大雨と雷及びひょうに関する福島県気象情報

2024年07月11日 07時56分 福島地方気象台 発表

福島県では、これまでに降った雨により、地盤の緩んでいる所があります。また、11日は大気の状態が不安定となるため雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。

[気象概況]
梅雨前線が、華中から西日本、東北地方を通って日本の東にのびています。11日は、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定となる見込みです。
このため、福島県では、雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。雨雲が予想以上に発達した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。

[雨の実況]
降り始め(8日02時)から11日07時までの降水量(アメダスによる速報値)
  福島市鷲倉  141.0ミリ
  北塩原村桧原 129.0ミリ
  金山     115.5ミリ
  只見     115.5ミリ
  喜多方    111.5ミリ

[雨の予想]
11日に予想される1時間降水量は多い所で、
  中通り 30ミリ
  浜通り 30ミリ
  会津  30ミリ
11日9時から12日9時までに予想される24時間降水量は多い所で、
  中通り 60ミリ
  浜通り 60ミリ
  会津  60ミリ

[防災事項]
福島県では、これまでに降った雨により、地盤の緩んでいる所があります。11日夜遅くにかけて土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷や突風、ひょうによる農作物や農業施設等への被害に注意してください。

[補足事項]
今後発表する防災気象情報に留意してください。
土砂災害や浸水害、洪水害のキキクル(危険度分布)に関しては「気象庁ホームページ」などを確認してください。
これで、「大雨と雷及びひょうに関する福島県気象情報」は終了します。
このページに記載している気象庁等発表の情報は、気象庁から一定間隔で情報を取得し、福島県に関する情報のみを掲載しています。最新のニュース・気象情報・災害情報は、福島テレビの放送もあわせてご覧ください。