福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

サタふく

番組のトップへ戻る

月別アーカイブ

放送の内容

サタらぼ

RiKaちゃんが1日書店ガールになってきた!
14日から放送が始まった「戦う!書店ガール」。
実際に書店ガールを体験して、さらにドラマを楽しもう!

岩瀬書店 中合店
電話 024-521-3022
営業時間 10:00~19:30
定休 無休

ふくしま調査隊

ふくしま調査隊

「ふくしまからはじめよう! 首都圏消費者交流ツアー」
日時 3月28日~29日   参加人数40人 
・第1回は平成26年8月開催 今回は5回目。

○食の安全講座(郡山市 ホテル華の湯)
 食と放射能の関係をテーマに講演。
 ※ホテル華の湯  
 電話 024-984-2222  
 無休

○農家見学(郡山市 空ちゃん農園)
 低農薬にこだわった栽培方法や放射能検査について説明。
 電話 024-946-2780  
 無休

○昼食 (猪苗代町 いわはし館)  
 祝言そば 1,350円  営 11:00~15:30  
 無休
 ※12~3月 14:30 
 休 水曜日 
 電話 0242-72-0212

○酒蔵見学(会津若松市 末廣酒造)
 営 9:00~17:00  
 電話 0242-27-0002

○鶴ヶ城見学
 営 8:00~17:00 ※入場 16:30まで
 電話 0242-27-4005  
 無休

いい湯だな!

今回は温泉調査副主任 鈴木康一郎が湯野上温泉を調査してきました。

湯野上温泉駅の「親子地蔵の湯」で甘酒をいただく
・甘酒 100円
湯野上温泉駅の近くにある「小林商店」ご主人に絶景スポットを教わる

●「食の郷あいづの」
南会津郡下郷町大字湯野上字大島乙82-2
電話 0241-68-2822 
定休日 水曜日
会津地どりとキャベツの田舎煮込み 700円
※DC期間中ランチを注文すると「こづゆ」または
「つむじかり」をサービス

●「温泉民宿 赤ひげ」
南会津郡下郷町大字湯野上字居平乙778-1
電話  0241-68-2106  
無休
奥さん自慢のギョーザをいただく

●「民宿 すずき屋」
南会津郡下郷町大字湯野上字居平乙796
電話 0241-68-2408  
不定休
・砂ゆっこ風呂 1,500円 ※予約が必要
 岩を細かく砕いたサラサラの砂を敷き詰めた砂風呂
・露天風呂(日帰り入浴) 500円
 露天風呂が屋上にある景色を堪能しながら入浴できる

中継

樹齢推定1000年。国の天然記念物。日本三大巨桜の一つ、三春滝桜

三春滝桜
 観桜料 一人 300円
 観桜料と出店は26日まで。
 ※桜の開花状況により変動あり

そらなび

小樽市

◎滝波商店 
小樽市稲穂3丁目10番16号(小樽駅前『三角市場内』)
電話 0134-23-1426 
8:00~17:00   
休み 1/1のみ

◎滝波食堂(滝波商店の向かいにある食事処)
・元祖!わがまま丼・・・自分の好きなネタを3~4品選んで、ご飯の量も選べる丼(味噌汁付)
ネタ3品 普通1,800円 小1,500円  
ネタ4品 普通2,300円 小2,000円
・漁師のカニ汁 単品300円(定食、丼物にプラス200円で変更できる)
※朝8時から営業しているので、ちょっと贅沢な朝食にぴったり!

自転車でGO!

自転車でGO!シーズンⅡ

八槻都々古別(やつきつつこわけ)神社に到着した藺草アナ
楽長(がくちょう)の武さんのお宅に向かおうとするが、「お宅の場所は分かっているの?」というプロデューサーの問いに「わからない...」
なので、神社の看板情報をお伝えすることに
看板の前で情報を伝えているところに、なんと武駒のご主人武祥美(よしみ)さんが現れ、家一(いえくに)さんのお宅まで案内していただく
無事に家一さんのお宅に到着、再会を果たす
机の上に御田植(おたうえさい)や神楽で使うお面や楽器を並べていただきお話を聞くことに
家一さんからそれぞれのお面について説明を受ける
17種類のお面(日本武尊や恵比寿、大黒天、天弧など演目によって使い分ける)と獅子頭のような八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を見せてもらう
家一さんに「お面は、動きをつけることによって生きてくる」と教えてもらう、それは、角度や向きによって、お面の表情に変化が生まれることだった
すべての演目を演じることができる楽人は、12~13人のなかで2~3人しかいないとのことだった
続いて横笛に興味を持った藺草アナ
吹いてみるが、さすがに音が出ない

御田植祭...
八槻都々古別神社で、毎年旧正月の6日に奉納される。国の重要無形民俗文化財に指定されている。
豊作を祈って神楽などを奉納するこのお祭りは、神社の拝殿において、稲作の様子がユーモラスな舞と掛け合いにより演じられる。
「御田植祭」の始まりは、その形態から室町時代以前にさかのぼると思われ、およそ400年続く伝統行事。
さらに八槻都々古別神社には、「七座の神楽(しちざのかぐら)」と「太々神楽(だいだいかぐら)」があり県の重要無形民俗文化財に指定されている。この2つの神楽の演目は合わせて43にもなり、すべてを演じると3日間かかるといわれている。
家一さんは、すべての演目を覚えるのに20年かかると話している

エンディング曲

今月のエンディング曲 NO.6(シックス)『NEGAI』

月別アーカイブ

番組のトップへ戻る

過去の放送内容

月別アーカイブ

自転車でGO!イメージソング

「福島の人」唄:今西太一

作詞:藺草英己・今西太一 作曲:今西太一

MP3ダウンロードMP3ダウンロード

「あの町へGO!」唄:今西太一

MP3ダウンロード

作詞:カメラマンさん
作曲:今西太一

ページの先頭へ