福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

会社概要

放送番組審議会

■放送番組の種別の公表



第546回 福島テレビ 放送番組審議会

■日 時 11月28日(水)午後4時~
■場 所 福島テレビ本社
■出席委員

[委員長] 高城 俊春
[副委員長] 須佐 由起子
[委 員] 小野 浩喜、阪路 雅之、若松 貴司
    関 奈央子、石橋 史朗

■欠席委員

[委 員] 川上 雅則

■会社側の出席者 代表取締役社長 森 洋一
専務取締役 吉井 啓一
専務取締役 長谷川 哲也
常務取締役 柿崎 浩一
取締役編成局長 矢部 久美子
取締役報道局長 橋本 泉
制作局長 後藤 義典

[事務局] 編成部長 瀧田 雅弘
     編成部副部長 須田 浩元
■議 事 1) 委員長あいさつ  
2) 社長あいさつ
3) 番組合評「 FNSソフト工場バンザイ!クセモンショー 」
        放送日時 2018年6月22日(土) 19:00~19:57
        制作部長 藺草 英己
4) 事務局報告「視聴率調査状況」「11月の視聴者対応状況」
       「当面の番組」
■議事の概要 

 福島テレビの第546回放送番組審議会は11月28日(水)に福島テレビ本社で開かれた。はじめに森社長が11日に開催され好レースとなった東日本女子駅伝について触れ、活躍した東京の新谷仁美選手はじめ、東日本女子駅伝に参加した多くの若手アスリートが東京オリンピックで活躍してほしい、これからも育成をテーマに駅伝を続けていきたいと話した。
 番組合評では「FNSソフト工場バンザイ!クセモンショー」について意見が交わされた。この番組は6月22日(土)に福島テレビで放送、その後全国で放送されたもの。FNSソフト工場は、FNS各局の制作力向上と人材育成を目的に行われており、各ブロックの企画選考を通過した放送局が制作を行う。この作品は北海道・東北ブロックで企画1位となり、制作の権利を獲得した。
 増え続ける外国人観光客。ベタな日本観光には飽き足らず、よりディープなスポットに興味が広がっているとか。海外には日本人も知らないような文化や風習を巡る旅番組もあるらしい...!?「クセのある日本の古き良き魅力」を伝える人をポケモンならぬ「クセモン」と呼び、外国人リポーターが取材・紹介する。海外番組の体裁で送る、日本人が忘れかけた日本の魅力に気が付ける?バラエティ。
 委員からは「外国の番組の体裁が新鮮かつチャレンジング」「インバウンドや外国人労働者問題などがある中で時流に合った番組」「司会の外国人とバイキングのやり取りが漫才のようで当意即妙」などの感想や「シュールに楽しむ番組としては良いが、バカバカしいネタで日本の良さは伝わってこない」「同時通訳の日本語訳の声と外国人の声が重なって聞き取りずらかった」「カフェオレをつくる際にコーヒーとミルクを直接口にそそぐのは危険で真似をしないように但し書きが必要だった」などの意見や「インバウンド狙いならアジア人のリポーターがいても良かった」「世界では変わっていても日本では常識的な日本の良いところを紹介する番組を作って欲しい」などの要望が出された。

※次回の放送番組審議会は2019年1月30日(水)に福島テレビ本社で開催される。

ページの先頭へ