ニュース

メガソーラー建設現場から泥水流出問題 福島市がHPに特設ページ開設 市民から不安の声相次ぎ

メガソーラー建設現場からの泥水の流出問題を受けて、福島市はこれまでの経緯などをまとめた専用のウェブサイトを開設した。

福島市の先達山で工事が進むメガソーラーをめぐっては、6月2日の雨で仮設水路が詰まって、泥水が県道などに流れ込む問題が発生した。
福島市はこの問題について、市民からの不安の声が相次いでいるとして、ホームページ上に6月11日特設のページを開設。建設許可までの経過や災害を受けた対応状況、業者による原因分析や謝罪の文書などが掲載されている。

この問題をめぐり福島市は、開発許可を出した福島県に対し事業者への指導を申し入れていて、被害が続く場合には中止命令を出すよう要請する考えを示している。