アナウンサーアナウンサー日記

古賀ひかる

心待ちの授業のような研修

新人アナウンサーの古賀ひかるです。

きょうは私たちがずっと心待ちにしていた
気象予報士の斎藤さんの授業=研修がありました。

内容は天気ではなく、福島での災害について。

地震とはそもそも何なのか、東日本大震災の実情などを詳しく教えてもらいました。
中でも心に残っているのが、

「何百年もこの震災の経験を受け継いでいくため、まずは報道に携わっている私たちが伝えていくべき」

という斎藤さんの熱い言葉。

3.11当時、私は福岡に住む小学5年生でした。
災害について、まだまだ知らないことばかりです。
この福島でたくさん勉強し、自分の言葉で情報を発信していきます。

そして、皆さまの命を守る報道をお届けできるように頑張ります!
 

アーカイブ

最近の日記

アナウンサー動画