福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

サタふく

番組のトップへ戻る

月別アーカイブ

放送の内容

藤さんのはっ県伝!?

◆新風亭 遠藤良一さん

富岡町で人力車を引いていた遠藤さん。震災の影響で避難していたが、今年7月に白河市で再び人力車を引きはじめる。
土地は変わったが、白河の歴史、そして人力車の魅力を伝えようと頑張っている。
※白河市(二の丸茶屋前)
電話 090-3754-2691
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休
料金例
・お試しコース(城山公園 約10分)
 一人乗り1,000円 二人乗り2,000円
・白河満喫の旅(7カ所周遊 約60分)
 一人乗り7,000円 二人乗り9,000円など

藤さんのはっ県伝!?

◆玄豆屋
原産国や焙煎方法、ブレンド方法の違うコーヒー。約20種類がお店に並ぶ。
コーヒー以外にもオーナーの金澤さんの目にかなったもの(ジャムや紅茶など)が売っている。コーヒーはお客さんのイメージにあったものをチョイスして出してくれる。
お店の前には金澤さんのレコードコレクションの一部が飾られている「レコード美術館」があり、ここでコーヒーを飲むこともできる。もちろん、金澤さんにお願いして、置いているレコードをかけてもらうこともできる。

白河市道場町29
電話 0248-22-7043
営業時間 10:00~19:00
定休日 無休
 
コーヒー豆(100g 420円~)
※自家製ブレンド(200g 840円~)
アルガンオイル 1本 1,785円
コーヒー 500円

藤さんのはっ県伝!?

◆楽蔵(らくら) 
白河市中町65
電話 0248-29-8630

昨年オープンした施設。農産物の直売所や白河の歴史がわかる白河見聞館など8施設がある。
■二代目 いまの家(楽蔵内) 
電話 0248-24-7410
西郷村の名店「いまの家」の2代目のお店。鶏ガラとゲンコツのみでとったスープ、竹で打つ自家製麺。チャーシューも「かぶり肉」という希少部位が入っていることも。「おつまみワンタン」も人気。
営業時間 11:00~16:00
    (土曜・日曜・祝日 ~19:00) 
定休日 火曜日
おつまみワンタン 400円
チャーシューメン 850円
 
■アル コニーズ(楽蔵内) 
電話 0248-24-7350
白河の老舗和菓子店「えんどう菓子店」のカフェ。店内でも食べられる。
白河観光物産協会公認の萌えキャラ「小峰シロ」のどら焼きを作った。
小峰シロは先月東京で行われたご当地萌えキャラを集めたMOE1グランプリで、キャラ部門・観光部門ではグランプリ、お土産部門では準グランプリを受賞。
「信長」は抹茶のムースの中に粒あん、上には生クリームと「えんどう菓子店」の創業菓子「一口まんじゅう」が乗っている和のスイーツ。
営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜日
小峰シロの桜蒸しどら(5個入り) 800円
信長(抹茶のムース) 330円

そらなび

北海道の旅

【やきとりの「一平」中島本店】
室蘭名物の「やきとり」、実は、鶏肉ではなくて、「豚肉」を使っている。また、長ネギではなくて玉ねぎを挟んでいる。しかも洋辛子をつけて食べるのが室蘭流。突っ込みどころ満載のやきとり。紹介する「一平」の名物は「豚精肉」。鶏肉よりも歯ごたえがしっかりしていて、たれが染みて、ジューシーな印象。連日大賑わいのお店。先月福島で開催されたやきとリンピックで7500本を売り上げた。

室蘭市中島町1-17-3 
電話 0143-44-4420
年中無休 
営業時間 平日 17:00~23:00
     金・土 17:00~24:00
     日・祝 17:00~22:00

自転車でGO!

自転車でGO!シーズンⅡ!!

先週は、二本松市民交流センターの「杉乃家」を後にし、どこへいこうか悩んでいるとところへ番組のファンの方から声をかけられる。
今週は、その方の同級生がやっているという喫茶店へお邪魔するところからです。
同級生がやっているという喫茶店は、「まい~ら」という名前。藺草アナは「参られよ」からの造語と思い込んでいたが・・・。「マイラ」はチャモロ語で「こっちにおいで」という意味、以前仕事でロタ島に住んでいたことのあるご主人とママさんがつけた名前。案内してくれたのは「佐藤豊さん」まい~らのご主人とは幼なじみ。
本題の「この後どこに行こうか」を相談すると佐藤さんはこの先で「マルソー」という魚屋さんをやっているということ、そちらにうかがうことに
その他にもまい~らで「竹田・根崎の鯉川沿いにある蔵のある風景」や「大七酒造近くのお茶屋さんの蔵」などおすすめスポットを教えてもらう

【こうひい&すなっく まい~ら】
電話 0243-22-2039
定休日 日曜祝日
営業時間 11:30~22:30
ブレンドコーヒー 350円 
アメリカンコーヒー 350円

「マルソー」では若おかみから熱烈歓迎を受ける。
「マルソー」は魚とおそうざいの店、創業はなんと1902年、明治35年から続く老舗の魚屋さんだった。ちなみに社長は佐藤さんの姉で、佐藤さんは市場からの魚の仕入れや魚をさばくなどの手伝いをしている。まい~らで、「おいしい刺身をご馳走する」といわれていたので、カツオの刺身を早速いただくことに。
うまさに藺草アナもご満悦、外も暗くなったので、この日の撮影はここで終了。
せっかくなので、この日の朝に差し入れでいただいた発泡酒をカツオの刺身でいただくことにするが...。日をあらためて「マルソー」から出発、お土産に豊ちゃん手づくりのイカの塩辛をいただく。さらに「竹田・根崎の蔵のある景色」へ向かう道を教えてもらい、出発するが・・・

【おさかなとおそうざい マルソー】
電話 0243-23-0064
営業時間 9:00~19:00 
定休日 日曜日
メンチかつ 68円(1個)
※特売日の水曜日(水産デー)は58円

月別アーカイブ

番組のトップへ戻る

過去の放送内容

月別アーカイブ

自転車でGO!イメージソング

「福島の人」唄:今西太一

作詞:藺草英己・今西太一 作曲:今西太一

MP3ダウンロードMP3ダウンロード

「あの町へGO!」唄:今西太一

MP3ダウンロード

作詞:カメラマンさん
作曲:今西太一

ページの先頭へ