ニュース

間違って5歳未満に新型コロナワクチンを接種<名前確認を怠る>

福島県郡山市の医療機関が誤って5歳未満の子どもに新型コロナウイルスのワクチンを接種したことが分かった。

市によると、この子どもは今月13日、日本脳炎ワクチンを受けるため郡山市の医療機関を受診した。

しかし、新型コロナウイルスのワクチンを受けるため同行していた10歳未満の姉と医療機関が勘違いし、本来なら対象外のワクチンを接種してしまった。

接種の際に看護師は姉の名前を読んだが、保護者が5歳未満の妹を接種室に連れていってしまい、医師が名前の確認を怠ったことが原因。

子どもの体調に変化はないという。

市は市内の医療機関に氏名の確認の徹底など再発防止を呼びかけている。