ニュース

兄とケンカになり「腹が立って刺した」《福島県郡山市・殺人未遂事件》容疑を殺人に切り替え送検へ

この事件は、6月23日午前1時すぎに福島県郡山市桑野2丁目のアパートで、同居する兄の首を刃物で刺した殺人未遂の疑いで鎌瀬重則容疑者が現行犯逮捕されたもの。
刺された兄の喜好さんは病院に運ばれたが、その後死亡した。

警察の調べに対し鎌瀬容疑者は、喜好さんとケンカになり「腹が立って刺した」などと話していることが分かった。

警察は容疑を殺人に切り替えて24日午後に鎌瀬容疑者の身柄を検察へ送り、さらに捜査を進めることにしている。