2022.5.24

新たに311人の感染を確認 郡山の医療機関など新たに7件のクラスターが発生

福島県は23日の検査結果などから新たに311人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

内訳は郡山市で55人・福島市で54人・いわき市で52人など31の市町村で計311人。
10日連続で前の週の同じ曜日を下回り、直近1週間では前の週よりも593人少なくなった。

一方、新たに7件のクラスターの発生が確認されている。
郡山市の医療機関でこれまでに14人の感染が確認されたほか、いわき市の高齢者施設と小学校、南相馬市では、中学校の部活動の練習試合により生徒22人と教職員1人の感染が判明している。

県内の医療機関には217人が入院し、病床使用率は29.2%となっている。
また入院を含む、宿泊施設や自宅など全ての療養者は県内で3899人に上る。

福島県は発熱やのどの痛みなど症状がある場合は、外出・出勤せずに早めの受診や不安を感じる場合は無料検査を活用するなど感染拡大防止に向けた対策の徹底を呼びかけている。