福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

 

2017.12.12

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑩

静岡県浜松市の日本三大砂丘・中田島砂丘を見物。
地元の清水さんに中田島砂丘の魅力をたっぷり教えていただきました!
その清水さんがなんと!

中田島砂丘を後にヒッチハイクを再開しようとした栁沼Dに再び声をかけてくれた清水さん。
なんと、友人のいる愛知県豊橋市まで送ってくれることに。
さらにその友人が先まで送ってくれるように交渉までしてくださいました!

清水さんに豊橋市まで送っていただいた栁沼D。
今度は清水さんの友人杉浦さんに
フェリー乗り場のある渥美半島の先端まで送っていただけることに!
途中、杉浦さんオススメの絶景スポット「久美原海岸」に立ち寄り絶景を堪能。
と...今回はここまで!
次回は最終回!無事、三重県伊勢神宮へたどり着けるのか!?

2017.12. 5

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑨

いよいよ静岡県浜松市に到着!
瀧本さんご夫妻に浜松駅前まで送っていただきました!
もうすっかり暗くなったのでこの日は浜松市で1泊。。。
ホテルで "ひとり反省会" 伊勢湾をどう攻略するのか!?
ヒッチハイク4日目は日本三大砂丘の一つ中田島砂丘を見物。
地元の清水さんに砂丘の魅力を教えていただきながら
海の向こうのゴール・三重県伊勢市へ想いを馳せるのでした。。。

2017.11.29

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑧

前回は静岡県の清水港で海の幸を試食で満喫♪
浜松目指してヒッチハイクスタート!
が...またしても苦戦...
秩父の山奥で生み出した新スタイル "移動しながらヒッチハイク" を試みるも...
苦戦すること1時間。瀧本さんご夫妻が声をかけてくださいました!
お買いものして来てもまだヒッチハイクを続けていた栁沼Dを浜松市まで送って下さることに。
途中瀧本さんおすすめスポット「遠州七不思議 小夜の中山 夜泣石」へ
名物の子育飴もいただき(定休日なのにわざわざお店を開けていただきました)
浜松までの道中を楽しんだ栁沼Dでした。

<小夜の中山 小泉屋>
静岡県掛川市佐夜鹿57-8
tel:0537-27-1010
http://koizumiya.com/index.html

2017.11.21

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑦

甲府市を満喫♪ いよいよヒッチハイク再開です!
行き先を山梨県中央市と決めた栁沼D。
目を道路に向けると停車中の車が... 停車中の車をヒッチハイクするという新展開!
静岡県富士市在住の落合富士雄さんに乗せていただきました。
福島生まれという落合さんに不思議な縁を感じながら富士山を眺め静岡市へ到着!
到着した静岡市清水区では市場をぶらぶら。
たくさんのおいしい試食をいただきながら清水を満喫したのでした。

<清水魚市場 河岸の市>
静岡県静岡市清水区島崎町149
tel:054-355-3575
【定休日】水曜日
http://kashinoichi.com/

2017.11.14

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑥

なんとか山梨県甲府市へたどり着いた栁沼D。
その日の宿を元同僚に頼るという裏技を使い一夜を明かしたのでした。
厳しいヒッチハイクの旅、つかの間の甲府観光へ
歴史に触れ、美しい景色を眺め、おいしい名物を食べリフレッシュ!

富士山も眺められる
<舞鶴城公園(甲府城)>
山梨県甲府市丸の内1丁目

山梨のお土産と言ったらコレ!信玄餅を使ったソフトクリーム。
<桔梗屋 甲府本館>
山梨県甲府市青沼1-3-11
tel:055-233-8800
http://www.kikyouya.co.jp/index.html

甲州ブドウ直売所
<フルーツ木口>
山梨県甲府市若松町6-1

2017.11. 7

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ⑤

三重県伊勢神宮をめざしヒッチハイク中の柳沼D。
埼玉県秩父市から山梨県甲府市をめざし国道140号線でヒッチハイク中。

なかなか上手く行かないヒッチハイク...
徒歩で移動してはヒッチハイクを繰り返し約3時間...
ついに1台のオープンカーが!
埼玉県飯能市在住の南原さんに乗せていただき甲府市へ!

2017.10.31

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ④

今回のヒッチハイクは郡山市を出発し三重県・伊勢神宮を目指します!
前回は埼玉県秩父市に到着。市内を散策、素敵な出会いがたくさんありました♪
次の目的地、山梨県をめざしヒッチハイク再開!

・・・したのですが、ここまで順調に進んできたのにここにきてストップ!
場所を変えてヒッチハイク...それでも車は止まりません。。。
やっと出会えたのは秩父市在住の高野さん。
約20km先の道の駅大滝温泉まで乗せていただきました!
そこからヒッチハイクを再開するも...

2017.10.24

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ③

郡山市を出発し三重県・伊勢神宮をヒッチハイクで目指しています!
前回は夜の国道140号線で奇跡のヒッチハイクで宿のある埼玉県秩父市に到着!
初日の夜を秩父のホテルで過ごしました。

今回は...朝の秩父市散策からスタート!
姉弟に運動会の歌を聞かせてもらったり
老舗酒蔵の仕込み水を飲ませていただきました!

ヒッチハイクを再開するため国道140号線へ...
と今回はここまで!
次は山梨県を目指します!


-----今回お邪魔したところ-----


<武甲酒造>

埼玉県秩父市宮側町21-27
http://www.bukou.co.jp/

2017.10.17

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾" ②

栁沼Dが目的地をめざしヒッチハイクで旅する企画・第3弾。
今回は郡山市を出発地点に約460km離れた三重県・伊勢神宮を目指します。
初日でいきなり長距離トラックに乗せていただき埼玉県熊谷市まで!

長距離ドライバーの海野さんにお昼までごちそうになり熊谷まで送っていただいた栁沼D。
なぜか宿を秩父に取っていた栁沼Dは土地勘がないため地元の人に聞き込み。。。
日本有数の "暑い街" ならではのミストシャワーでクールダウンしたり
小鳥の専門店を見学したり...熊谷市を散策しながらヒッチハイクポイントまで移動。
ヒッチハイクを再開しますが...日没をむかえ真っ暗の中1時間...車がとまりません。。。
絶望の中歩いていると...
わざわざUターンして来てくれた秩父市在住の松本さんに乗せていただけることに!
今回も幸運が味方してくれている栁沼Dのヒッチハイクの旅でした!

2017.10.10

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・第3弾!"

尾瀬・北海道とヒッチハイクの旅をした栁沼D。
そろそろヒッチハイクで旅をしたくなってきたみたい。。。
今回は、三重県伊勢市を目指します!
移動はヒッチハイクか徒歩、予算は宿泊費込2万円、期間は4日!
果たしてたどり着けるのか!?

3回目ともなるとヒッチハイクのコツはバッチリ!
順調に、須賀川市在住の熊田さん、
長距離ドライバーの海野さんに乗せていただき
埼玉県熊谷市まで!

2017.9. 4

ひとり調査隊 "すべり台を調査!"

FTVみんなのニュースの栁沼ディレクターが気になったものをひとりで調査。
今回は、すべり台を徹底調査!角度・長さ・費用で評価しました。
※評価は栁沼D個人の感想です。ぜひみなさんも体験してみてください。

3年前に全面リニューアル。景色を楽しめるすべり台と直下型のすべり台。
<白河関の森公園>
白河市旗宿白河内7-2

子どもも楽しめるスピード。いろいろなタイプが楽しめる♪
<松川工業第一公園>
福島市松川町字天王原30-12

今年でオープン29年目!全長800mを滑走!
<キョロロン村>
西郷村真船村火1
http://kyororon.sakura.ne.jp/

全長約77m(栁沼D調べ)!景色を長く楽しみながら滑る♪
<保原総合公園>
伊達市保原町大泉字宮脇265

2017.8.15

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・リターンズ"
最終回

栁沼Dが福島市から約420km離れた北海道福島町をヒッチハイクで目指します!
前回は、新函館北斗駅まで送っていただきました。
この日のうちに帰らなければならない栁沼D。
福島に帰るには午後6時36分の新幹線に乗らなくてはなりません。
タイムリミットが迫る中、無事福島町にたどり着いたのか!?

新函館北斗駅と福島町のほぼ中間点、約40km先の木古内町を目指します。
ヒッチハイク再開をしたもののなかなか乗せてくれる車に出会えません。
場所を移動してはヒッチハイクを繰り返し...2時間。
ついに!乗せてくれる方が!
北斗市在住の常田さんに渡島当別駅まで送っていただきました。

目標の福島町まで徒歩で1時間半圏内。
この時点で午後4時。
ここから強運の栁沼Dの本領発揮!
お買いもの帰りの木古内町在住の吉川さんに木古内町まで送っていただき
次の目的地はいよいよ「福島町」!
ヒッチハイク再開してすぐ福島町在住の鳴海さんご夫婦に声をかけていただき一気にゴールへ!

栁沼Dのゴール地点は
福島町が生んだスーパースター 横綱・千代の山 横綱・千代の富士が出迎える
「横綱 千代の山・千代の富士記念館」
午後5時20分、ついにゴール!

これまで送って下さったみなさんを思い出し、ゴールの喜びに浸っていましたが...
新幹線の時間が...
慌しく福島町をあとにしたのでした。。。
おしまい

2017.8. 8

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・リターンズ" ⑦

栁沼Dが福島市から約420km離れた北海道"福島町"をヒッチハイクで移動中!
青森からフェリーに乗り函館に到着です!
いよいよ福島町に到着するのか!?

4時間の船旅を満喫して着いたのは函館港。
まずは夜をあかし...名物の函館朝市へ!
北海道の海産物を試食♪それだけではとどまらず...
生ガキや海鮮丼などを食べ 所持金は636円。。。
他にも赤レンガ倉庫など函館観光を満喫♪

お昼も近くなった頃...ヒッチハイク再開!
まずは北斗市を目指します!
仕事終わりで札幌に戻る途中だという
札幌市在住の三輪さんに北斗駅まで乗せていただきました!

...と今回はここまで。
次週、いよいよゴール!?

2017.8. 1

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・リターンズ" ⑥

福島市から約420km離れた北海道 "福島町" をヒッチハイクで目指しています。
旅もいよいよ大詰め。秋田県能代市までたどり着いた栁沼D。
北東北を進みます!

仕事帰りの北秋田市在住の櫻田さんに
北秋田市のさらに先の大館市まで送っていただきました!

県をまたいで青森県を目指します!
が...ヒッチハイク3日目。栁沼Dにも疲れが...
そんな時に思い浮かぶのが今までに出会った人たち。
みなさんの優しさを力に変えてヒッチハイクを再開!

弘前まで車を運搬中の高谷さんに乗せていただき
青森県弘前市まで!

ついに青森県入り!
次に目指すは函館行きのフェリーが待つ青森港。
五所川原市在住の北澤さんに送っていただきフェリー乗り場まで。
目の前まで送っていただきました。

4時間のフェリーの旅。
津軽海峡を渡り北海道函館市へ!
青森に別れを告げていると船員さんから声をかけられ...
特別に操舵室を見学させていただけることに。

貴重な体験をした栁沼D。
次回、最終回!いよいよ北海道へ!

2017.7.26

ひとり調査隊
"90歳の卓球選手 その強さを調査!"

FTVみんなのニュースの栁沼ディレクターが気になったことをひとりで調査。
今回は会津若松市の卓球選手・中丸アイ子さん(90)に密着取材!
愛称は「会津のアイちゃん」 
力強いスマッシュ!力強い踏み込み!
全国大会で2年連続優勝しているその強さと元気の秘密を探るべく
普段の練習と全国大会に密着しました!

2017.7.25

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・リターンズ" ⑤

福島市から約420km離れた北海道"福島町"をヒッチハイクで目指す栁沼D。
前回は批判覚悟のまさかの電車移動...なんと男鹿駅まで乗車。
暗くなった男鹿駅前で栁沼Dは...

泊まる所がない栁沼D...偶然居合わせた人に宿泊交渉
なんとOK!普段使っていない2階の一室を貸していただきました。

翌朝、優しさに感謝しながらヒッチハイク開始!
乗せていただいたのは潟上市在住の伊藤さん。
秋田へ向かうということですが...八郎潟経由で送っていただけることに!
日本有数の干拓地「八郎潟」を見学
さらに、日本一小さい山「大潟富士」の登山を満喫した栁沼D。
伊藤さんには次のヒッチハイクがしやすいようにと八郎潟町まで送っていただきました。

次の目的地を能代市としてヒッチハイクを続けます。
約35km離れた東能代駅まで送って下さったのは能代市在住の加澤さん。
なんと、差し入れまでいただきました。

いただいた差し入れを食べながら北海道へ向かう決意を新たにした栁沼D。
次週、いよいよ北海道へ!

2017.7.17

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・リターンズ" ④

福島市から約420km離れた北海道 "福島町" をヒッチハイクで目指す栁沼D。
山形県新庄市までたどり着いた栁沼Dは秋田県入りを目標にヒッチハイク開始!

ヒッチハイク開始から30秒。。。
戸沢村在住の岸さんに観光スポットの "白糸の滝" まで送っていただきました♪
<白糸の滝>山形県最上郡戸沢村
「日本の滝百選」の1つ、最上川に落ちる水が白糸のようであることから名づけられた

栁沼Dの次の目的地は秋田県手前の酒田市!
酒田市在住の加藤さんに乗せていただいた栁沼D...加藤さんに図々しいお願いを...
【最上川の河口に行きたい!】という栁沼Dのお願いを快く聞いてくださった加藤さん。
寄り道をしながらも酒田市の中心部まで送ってくださいました。

酒田まで来たら栁沼Dが立ち寄りたかった観光スポットへ
<山居倉庫>山形県酒田市
明治時代に酒田米穀取引所の倉庫として建てられた
最上川の水運によって庄内地方の米がこの倉庫に大量に運ばれた

しっかり観光した栁沼D...いよいよ秋田県入りを目指します!
開始30分...酒田市在住の髙橋さんに秋田県にかほ市まで送っていただきました!

さらに北上したい栁沼Dは秋田市を目指しヒッチハイクを再開しますが...
全く車がとまらない...。
なんとここでまさかの!!!!!
羽越本線に乗車...秋田駅までかと思いきや...なんと男鹿方面に乗り継ぎ...
みなさまからのご批判覚悟の電車移動...
この続きはまた次回。

2017.7.11

ひとり調査隊"ヒッチハイクの旅・リターンズ" ③

福島市から約420km離れた北海道 "福島町" をヒッチハイクで目指す栁沼D。
山形県寒河江市のさくらんぼ農園でテント泊をしました。

朝4時半...旬、真っ只中のサクランボ園ではこの時間から作業が始まります。
そんな忙しい中、栁沼Dにコーヒーを振舞ってくださったサクランボ農家の渡辺さん。

目覚めのコーヒーをいただいた栁沼Dは周辺を散策することに。
たまたま通りかかったお宅の庭に咲くバラが見事で見学させていただくことに。
鈴木さんは趣味で約40種類ものバラを育て、オープンガーデンとして公開しています。
ここでもお茶をいただきました。。。

再び三泉観光さくらんぼ園に戻ってきた栁沼D...誰かを待っています。
実は前日、こちらで働く池田さんが栁沼Dを乗せてくれる方を探してくれていました!
約60km先の新庄市に用事があるということで池田さんの夫・孝夫さんが送って下さることに。
本当に寝床の提供だけでなく、食事、送迎の手配まで...何から何までお世話になりました。

優しい皆さんのおかげで新庄市にたどり着いた栁沼D。
物産館で新庄市について情報収集。
名物の馬のタンとくぢら餅を購入しました。
食べる場所を求めてやってきたのは新庄城址の最上公園。
園内にある戸澤神社で旅の安全を祈願し...新庄名物に舌鼓。

さぁ!次の目的地を目指します!
・・・と今回はここまで。次回は、秋田県を目指します!

2017.7. 4

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・リターンズ" ②

目的地までヒッチハイクでたどりつけるのか!?栁沼Dが挑戦中!
福島市から約420km 北海道福島町を目指しヒッチハイクで旅を続ける栁沼D。
前回は山形県米沢市まで移動しました。

山形市をめざしヒッチハイク再開!
開始から20分...止まってくれたのは米沢市在住の渡邉さん夫妻。
買い物からの帰り道と言うことだったのですが...
渡邉さんからうれしい提案♪
自宅が近所なので一旦荷物を置いてから、さらに先まで乗せていってくれることに!
米沢市から約70km先の寒河江市まで乗せていただきました!

サクランボの産地・寒河江に来たら...もちろん!
受付時間が過ぎていましたがサクランボ狩りを体験させていただけることに。
しかも、農園のご厚意で無料で。

<三泉観光さくらんぼ園>
山形県寒河江市字中河原
【料金】1時間 1500円
※2017年は7月10日まで

おいしいサクランボを満喫した栁沼D。
さらに厚かましいお願いを...テントを張って一泊させていただくことに。
1年でも一番忙しい時期なのに、まかないカレーまでごちそうしていただきました。。。

今回はここまで。
山形のみなさんの優しさに感謝のヒッチハイク旅。
さらに続きます!

2017.6.27

ひとり調査隊 "ヒッチハイクの旅・リターンズ"

栁沼Dの "ヒッチハイクの旅" が帰ってきました!
好評につき第二弾!
今回の目的地は・・・福島を飛び出し、なんと北海道!
しかも私たちの住む福島と名前が一緒だからと「福島町」を目的地としました!
どんな旅になるのか!?

予算はフェリー代込みで1万円!
まずは山形県米沢市を目指します!
最初に乗せていただいたのは...茨城県在住の大沼さん親子。
旅行で山形県と福島県の県境にある滑川温泉へ行くということで同乗させていただきました!

大沼さん親子と別れた栁沼D
温泉に入りたい気持ちを抑えヒッチハイクを始めますが...車が通らない。。。
先に進むべく歩いていると...
温泉に入り終えた大沼さん親子と再会!
再び乗せていただきました。

米沢駅にたどり着いた栁沼D。
お腹が空いたようで、さっそく所持金を使い駅弁購入!
有名な駅弁「牛肉どまん中」をいただきます!
残金8650円

と、今回はここまで!
続きはまた来週!

ページの先頭へ