福テレ 福島テレビ

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

TOPICS

最新情報 /トピックス

2021.5. 8

会津若松市で22人・いわき市で13人 福島県で新たに69人新型コロナ感染 過去2番目の多さ

<阿部加奈子記者>
「青空が広がる絶好のお出かけ日和ですがきょうから緊急対策期間です。町の人は感染に気を付けないがら外出しています」
<市民は>
「消毒とかマスクの着用の仕方とか今までよりもこまめにやるとか」
「家内と買い物行くにしても他のショップいかないし食品関係も時間をずらして混まない時間」
「県外に遊びにいくことを予定していたんですが中止しました」
「(コロナ)前に近づく生活にするためにも、ひとりひとりもうちょっと頑張ってほしいなというか」
感染の急拡大をうけて県内の状況をステージ3に引き上げた福島県。
<内堀知事>
「自分自身の健康を守る自分の周りの大切な方の健康を守るために自分が何ができるかということをもう一回考えていただく大切な機会だと考えています」
5月8日から31日までを緊急特別対策期間として、県境をまたぐ移動や県内の感染拡大地域への往来の自粛を求めている。
県内では7日も69人の感染が確認され、今月に入っての感染者は377人と過去最多のペースで増えている。
こうしたなかいわき市では市民3000人を対象に無料でPCR検査を行うことを明らかにした。
<清水市長>
「今後の感染を早期に把握し、その拡大を出来る限り抑制する為、緊急的に期間限定で(PCR検査を)実施するものであります」
連休中に感染リスクを負い検査を希望する無症状の人を対象に完全予約制で5月10日から電話やインターネットで受け付ける。
1人1人が警戒レベルをもう一段階あげられるか、感染防止の正念場を迎えている。

ページの先頭へ