福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

会社概要

放送番組審議会

■放送番組の種別の公表



第539回 福島テレビ 放送番組審議会

■日 時 2018年3月28日(水)午後2時30分~
■場 所 福島テレビ本社
■出席委員

[委員長] 高城 俊春
[副委員長] 須佐 由起子
[委 員] 小野 浩喜、阪路 雅之、若松 貴司
     関 奈央子、石橋 史朗

■欠席委員

[委 員] 川上 雅則

■会社側の出席者 代表取締役社長 森 洋一
専務取締役 吉井 啓一
専務取締役 長谷川 哲也
常務取締役 柿崎 浩一
取締役編成局長 矢部 久美子
制作局長 後藤 義典

[事務局] 編成部長 瀧田 雅弘
     編成部副部長 須田 浩元
■議 事 1) 委員長あいさつ  
2) 社長あいさつ
3) 番組合評
  「 セキガハラ!!偉人の子孫ハッケン旅 」
    放送日時 2018年3月2日(金) 19:00~19:57
    ディレクター 制作局制作部 斎藤宏一
4) 事務局報告
   「視聴率調査状況」、「3月の視聴者対応状況」、「4月改編と当面の番組」について
■議事の概要 

 福島テレビの第539回放送番組審議会は3月28日(水)に福島テレビ本社で開かれた。はじめに森社長が4月改編ではじまる夕方ニュース「FTVテレポートプラス」について触れ、県民に長らく親しまれたタイトルの復活で、ますます皆さんに愛される報道番組となれるように期待しているとあいさつした。

 番組合評では「セキガハラ!!偉人の子孫ハッケン旅」について意見が交わされた。この番組は、福島テレビ開局55周年記念特別番組として制作・放送したもの。
歴史を彩った偉人たちの子孫はどんな人で、今どこで何をしているのか?日本史の中でも特筆すべき「関ヶ原の戦い」「明治維新」をテーマに、そこで活躍した偉人たちの子孫を、西軍・東軍に分かれ、日本各地で大捜索。そこには時を超えた意外な!?出会いや結末も。日本中を股にかけた歴史バラエティ。

 委員からは「歴史ものをうまくバラエティにしていた」「企画が良く、タイトルで興味を引き付けられた」「子孫の皆さんの紹介で歴史上の人物が身近になった」「タレントはメジャー感があり、取材先も北海道から鹿児島までと豪華だった」「銀河万象さんのナレーションで番組が締まった」といった感想のほか、「詰め込み過ぎで窮屈な番組だった」「もう少し歴史上の人物の時代背景、説明が必要だった」「数を集める番組になり深掘りできていない」「子孫だから知っている秘話を語ってもらいたかった」「戊辰150年なのに福島ゆかりの人物がいないことに不満を持った」などの意見、要望も出された。

※次回の放送番組審議会は4月25日(水)に福島テレビ本社で開催される。で開かれる。

ページの先頭へ