福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

会社概要

放送番組審議会

■放送番組の種別の公表



第543回 福島テレビ 放送番組審議会

■日 時 7月25日(水)午後4時~
■場 所 ホテルハマツ(郡山市)
■出席委員

[委員長] 高城 俊春
[副委員長] 須佐 由起子
[委 員] 小野 浩喜、阪路 雅之、若松 貴司、関 奈央子

■欠席委員

[委 員] 川上 雅則、石橋 史朗

■会社側の出席者 代表取締役社長 森 洋一
専務取締役 吉井 啓一
専務取締役 長谷川 哲也
常務取締役 柿崎 浩一
取締役編成局長 矢部 久美子
取締役報道局長 橋本 泉
制作局長 後藤 義典

[事務局] 編成部長 瀧田 雅弘
     編成部副部長 須田 浩元
■議 事 1) 委員長あいさつ  
2) 社長あいさつ
3) 事務局報告
  「視聴率調査状況」「7月の視聴者対応状況」「当面の番組」について

4) 特別講演 
  「現在そしてこれからの視聴率調査について」
   株式会社ビデオリサーチ ネットワーク業務局長 和田瑞枝 様
■議事の概要 

 福島テレビの第543回放送番組審議会は7月25日(水)にホテルハマツで開かれた。はじめに森社長が先日西日本各地で見舞われた平成30年7月豪雨災害について触れ、命を守る報道とはどうあるべきか、防災報道とはどうあるべきか、向き合っていきたいと挨拶した。

 続いて事務局から最近の「視聴率状況」や「視聴者対応状況」、「当面の主な番組」について説明がされた。

 その後特別講演が行われ、ビデオリサーチの和田瑞枝ネットワーク業務局長が「現在そしてこれからの視聴率調査について」と題し、これまでのテレビ視聴率の計測方法や関東ではすでに導入が開始された『新視聴率指標P+C7』が導入された背景について解説、テレビが持つ絶対的なメディア力を説明するにはデータが不足しており過小評価されていると講演した。

※次回の放送番組審議会は9月19日(水)にホテルハマツで開催される。

ページの先頭へ