ニュース

朝は厳しい冷え込み 日中は気温上昇 3月下旬から4月並みの暖かさに《福島・2月13日》

2月13日朝、福島県内は厳しく冷え込んだが、日中は気温が上がって4月並みの暖かさとなる所もありそうだ。

福島テレビ・佐藤弘崇記者:「午前6時半の北塩原村です。この時間空気が非常に冷たく私も厚着をしているのですが、それ以上にチクチクと突き刺さるような寒さを感じます」

北塩原村桧原では、氷点下11.2℃まで気温が低下。空気中の水蒸気が凍って輝くダイヤモンドダストを撮影しようとカメラを構える人の姿が見られた。訪れた人は「期待しましたけどもう少し寒くならないと無いのかな」「(もし見れたら)天にも舞う気持ちですよね。なかなか撮ろうと思っても撮れる風景じゃないですから」と話していた。

気象庁によると、13日は暖かな空気が流れ込んで気温が上がる予報で、いわき市小名浜と相馬で16℃、福島市で15℃など3月下旬から4月並みの暖かさとなる予想。街の人たちは「暖かくなると聞いていたので脱げるようにと思っていち早く春を感じたいです」「まだ花粉症出ていないのでこれから・・気をつけてなるべくマスクをやって」と話していた。

あすは13日よりも気温が上がる予想で、季節外れの暖かさは15日まで続きそうだ。