福テレ 福島テレビ

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

会社概要

放送番組審議会

■放送番組の種別の公表



第567回 福島テレビ 放送番組審議会

■日 時 2月24日(水) 午後2時30分~
■場 所  福島テレビ本社
■出席委員

[委員長] 高城 俊春
[副委員長] 須佐 由起子
[委 員] 石橋 史朗、佐藤 麻利子
     橋本 正典(リポート参加)

■欠席委員

[委 員] 阪路 雅之、関 奈央子、関根 一志

■会社側の
 出 席 者
代表取締役社長 横山 淳
専務取締役 成田 良洋
常務取締役 柿崎 浩一
常務取締役 黒川 和明
取締役報道局長 橋本 泉

編成制作局長 後藤 義典
経営管理局長 鈴木 延弘

[事務局] コンプライアンス室長 藺草 英己
    編成部長 菅野 隆宣
■議 事

1) 委員長あいさつ
2) 社長あいさつ
3) 「新型コロナウイルスに関する報道・放送」について
4) 事務局報告
  「視聴率調査状況」
  「2月の視聴者対応状況」
  「当面の番組」について
  「フジテレビ世論調査」BPO決定について

5) その他

■議事の概要 

福島テレビの第567回放送番組審議会は2月24日(水)に福島テレビ本社で開かれた。
はじめに横山社長が「13日に発生した最大震度6強の地震の際には速やかに報道特番を編成し、インターネット等でも積極的に情報を発信した。今後も培ってきた信頼に基づき、正確な情報を伝えていく。顔を伏せがちな昨今の状況だが、少しでも明るい話題を伝え、前に進むための元気をお届けしたい」と挨拶した。
今回は、「新型コロナウイルスに関する報道・放送」について、意見が交わされた。
委員からは「安心感や希望を持てるような報道の在り方にほっとさせられる」「地元の視聴者を意識し、生活に密着した情報発信を評価する」「県内5局共同キャンペーンの取組みは、局の垣根を超え力を合わせていくというメッセージに勇気づけられる」などの感想や、「ニュースの用語が難しくなりがちなので、注釈を付けるなどして、より分かりやすく、かみ砕いて伝えてほしい」「コロナの収束に向けて何が必要かを念頭に、当たり前のことであっても、繰り返し伝えてほしい」「地方の視点で、独自に掘り下げた内容を要望したい」などの意見が出された

  次回の放送番組審議会は3月24日(水)に福島テレビで開催予定。

ページの先頭へ