ニュース

サクラ前線が福島市に! 信夫山のソメイヨシノが開花 去年より10日遅く 桃源郷「花見山」は春爛漫

本格的な春の到来だ。4月3日福島県福島市でついにソメイヨシノの開花が発表された。

3日午前10時。福島市の信夫山では、福島地方気象台の職員がソメイヨシノの標本木を観察していた。ほころびそうなつぼみも見えるが・・・福島地方気象台の担当者は「開花はちょっと、今回見送りで。(現在は4輪?)4輪ということで」
5~6輪以上花が咲いた状態という基準にはわずかに足りず、開花宣言はお預け。

そして気温が上がった午後。再び職員が観察を行う。大きくうなずき・・・
福島地方気象台・鳴海敏徳気象予報官:「本日、開花となります!」
ついに開花宣言!

福島テレビ・松山理穂アナウンサー:「先ほどソメイヨシノの開花宣言がありました。ここにも、上にも、そしてこんなに近い所にも福島に春の便りが届きました」

2023年より10日遅く、平年と比べて4日早い開花となった。順調に行けば、この週末が見ごろとなりそうだ。

そしてこちらはまさに春爛漫。
福島テレビ・佐藤弘崇記者:「日中の福島市は曇り空が広がっていますが、上着はいらないほど過ごしやすいあたたかさです。花見山のさくらも咲き始め、私たちの心を和ませます」

色とりどりの花が咲き誇る花見山。
一面に広がる菜の花や、濃いピンクのハナモモほかにも、トウカイザクラやヒガンザクラなどが見る人を魅了する。札幌から訪れた人は「レンギョウとコントラストが良くて、菜の花とも黄色とピンクがすごくきれいだなと思いました」と話す。
生まれて間もない赤ちゃんも初めてのサクラを楽しんでいた。宮城県から来た家族は「結構きょろきょろしながら興味深そうに見てたね」と赤ちゃんに話す。

今週末、福島県内は広い範囲で気温が上がる見込みで、絶好のお花見日和となりそうだ。