福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

サタふく

番組のトップへ戻る

月別アーカイブ

放送の内容

ふくしま調査隊

ふくしま調査隊

藺草アナが、「アクアマリンで環境芸術」をテーマに、芸術の秋ということでアクアマリンふくしまで開催中のアートな催しを調査してきました!

【小名浜国際環境芸術祭2013】
・海に関する様々なアートを展示
・今年で10回目の開催
・アクアマリンふくしまは環境水族館として、海を通して「人と地球の未来」を考えることを理念としている。今回の芸術祭でも、様々なアーティストと一緒に「人と地球の未来」を考えるのにふさわしいアートを展示。

〈紹介した展示〉  
・「大漁旗」・「アート・カツオ展」・「キッズアート壁画展」・「シーボーンアート展」

【寿司処「潮目の海」HAPPY OCEANS】9月21日からオープン
・泳いでいる魚を見ながら寿司を食べることができる
・資源量の安定しているネタが中心の握り寿司を提供
・メニューは6貫セット 1,000円(仕入れによってネタと価格は変動する)
・11:00~15:00

場所 アクアマリンふくしま
お問い合わせ先 0246-73-2525
芸術祭開催期間 9月21日(土)~11月10日(日)
開館時間 9:00~17:30 (年中無休)
入館料 一般 1,600円 小中高校生 800円

サタらぼ

『みんなのMAEMUKI駅伝2013』に真湖リポーターがランナーとして参加。
『みんなのMAEMUKI駅伝2013』とは、病気やケガ、災害などの困難に負けず、
「まえ向きに生きる人すべてを応援したい」、という思いでアメリカンホーム保険会社が企画したプロジェ クトです。1,500人のランナーが日本一周およそ8,000キロを6カ月間かけて、まえ向きに生きる人への思いをたすきでつなぎます。

■「みんなのMAEMUKI駅伝 2013」
9月30日から県内をリレー、国見町のJR貝田駅から郡山市の開成山公園まで(67.5キロ)の走る様子を紹介。この日は、一般ランナー14人が参加。
コースの途中、福島テレビの特別区間では福島のご当地キャラ、ふくたん、キビタン&チームキビタン、ももりんがタスキリレー。さらにこの日のゴールの郡山市 開成山公園では、真瑚ちゃん、がくとくん(郡山市)が参加しました。
10月17日 ゴールの東京に到着予定です。

中継 第38回 秋の北海道展

第38回 秋の北海道展 郡山市 うすい百貨店 10階催事場
10月2日(水)~10月16日(水)まで開催

●海鮮市場めし兆(札幌市) ご褒美弁当 1,785円 
                  海の幸を豪快に盛りつけ
●山丁長谷川商店(函館市) 甘塩たら子【100g 1,029円】
                   いくらの醤油漬【100g 1,365円】
                   辛子明太子【100g 1,029円】
●あすなろファーミング(十勝清水町) 夕張メロンソフト 351円
●鶏屋kenken(札幌市) 新登場 現場で実演
                 伊達鶏半身揚げ 1,260円
●コロッケ倶楽部(札幌市) 初登場 現場で実演
                  チーズフォンデュコロッケ 231円【1個 100g】
●ルタオ(小樽市) モンブランらテール 2,205円
            【1ホール 4号 各日50点限り】
●ロイズコンフェクト ポテトチップチョコレート 693円
               【新じゃが・各日 300個限定】

いい湯だな

秋の人事異動で延増アナから鈴木アナにバトンタッチ。第二代・温泉調査課副主任。鈴木康一郎(23)まずは、奥会津、柳津町・三島町そして金山町へ。

松葉屋商店 
河沼郡柳津町大字郷戸字居平丁272 
電話 0241-42-2179
無休
営業 6:30~20:00

老沢温泉旅館 
河沼郡柳津町大字五畳敷字老沢114 
電話 0241-43-2014
一泊8,650円~ 自炊の場合3,500円
日帰り入湯 400円(9:00~16:00) 泉質・塩化物泉 効能・喘息など

早戸温泉 つるの湯
大沼郡三島町大字早戸字湯ノ平888 
電話 0241-52-3324
日帰り入湯1回 500円(3時間) 1,000円(1日)
営業 9:00~20:00  
泉質・ナトリウム塩化物温泉 効能・外傷など

民宿たつみ荘 
電話 0241-56-4158 
あの大塩温泉は今も存在しているのだろうか。
昨年9月に放送。60年前に使っていた浴槽がでてきたとういうことで昨年9月に延増アナが訪れた。しかし、現在は川の底に。

そらなび

北海道の旅

富良野の食材をふんだんに使用し、カレーとオムライスを合わせた
新しいご当地グルメ「富良野オムカレー」を紹介。

【ちいさなログカフェ ふらわ】 
富良野市山部中町2-2
営業時間 夏期(4月~10月)10:30~18:30
       冬季(11月~3月)10:30~15:30
定休日 夏期(水曜日)・冬季(火曜・水曜日)
電話 090-6215-1953
    ※「富良野オムカレー」には6か条のルールがある。
富良野オムカレー 1,000円

自転車でGO!

自転車でGO!シーズンⅡ

今週はそば切りあなざわを出発したところからとなります。
今週も素敵な出会いに恵まれ、思わぬハプニングも起こります。いったいどんな旅になったのか?
「そば切りあなざわ」を出発。次の目的地は「美女池(びじょいけ)」静御前堂にあった地図に免許センターの近くに美女池があると描いてあったので、静御前つながりで訪ねることにしたらしい。美女池に向かう途中、郡山市立朝日が丘小学校の保護者から声をかけられる。藺草アナに「明日合唱の県大会に出場する子どもたちに激励をしてほしい」ということで、朝日が丘小学校に来てほしいと頼まれる。せっかくなので学校に連絡を取ってもらい、訪ねようと思ったら、「大会前日なのでゆっくり練習したい後日ならいつでもOKなのだが・・・」と、学校側から断られる。
免許センターを目印にして「美女池」を探すしかし行き止まりに・・・
地図で場所を確認すると、すぐ近くに美女池があることが判明。地図を見ている藺草アナとスタッフを遠くから双眼鏡で見ているおじさんを発見。何をしているのか気になるので話しかけてみると・・・。南川放水路に住んでいるという飛べない白鳥の様子を見に来たという。午前中の豪雨で方水路のせき止めていた水を放水したと言う情報が小豆畑さんに入り、白鳥が流されてしまったのではないかと探しに来た。その白鳥には、地域の人たちがパンの耳などのえさをやってかわいがっているという。白鳥の名前をたずねると「特に無いが、呼ぶときにポッポッポと呼んでいる」という・・・それってハトじゃないの・・・?藺草アナも一緒に白鳥を呼んでみることにする
すると小豆畑さんの声に反応して白鳥が現れた、その白鳥とは、実はアヒルだった。

月別アーカイブ

番組のトップへ戻る

過去の放送内容

月別アーカイブ

自転車でGO!イメージソング

「福島の人」唄:今西太一

作詞:藺草英己・今西太一 作曲:今西太一

MP3ダウンロードMP3ダウンロード

「あの町へGO!」唄:今西太一

MP3ダウンロード

作詞:カメラマンさん
作曲:今西太一

ページの先頭へ