福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

サタふく

番組のトップへ戻る

月別アーカイブ

放送の内容

ジャージー名和田

【依頼FAX】
いつも楽しく拝見しております。ジャージー名和田さんにお手伝いをお願いしたいです。今月27日に南相馬市の道の駅でお雑煮フェスティバルというイベントがあります。そのお手伝いをお願いしたいです。私のお店はともえといいます。私たちもイベントに参加して冬のインド味噌らーめんを販売します。
依頼主 食事の店 ともえ 吉田さん

【冬まつりinはらまち2013】
道の駅 南相馬で1月27日に開催。イベントのアトラクションの一つとして「お雑煮バトル」が行われた。

【お雑煮バトル】
南相馬市の飲食店5店舗+現地ボランティア団体2組が参加。計7種類の雑煮を販売。どんぶりの数で人気№1を決定。どんぶり一杯300円。

【食事の店 ともえ】
南相馬市原町区南町3-77
電話 0244-24-4677
営業 11:00~18:00  
火曜定休日
自転車でGO!で二度取材。
(平成17年10月・平成23年11月)
お雑煮バトルでは、店自慢の「インド味噌ら~めん」を販売。スパイスがきいたカレーベースのスープにチーズといそべやきが入っている。冬季限定メニュー。
*冬のインド味噌ラーメンお店でも販売・・・750円(3月まで)

【お手伝い内容】
ジャージー藺草も特別参加!名和田を強力サポート。
・調理のサポート(名和田) レジ(藺草)
・アイスまんじゅう早食い大会参加(藺草)
・表彰式の司会(二人で)

藤さんのはっ県伝

田村市船引町に富士山がある!!
佐藤正男は、昔、静岡県で仕事していたころ、毎日「富士山」を眺めていた。
「富士山」は佐藤さんにとって、憧れ。福島県に戻ってきた佐藤さん。しかし、富士山のない生活に疑問を感じる日々を送っていた。富士山を眺めたい。その思いで1年半をかけ富士山を制作。

藤さんのはっ県伝

【下里工芸】
セメント業を営んでいた箭内隆壽さんが定年後、趣味で始めた。形作りから色付けまで全て一人で作業している。また、かっぱ好きから「かっぱ村」まで作った。

藤さんのはっ県伝

JR松川駅には「松川あいさつ駅」という看板 
なぜ、あいさつ駅?ということで、その謎を調べることに!!
やまろく商店の佐藤さんが当時のことを知っている。
※あいさつ駅の由来
昔、松川駅周辺のみならず、ヤンチャな学生がおおかった。
しかし、彼らも根は良い子。あいさつによって松川を変えようとおもい、あいさつ運動、そして、駅の看板も「松川あいさつ駅」に変える運動をした。あいさつによって、暴れる学生はいなくなり、あいさつの大切さを学んだ。

藤さんのはっ県伝

【オムライスの店 おむれった】
福島市松川町字中原41-2 
電話 024-567-5414
定休日 水曜日
ビーフストロガノフのオムライス 980円

藤さんのはっ県伝

【バウムラボ樹楽里】
福島市松川町下川崎字西原25-4 
電話 024-537-1170
定休日 無休
ライスバウム プレーン 1,732円(L)
           1,155円(M)
ロックンロールブリュレ 525円 
ロックンロール 483円

そらなび

神戸の旅

【神戸洋藝菓子 ボックサン三宮店】
神戸マイスターの社長と製造スタッフが心を込めて作っているケーキ。
神戸マイスターとは、神戸市が認定した全国的に通用するハイレベルの技術・技能を持つ人。
・彩(いろどり) 1,200円
ベリーのタルト、モンブラン、パッションとミルクチョコムース、いちごのショートケーキ、ティラミス、ロールケーキ、ブリュレの7種類がひとつのプレートになっている。
・一番人気はロールケーキ。ブリュレはお店でしか食べられない。

神戸市中央区三宮町2-6-3
電話 078-391-3955
営業時間 販売 11:00~20:00 
     カフェ 11:00~19:30
休 不定休

自転車でGO!

自転車でGO!シーズンⅡ!!

先週は、浪江町の大堀相馬焼の窯がある小沢工業団地に到着したが、営業時間はとっくに終了していて、作業のためにたまたま残っていた根本さんにお話をうかがい、日を改めてたずねることにしました。
日を改めて「陶芸の杜おおぼり二本松工房」をたずねました。
するとそこには、以前浪江町でお世話になった「志隆窯」の志賀さんご夫妻が待っていた。藺草アナがやってくると聞きまっていてくれた
志賀さんは原発事故のため避難を余儀なくされ、事故直後から親戚を頼り本宮市の借上げアパートに住んでいるという。展示販売所は、浪江にあったそれとは規模が縮小され品数も少ない。地震で陶器はほとんど壊れてしまい、箱に収まりかろうじて壊れなかったものを自宅から運び展示しているという。
作業場に行くと前回お世話になった根本さんが娘さんと作業をしていた
根本さんから視聴者プレゼントとして、「馬九行く(うまくいく)」の色紙を2枚いただく。窯のある部屋に行くと窯から出されて2日ほどたった陶器があった
以前志隆釜を訪ねたときは、ちょうど窯出しのときで、福島の音30景に選ばれた貫入音を聞いたことを思い出す。
志賀さんの指導の下、陶芸体験をすることに今回は手びねりではなく、なんと「ろくろ」を使って陶芸体験。
案の定、最初は失敗する藺草アナだが、茶わん、皿、片口と順調に作品を仕上ていく
せっかく作った作品なので、先ほど根本さんからいただいた色紙と一緒にして視聴者プレゼントにすることに。
※陶芸教室は通常「手びねり」、ろくろは使いません。

【陶芸の杜おおぼり 二本松工房】
電話 0243-24-8812
営業時間 10:00~16:00
     11:00~15:00(1月・2月)
定休日 火曜日
陶芸教室 ※要予約
手びねり(土500g) 1,260円
※別途 送料が必要

月別アーカイブ

番組のトップへ戻る

過去の放送内容

月別アーカイブ

自転車でGO!イメージソング

「福島の人」唄:今西太一

作詞:藺草英己・今西太一 作曲:今西太一

MP3ダウンロードMP3ダウンロード

「あの町へGO!」唄:今西太一

MP3ダウンロード

作詞:カメラマンさん
作曲:今西太一

ページの先頭へ