福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

会社概要

放送番組審議会

■放送番組の種別の公表



第541回 福島テレビ 放送番組審議会

■日 時 5月30日(水)午後2時30分~
■場 所 福島テレビ本社
■出席委員

[委員長] 高城 俊春
[副委員長] 須佐 由起子
[委 員] 小野 浩喜、阪路 雅之、若松 貴司
     関 奈央子、石橋 史朗

■欠席委員

[委 員] 川上 雅則

■会社側の出席者 代表取締役社長 森 洋一
専務取締役 吉井 啓一
専務取締役 長谷川 哲也
常務取締役 柿崎 浩一
取締役編成局長 矢部 久美子
報道局長 橋本 泉
制作局長 後藤 義典

[事務局] 編成部長 瀧田 雅弘
     編成部副部長 須田 浩元
■議 事 1) 委員長あいさつ  
2) 社長あいさつ
3) 番組合評
   「 福歌丸presentsフェスで地元を盛り上げよう!
      おと酔いウォーク飯坂温泉街の挑戦 」
    放送日時 2018年4月30日(月・祝) 14:55~15:50
    制作局長 後藤 義典
) 事務局報告
  「視聴率調査状況」「5月の視聴者対応状況」「当面の番組」について
■議事の概要 

 福島テレビの第541回放送番組審議会は5月30日(水)に福島テレビ本社で開かれた。はじめに森社長が昨年度の決算報告に触れ、減収減益の厳しい結果で、ローカルテレビ局はこれからも厳しい状況が続くが、県民の期待に応えられるよう努める所存とあいさつした。 番組合評では「福歌丸presentsフェスで地元を盛り上げよう!おと酔いウォーク飯坂温泉街の挑戦」について意見が交わされた。この番組は、福島市の飯坂温泉街で毎年3月に開催されている音楽イベント「おと酔いウォーク」を取り上げたもの。

 このイベントの魅力は温泉宿やお寺、喫茶店など普段はライブをやらないような場所でアーティストが音を奏でること。2012年に、東日本大震災の影響で遠のいた客足を呼び戻そうと始まった。企画PRで奔走する飯坂観光協会の安斎忠幸さん。そして毎年出演する菅野めぐみさんをはじめとしたアーティストのみなさん。それぞれが胸に秘めた熱い思いを伝えた。

 委員からは「イベントに関わった方々の熱い思いが伝わった」「音楽番組の枠にとらわれず、ドキュメンタリーとして幅広い年代層が見られたのではないか」「ミュージシャンと観客が一体になって楽しんでいる姿が描けていた」「アーティスト同士が談笑する姿など、普段見ることのできないシーンが見られた」などの感想や「イベントの規模感がわからなかった」「イベントを応援する番組ならイベント情報をもっと出すべき」「音楽の部分は描けていたが、再生・復興などの挑戦の掘り下げが十分ではなかった」などの意見も出された。

※次回の放送番組審議会は6月27日(水)に福島テレビ本社で開催される。で開かれる。

ページの先頭へ