福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

サタふく

番組のトップへ戻る

月別アーカイブ

放送の内容

サタらぼ

この夏お薦めなのが、アウトレットモールでのお買い物
お隣、栃木県の那須ガーデンアウトレットを紹介!

・那須ガーデンアウトレット
〒329-3122 栃木県那須塩原市塩野崎184-7 
電話 0287-65-4999
営業時間 10:00~20:00(9月末まで) 年中無休

150以上のショップが入っている那須ガーデンアウトレット
現在、7周年記念のセールを行っている
東北自動車道・黒磯板室インターをおりてすぐ、
東北新幹線の那須塩原駅からは無料のシャトルバスがでている

・パル コレクション 那須ガーデンアウトレット店
バッグ・財布等小物を中心に販売
電話 0287-74-2510

・ダブルクローゼット
服・靴など
電話 0287-74-6163

ふくしま調査隊

ふくしま調査隊

県内で行われた、福島復興再エネツアーを調査!

○福島復興再エネツアー
「再生可能エネルギー先駆けの地」を目指す福島を全国の学生に理解してもらうために開催したツアー。大学生、高等専門学生、大学院生など25人が参加。1泊2日で再生可能エネルギー施設や被災地を巡った。

○滝根小白井ウインドファーム(田村市) 風力発電所を見学

○日本大学工学部(郡山市) ロハスの家を見学
LOHAS=健康で持続可能な生活スタイルという英語の頭文字
太陽光・風力・地中熱などの再生可能エネルギーの研究をしている建物を見学

○第2回福島県再生可能エネルギー普及アイデアコンテスト(福島市)
再生可能エネルギーを普及させていくためのアイデアを福島県に提案するコンテスト、ツアーの日に表彰式と受賞者の発表がおこなわれた

くーちゃんの旬だ!春夏秋冬 その1

夏編第二弾!
北塩原村で夏の風物詩ジュンサイを味わってきました!

【桧原西湖畔オートキャンプ場】
耶麻郡北塩原村大字桧原黄連沢山1157-31
電話 0241-33-2288
営業 6:00~16:00 無休
・手漕ぎボート+ハンドコン 一日5,000円

『北塩原村のジュンサイ農家 黒澤俊光さんの沼でジュンサイの収穫体験』

【ジュンサイ】
スイレン科で多年生の水生植物。まわりを覆うぬめりは新芽を守るためのもの。赤く小さいものはジュンサイの花のつぼみ。花は8月上旬ごろに咲き乱れる。北塩原村のジュンサイのうまさの秘密は涼しい気候とキレイな雪解け水。ぬめりが他の地域よりも多く、食感が良い。

【ジュンサイ摘み取り体験】
裏磐梯エコツーリズム協会
電話 080-2827-1687
中学生以上(小学生は要相談)
10:00~12:00の間で一時間程度
・料金 1,600円(ジュンサイのお土産付き)
※前日の21時までに予約

ジュンサイの旬は8月いっぱい
裏磐梯物産館で買うことができる
300g 1,000~1,300円くらい

くーちゃんの旬だ!春夏秋冬 その2

【会津若松市内で日本料理店を営む黒澤さんに料理をふるまっていただく】
・通常ジュンサイは、湯がいてから調理するが、今回は摘みたてのジュンサイを生でいただく
・会津伝統野菜余蒔きゅうり素麺
・柚香酢ゼリー
・会津産玉葱とじゅんさいの天丼

【ホタルロードの見学】
ホタルを見てもらいたいという思いから夏限定夜間のみ
自宅の庭を一般開放している
電話 0241-32-2349(裏磐梯観光協会)

そらなび

大阪編

今回は生命の不思議、そして素晴らしさを感じることができる
世界最大級の水族館「海遊館」の紹介

「海遊館」
大阪市港区海岸通1-1-10
■営業時間 9:30~20:00  
        ※イベント・季節・曜日により変更あり
■休 年内無休
■入館料 おとな;2,300円 
      小・中学生;1,200円 4歳以上;600円
■電話 06-6576-5501

太平洋水槽をはじめとする14の展示水槽を備え約620種3万ほどの海の生き物に会える
海遊館の水槽は、水面・水中・海底の様子を見ることができるのが特徴

自転車でGO!

自転車でGO!シーズンⅡ 棚倉町の旅 その1

この日のスタート地点、棚倉町役場の駐車場でもはや準レギュラーとなった金沢さんから教えてもらったのは...
「すだち」という直売所におもしろい人がいる、という情報と、県南唯一のボウリング場「棚倉アローボウル」でイベントをやっている
というものだった
光明そばの店長から、すだちとアローボウルの場所を教えてもらい出発する

光明そばを出発して「すだち」へ
撮影をお願いするために店内に入ると店長の芳賀牧子さんが対応してくれた
「おもしろい人がいると聞いたのですが?」とたずねると...
どうやらご芳賀さん本人のことだった
せっかくなので芳賀さんに店の中を案内してもらうことに

田舎 すだち
電話 0247-33-6160
営業時間 9:30~18:00

自転車でGO!

自転車でGO!シーズンⅡ 棚倉町の旅 その2

次に向かったのは「棚倉アローボウル」
自転車をこぎながらまたまた「土地鑑がある」と言い切る藺草アナだったが...
アローボウルに到着、店内に入ると社長の阿久津富夫さんが対応してくれた
藺草アナがこれまでの経緯を説明しようとすると、お店に電話があり「自転車でGO!が行って取材するようになるかも」と情報が入ったと伝えられる
恐るべし!棚倉町ネットワーク...
このときアローボウルでは年に一度のイベントを行っていて、イベント参加料を払ってボウリングをすると豪華景品が当たる!かもしれないとのこと
もちろん参加することに!

※棚倉アローボウリングでのイベントは終了しています

月別アーカイブ

番組のトップへ戻る

過去の放送内容

月別アーカイブ

自転車でGO!イメージソング

「福島の人」唄:今西太一

作詞:藺草英己・今西太一 作曲:今西太一

MP3ダウンロードMP3ダウンロード

「あの町へGO!」唄:今西太一

MP3ダウンロード

作詞:カメラマンさん
作曲:今西太一

ページの先頭へ