福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

会社概要

放送番組審議会

■放送番組の種別の公表



第535回 福島テレビ 放送番組審議会

■日 時 2017年10月25日(水)午後2時30分~
■場 所 福島テレビ本社
■出席委員

[委員長] 高城 俊春
[副委員長] 須佐 由起子
[委 員] 小野 浩喜、阪路 雅之、若松 貴司
    関 奈央子、石橋 史朗
    川上 雅則(レポート参加)

■会社側の出席者 代表取締役社長 森 洋一
専務取締役 吉井 啓一
専務取締役 長谷川 哲也
常務取締役 柿崎 浩一
取締役編成局長 矢部 久美子
報道局長 橋本 泉
制作局長 後藤 義典

[事務局] 
編成部長 瀧田 雅弘
編成部副部長 須田 浩元
■議 事 1) 委員長あいさつ  
2) 社長あいさつ
3) 番組合評
    「 今よみがえる版画魂 ~斎藤清生誕110年~ 」
       放送日時 2017年10月7日(土) 14:00~14:30
       ディレクター 福島映像企画 早水楼蘭
4) 事務局報告
   「視聴率調査状況」、「10月の視聴者対応状況」
   「当面の番組」について
■議事の概要 

 福島テレビの第535回放送番組審議会は10月25日(水)に福島テレビ本社で開かれた。はじめに森社長が11月12日に開催される東日本女子駅伝について「世界陸上マラソン代表の安藤友香選手や清田真央選手のエントリーもあり、33回を迎える今大会も熱き闘いが期待される」とあいさつした。

 番組合評では「今よみがえる版画魂~斎藤清生誕110年~」について意見が交わされた。この番組は、会津坂下町出身の世界的版画家・斎藤清の生誕110年、没後20年の節目の年を迎え、彼の足跡をあらためて追ったもの。福島テレビが所有する生前のインタビューや制作風景を交えながら、その人柄や作品、そして作品に込められた思いを紹介した。

 委員からは「継続して取材していたインタビューは作家の人柄がわかる貴重な資料」「絶えず新しいものに挑戦する生き様が伝わった」「作品と実際の風景を対比が良かった」「刷り方の技法の説明で、より作品に興味がわいた」「作品、解説、インタビューなど構成のバランスが良かった」といった感想のほか、「家族、性格などもっと作家のプライベートも知りたい」「会津坂下町、柳津町などは地図スーパーがあったほうが良いのでは」などの意見、要望も出された。

※次回の放送番組審議会は11月29日(水)に福島市のザ・セレクトン福島で開かれる。で開かれる。

ページの先頭へ