福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

サタふく

番組のトップへ戻る

月別アーカイブ

放送の内容

スマイルナビ

■絵本カフェ ちいさいおうち
親子で楽しめる絵本カフェ 約600冊の蔵書
県内外の手芸作家の作品も販売している

郡山市久留米4-221-19 ホワイエⅡB101
電話 090-8893-2817
営業 10:00~18:00
定休日 日・月曜日
 
・あみぐるみ 500円~
・ペンケース 1,500円
・ぎょうざ小物入れ 500円
・カフェメニュー
 プチスイーツ(カラメルアップルケーキ) 400円
 コーヒー 400円
・おけいこ オーナー 玉置まどかさんが講師
 羊毛フェルト教室 1,200円

スマイルナビ

■ ナチュレ・ルビュー 
「白神山地」の腐葉土から分離・厳選された野生酵母「白神こだま酵母」を使い、自然素材にこだわった無添加のパンを販売、カフェのメニューも無添加のパンを出している。

郡山市大槻町御前南1-82
営業 8:30 ~ 19:00
ランチ 11:00 ~ 14:00(土日は15:00まで)
電話 024-954-5887
定休 水曜日

パンカップシチュー 1,150円(サラダ・ドリンク付)
ラタトゥイユ(フランス語: ratatouille)はフランス南部プロヴァンス地方、 ニースの野菜煮込み料理。トマトベース。お店では煮込まず。フライパンで加熱している。

パン教室
趣味のパンづくりからプロを目指す方までニーズに応えることができる教室

単発コース 3,800円(入会金なし・材料費込み)
本科コース 31,500円(全5回入会金5,000円)

ランチコラボ特集

■趣向の料理 茶寮 蓮
郡山市鳴神3-231
電話 024-952-8136
営業 11:30~14:00 
   17:30~22:00
休 水曜日(火曜日の夜は予約のみ営業)
*朴葉蒸しの膳 1,390円(前菜3種、もち米の朴葉蒸し、けんちん鍋、香の物、コーヒー)
*懐石料理を基調とした手作りの和食がいただけるお店。
*もち米を朴葉に包んで蒸した「朴葉蒸し」は、お好みで岩塩をかけて塩味を追加。料理のうまみが引き立つ。

ランチコラボ特集

■ MILK(ミルク)
開放的な空間でキッズスペースもある「ママに優しい」カフェ。雑貨も置いているので、雑貨目当てに来る方も多数。

福島市御山字仲ノ町103-8
電話 024-502-0168
営業 11:00~18:30
休 火曜日・第三日曜日
*冬季限定 シーフードグラタンセット 1,100円
シーフードグラタンは「エビ・あさりが入ったグラタンソース」の上にチーズ、「3種類のチーズが入ったリング状のパスタ」、グラタン、チーズと層になるように入れて焼き上げている。今回のコラボランチ限定でドリンクが「ロイヤルキャラメルミルクティー」が付いてくる(普段のランチでは選べない)。

そらなび

北海道の旅

【小樽オルゴール堂本館】
小樽オルゴール堂の本館は、小樽市の観光スポットとなっているメルヘン交差点にある。レンガ造りのレトロな外観。明治45年に建てられたもの。入口の蒸気時計は1時間おきに汽笛で時報がなり、観光客の人気を集めている。館内には2万5000点のオルゴールが展示・販売されている。「お寿司のオルゴール」など、小樽らしいオルゴールもある。隣にある「手作り体験 遊工房」では、自分の好きなオルゴールと、飾りを選んで、オルゴール製作が体験できる。名和田アナも挑戦。完成品をスタジオで紹介。

小樽市住吉町4の1 
電話 0134-22-1108
営業時間 9:00~18:00

自転車でGO!

自転車でGO!シーズンⅡ!!

先週は、魚屋さん「マルソー」にお邪魔しました。なんと創業1902年という100年以上続く老舗の魚屋さんで、おいしいカツオの刺身をごちそうになりました。
今週は、そのマルソーから新たな目的地「竹田根崎の蔵の町」を目指して出発するところからです。

「竹田・根崎の蔵のある景色」へ向かう道を教えてもらうが・・・
途中の交差点でどこへ向かえばいいのかわからなくなり、文字通り路頭に迷うことに・・・。しかしめずらしく勘が当たり竹田の看板がある交差点に到着。そこで出会った矢島忠治さんに話を聞くと「鯉川の蔵の景色」を案内していただけることに。
鯉川へ行く前に、矢島さんの家にも蔵があるということで見学させてもらう。
蔵は改装して現在は息子さんが焼き鳥の店をやっている。矢島さんの話によると、会津蒲生家からいただいた念書(御墨付)があるということで、矢島さんがまとめた矢島家の歴史の本を見せてもらうことに。
矢島家の祖先は「会津蘆名家の一門金上盛備(かながみもりはる)」
盛備は摺上原の戦いで伊達政宗に敗れ戦死、その四男が矢島家に身を寄せ、養子になり現在に至っている(ちなみに忠治さんで13代目)
息子の賢司さんが焼き鳥の仕込をしていた
せっかくなので夜に食べに来て欲しいとのことなので、前向きに検討することに
ようやく忠治さんの案内で、鯉川の蔵のある景色を見に行くことに・・・

月別アーカイブ

番組のトップへ戻る

過去の放送内容

月別アーカイブ

自転車でGO!イメージソング

「福島の人」唄:今西太一

作詞:藺草英己・今西太一 作曲:今西太一

MP3ダウンロードMP3ダウンロード

「あの町へGO!」唄:今西太一

MP3ダウンロード

作詞:カメラマンさん
作曲:今西太一

ページの先頭へ