ニュース

春の高校野球福島県大会が開幕 センバツ出場の只見が敗退(福島県)

14日、夏の前哨戦となる春の高校野球県大会が開幕し、熱戦が繰り広げられた。

春のセンバツで21世紀枠として甲子園初出場を果たした只見高校が東日本国際大昌平が対戦した。
初回から昌平に連打で2点を先制されると、3回表には昌平のエース・草野によって三者三振に。
その後、2点を追加され迎えた7回表、キャプテン・吉津の一振りで1点を返すも試合の流れをつかむことはできず、1対4で昌平に敗れた。

試合後、只見高校の酒井悠来投手は「夏はエースとしてふさわしいピッチャーになってしっかり甲子園にいくのが目標です」と語った。


決勝は5月22日に行われ、上位3校は6月7日から福島県内で開催される東北大会に出場する。