町まで送っていただき
次の目的地はいよいよ「福島町」!
ヒッチハイク再開してすぐ福島町在住の鳴海さんご夫婦に声をかけていただき一気にゴールへ!

栁沼Dのゴール地点は
福島町が生んだスーパースター 横綱・千代の山 横綱・千代の富士が出迎える
「横綱 千代の山・千代の富士記念館」
午後5時20分、ついにゴール!

これまで送って下さったみなさんを思い出し、ゴールの喜びに浸っていましたが...
新幹線の時間が...
慌しく福島町をあとにしたのでした。。。
おしまい

2017.8. 8

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・リターンズ" ⑦

栁沼Dが福島市から約420km離れた北海道"福島町"をヒッチハイクで移動中!
青森からフェリーに乗り函館に到着です!
いよいよ福島町に到着するのか!?

4時間の船旅を満喫して着いたのは函館港。
まずは夜をあかし...名物の函館朝市へ!
北海道の海産物を試食♪それだけではとどまらず...
生ガキや海鮮丼などを食べ 所持金は636円。。。
他にも赤レンガ倉庫など函館観光を満喫♪

お昼も近くなった頃...ヒッチハイク再開!
まずは北斗市を目指します!
仕事終わりで札幌に戻る途中だという
札幌市在住の三輪さんに北斗駅まで乗せていただきました!

...と今回はここまで。
次週、いよいよゴール!?

ページの先頭へ