福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

会社概要

放送番組審議会

■放送番組の種別の公表



第547回 福島テレビ 放送番組審議会

■日 時 1月30日(水)午後2時30分~
■場 所 福島テレビ本社
■出席委員

[委員長] 高城 俊春
[副委員長] 須佐 由起子
[委 員] 小野 浩喜、阪路 雅之、若松 貴司
    関 奈央子、石橋 史朗

■欠席委員

[委 員] 川上 雅則

■会社側の出席者 代表取締役社長 森 洋一
専務取締役 吉井 啓一
専務取締役 長谷川 哲也
常務取締役 柿崎 浩一
取締役編成局長 矢部 久美子
取締役報道局長 橋本 泉
制作局長 後藤 義典

[事務局] 編成部長 菅野 隆宣
     編成部副部長 須田 浩元
■議 事 1) 委員長あいさつ  
2) 社長あいさつ
3) 番組合評 「福島テレビ開局55周年特別番組
         生でGO!GO!おかげさまで55周年」
         放送日時 2018年12月22日(土) 11:00~18:30
         制作部副部長 斎藤 宏一
4) 事務局報告 「視聴率調査状況」「12・1月の視聴者対応状況」
        「当面の番組」
■議事の概要 

 福島テレビの第547回放送番組審議会は1月30日(水)に福島テレビ本社で開かれた。はじめに森社長が、平成が終わり5月から新しい元号に切り替わるが福島テレビも4月1日から新社屋からの放送を開始するために、順次移転作業を進めているとの挨拶があった。

 番組合評では「福島テレビ開局55周年特別番組 生でGO!GO!おかげさまで55周年」について意見が交わされた。この番組は12月22日(土)に福島テレビで放送されたもので、15時から16時の競馬中継をのぞく11時から18時30分までの、のべ6時間30分の生放送番組。福島テレビを代表する「サタふく」と「FTVテレポートプラス」の2つの番組がタッグを組んで、福島の歴史や魅力を再発見するコーナーや、伊藤アナウンサーが55キロマラソンに挑戦する生放送ならではのチャレンジ企画が放送された。

 委員からは「新社屋の、真新しいスタジオからのオープニングは、番組と福島テレビの "これから" を感じさせる良い演出だった」、「出演者が豪華でバラエティに富んでおり、楽しさが伝わった」、「民謡・会津磐梯山の秘密や、只見町のビーチバレーコートなど、福島の知られざる情報が面白かった」などの感想や「中通りや会津地方に対して浜通りの取り上げ方が薄いように感じた」、「"550メートルの旅" は番組内で完結させてほしかった」「55メートルのストローと電車の対決は、わざと野村さんに勝たせたように見えた」などの意見が出された。

※次回の放送番組審議会は、2月27日(水)に福島テレビ本社で開催される。

ページの先頭へ