福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

サタふく

番組のトップへ戻る

月別アーカイブ

放送の内容

いっしょに歩こう!ふくしま

スパリゾートハワイアンズ全館オープン目前

「モノリス・タワー」

福島県いわき市常磐藤原町蕨平50 
電話 0246-43-3191(代表)
客室数120室 定員数500人 10階建て
宿泊料金(1泊2食 スパリゾートハワイアンズ入場券付)
スタンダードルーム 大人 18,900円~
          子供 13,492円~
          幼児 9,712円~
※料金は、部屋・人数・季節・曜日によって異なります。
「ハワイアン&スパ」がコンセプトのホテル。
ロビーには南国の巨木が置かれ、入った途端に南国気分を味わえる工夫が。
この日は、全館自由に見ることができるということで、まず、長澤アナは客室、藺草アナはスパを見に行くことに...
スタンダードな部屋は、ハワイアンでありながら、琉球畳を合わせているというハワイアンジャパネスクスタイル。
ホテル専用のムームーも着てみる長澤アナ。
一方、藺草アナはその頃、スパでのんびり。
加温・加水なしの源泉かけ流しという贅沢な温泉は、外気も入る半露天風呂。
温泉は2種類あり、それぞれに打たせ湯や歩行浴もできるスペースもある。
深夜12時で男女入れ替え制。
料理は、フレンチポリネシアンブッフェの「ネシア」。
フレンチとポリネシア料理が融合した料理で、香辛料やフルーツをふんだんに使っている料理を、日本人向けに味付けして提供している。
藺草アナは、タヒチ伝統料理の「ブーニャ(鶏肉、サトイモ、サツマイモなどにココナツミルクを加えて、バナナの葉でつつんで蒸し焼きにした料理)」を、試食。
長澤アナは、「ポワソンクリュー(生マグロと野菜のココナツミルクマリネ)」を試食。
食事の後は、グランドポリネシアンショーを観た2人。
フラガールは、震災を乗り越えてショーに臨んでいる、藺草アナと長澤アナは、ステージに参加して、ショーも満喫。改めて、
ハワイアンズと新ホテルの魅力を実感した二人でした。

そらなび

神戸編

【南京町】...横浜、長崎に並ぶ日本三大中華街の一つ

◆不思議な鍋
鍋の取っ手をこすると水しぶきがあがるという不思議な鍋。
その昔中国では占いに使われていた。
「噴水洗」と呼ばれ、心のきれいな人がこすると水しぶきがあがるそうで、堤アナも体験!
結果は・・・。
◆南京町広場
・昼間だけ広場に現れるお金の神様。
 触れると願い事が叶うそうだ。
 堤アナお金の神様に抱きついてお願い事をする。
・広場にある十二支の像。
 なぜか十三体目としてパンダの像がある。
 中国に像の製作を依頼したところイノシシがうまく伝わらずパンダの像が送られてきたとのこと。
 愛らしパンダの像を探してみて!
◆中華粽専門店 龍鳳
電話 078-391-1601
営 10:00~19:00 
休 無休
・ちまき 380円

自転車でGO!

自転車でGO!

高橋商会を後にして、自転車をこぐ

奥羽鉄道の鴫原さんに教えてもらった「くん太郎」を目指す
くん太郎 
福島市南沢又古館44-1
電話 024-558-4643
営業時間 11:00~20:30
     ※第2火曜日のみ ~14:00まで
定休日 月曜日
ジャンボ大盛りラーメン・・・めん400gスープ7合野菜1kgの大盛りメニュー1,500円だが、15分以内にスープまで食べきると無料&食事券プレゼント
赤ちゃんラーメン・・・100円めん100gのミニメニュー
「ジャンボ大盛りラーメン(みそ)」に挑戦中の藺草アナ、幸先はよかったが、残り5分を過ぎたあたりからペースダウン、明らかにはしの進むペースが遅くなる
15分経過、藺草アナは残念ながら食べきることはできなかった・・・
挑戦を終え、店長に見送られながら出発・・・と思いきやあまりの満腹感に自転車をこげなくなってしまった藺草アナ、この日は撮影終了となる
日をあらためてくん太郎前、店長に見送られ出発となったが、ここで店長からおすすめ情報をいただくことに
この近くに「スズメの??(なんとか)」という看板の立っている家があるが自分もどんなところなのか気になるので行ってみてほしいとのこと
もちろん二つ返事で行ってみることに
来た道を戻る形で進んでいくと話にあったとおり「スズメの里」と書いてある看板を発見、たずねてみることにする・・・今週はここまで!

月別アーカイブ

番組のトップへ戻る

過去の放送内容

月別アーカイブ

自転車でGO!イメージソング

「福島の人」唄:今西太一

作詞:藺草英己・今西太一 作曲:今西太一

MP3ダウンロードMP3ダウンロード

「あの町へGO!」唄:今西太一

MP3ダウンロード

作詞:カメラマンさん
作曲:今西太一

ページの先頭へ