ニュース

中通りと浜通りで警報級の大雨の恐れ 雨のピークは28日夜 低い土地の浸水や河川の増水に警戒<福島県>

活発な前線が通過する影響で、福島県の中通りと浜通りでは警報級の大雨となるおそれがある。

5月28日の福島県内は朝から全域で雨となっていて、郡山市のJR郡山駅前では足早に通勤・通学する人などが目立った。街の人も「相当、心配ですね、今日の夜が。この辺は冠水するので、どうなるのかなっていうのが心配な所ですね」と話す。

気象庁によると、29日にかけて予想される1時間の降水量は、いずれも多い所で中通りと浜通りで40ミリ、会津で30ミリと予報されている。
中通りと浜通りでは、雷を伴った激しい雨が降り、警報級の大雨となる可能性がある。
雨のピークは午後9時過ぎからとみられていて、気象庁は低い土地の浸水や河川の増水に注意・警戒するように呼びかけている。