福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

Webオリジナル

FTVへようこそ!

2017.10. 4

白河戊辰150周年記念事業

白河市の圓谷光昭副市長と藤田光徳市長公室長、邊見正則文化振興課長、金沢富士子戊辰150周年記念事業実行委員会事務局長が「白河戊辰150周年記念事業」のPRのため、福島テレビ本社を訪れました。
来年は戊辰戦争から150年の節目を迎えます。この機会に、戊辰戦争における白河の地の歴史的意義の再検証と、先人の功績を学び、戊辰戦争のゆかりの地との交流を深め、白河の貴重な歴史・文化の発信を行い地域貢献に寄与します。
まず今年の10月25日(水)、元NHKアナウンサーの松平定知氏に「戊辰戦争の意義」についてご講演頂きます。さらに、来年度にかけて様々な記念事業を実施して参ります。「戊辰戦争歴史探索ツアー」なども実施しますので、奮ってご参加下さい。
「白河戊辰150周年記念事業」についてのお問合せは、白河市文化振興課(白河戊辰150周年記念事業実行委員会事務局)金沢さんに

電話 0248-22-1111(内線2388)


2017.10. 3

「コスキン・エン・ハポン2017」開催!

川俣町の秋の風物詩ともいえる、国内最大の中南米音楽祭「コスキン・エン・ハポン」が10月7日(土)から3日間開催されます。

イベントPRのため川俣町佐藤町長をはじめ、関係者3名がご来社されました。
昭和50年から始まったこの音楽祭は今年で43回目を迎え、今年も全国各地から参加者が集まります。
川俣町中央公民館をメイン会場とし、そのほか3か所のサブステージでもコンサートが行われ、町全体がお祭りムードに包まれます。
イベント初日にはコスキンパレードを予定しており、どなたでも参加することができます。
「芸術の秋」に異国情緒漂う川俣町に足を運んでみてはいかがでしょうか?

コスキン・エン・ハポン2017 
会場 川俣町中央公民館
期間 10月7日(土)~10月9日(月)※入場無料


2017.9.28

第63回 菊の祭典 二本松の菊人形

第63回 二本松の菊人形が10月14日(土)から1か月余りの間開催されます。この日はPRのため、新野二本松市長、菊むすめの加藤里奈さん、室野井優希さん、佐藤和佳奈さんがご来社されました。

今年のテーマは「EDO TRIP ~菊花繚乱! 徳川時代絵巻~」です。
会場には、大奥や歌舞伎をモチーフにした菊人形ゾーンや動物ふれあいコーナー、福島大学とのコラボレーションをしたゾーンも展開される予定です。

ぜひこの機会に、"芸術の秋" を感じに二本松の菊人形へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

第63回 二本松の菊人形 
開催日程
 10月14日~11月23日
会場 福島県立霞ヶ城公園  


2017.9.27

田村 キラキラまつり 2017

一般社団法人 田村青年会議所 主催で「田村 キラキラまつり 2017」が10月7日 田村市総合体育館にて行われます。
田村圏に子どもたちが遊ぶ屋内施設が少ないことから、将来田村圏にあってほしいと思う子ども向けの屋内施設を再現した入場無料のイベントになります。
子どもたちの大好きなおもちゃや絵本などを使ったワークショップで子どもたち自身が頭と体を使い何かを作り出す時のワクワク感を感じられる場です。
内容としては、東大生によるレゴブロック教室、紙飛行機教室、絵本づくり体験、ミニ四駆製作・走行体験、親子ネイル体験、レゴブロック広場等開催されます。

日時 10月7日(土) 13:00~17:00
場所 田村市総合体育館(田村市船引町字遠表400)
主催・お問い合わせ 一般社団法人 田村青年会議所 TEL:0247-62-1250


2017.9.25

第5回 南相馬市鎮魂復興市民植樹祭 開催!

南相馬市鎮魂復興市民植樹祭のPRに南相馬市役所市民生活部の山田さんと、前田さんがFTV本社に来社されました。

南相馬市は、東日本大震災の津波により多くの尊い命が奪われ、海岸線は壊滅的な被害を受けました。
次の災害から命を守るため、その際に発生したがれき等を活用し、福島県が造成した海岸防災林帯に、市民やボランティア一人ひとりの思いや祈りを込めた植樹により、「鎮守の森」を築きます。

来年6月10日に南相馬市で開催される「第69回 全国植樹祭」に向け、盛り上げていきましょう!
どなたでも参加できますので、ご家族、ご友人お誘いあわせの上、是非会場に足をお運びください!

日時 10月14日(土) 12:00~15:00(11:00~受付開始) ※雨天決行・荒天中止
場所 福島県南相馬市原町区雫字南谷地地内
植樹本数 30,000本
募集人数 2500人
お申し込み 申込書に必要事項をご記入の上、持参・郵送・FAX・Eメール、いずれかの方法でお申込みください。
      ※当日の参加も可能です。

http://www.city.minamisoma.lg.jp/index.cfm/10,36807,148,html

持ち物 汚れてもよい服と靴、帽子、リュックサック、軍手、ハンドシャベル、雨具、タオル、飲み物
主催 南相馬市鎮魂復興市民植樹祭実行委員会
お問い合わせ 南相馬市生活環境課 
       TEL:0244-24-5231
       郵送:〒975-8686 南相馬市原町区本町2-27 南相馬市生活環境課
       FAX:0244-23-0311
       Eメール:seikatsukankyo@city.minamisoma.lg.jp


2017.9.21

奥会津 ごっつおまつり

10月21日(土)、22日(日)に金山町で開催される「奥会津 ごっつおまつり」のPRに金山町長谷川盛雄町長が福島テレビを訪れました。

「新そば」や「ヒメマス塩焼き」、「赤カボチャロール」など、奥会津のごちそう郷土料理が勢揃い!
また、只見線復旧決定を記念して、22日(日)16時30分~「庄野真代スペシャルコンサート」も開催します。入場は無料です。
両日とも、JR只見線臨時列車「風っこ只見線紅葉号」でも、会津中津川駅よりご来場いただけます。

日時 10月21日(土)10:00~15:00
     22日(日)10:00~16:00
会場 金山町中川 町民体育館周辺 
   ※コンサートは、町民体育館

併せて、源泉100%かけ流しの天然炭酸温泉と泉質の異なる2種類の温泉が楽しめる天然炭酸温泉「せせらぎ荘」にも、是非お立ち寄りください。

お問い合わせ 金山町役場復興観光課 TEL:0241-54-5327


2017.9.19

第22回 国見町 義経まつり開催

9月23日(木)に国見町で開催される「第22回 国見町 義経まつり」のPRに国見町 太田町長と実行委員会の皆様が福島テレビを訪れました。

悠久の時を重ねて、歴史を今に伝える「義経まつり」が9月23日、源義経にまつわる伝説が数多く残る国見町で開催されます。
今年の義経公役にはテレビ等で活躍中の「西銘 駿」さんが参加します。源義経や静御前、武蔵野坊弁慶など100名以上が参加する「義経公行列」は圧巻です。義経気分で当時のドラマに浸ってみてはいかがでしょうか。
当日は会場となる藤田商店街と観月台文化センターでは、飲食ブースや特設ステージなど、みんなで楽しめるイベントが盛りだくさん!静御前役を当日に決定する「義経公争奪!静かなる戦い。」も開催。
今年は5月に開業した道の駅国見「あつかしの郷」でもパチッコリンのお笑いライブなどイベントを開催します!

是非ご家族・ご友人みなさんでお出かけください。

日時 9月23日(土・祝)10:00~
会場 国見町観月台文化センターおよび藤田商店街、道の駅国見「あつかしの郷」
主催 国見町義経まつり実行委員会
お問い合わせ 国見町企画情報課総合政策室 TEL:024-585-2217


2017.9.14

第27回 国際交流フェスティバル 「THE 祭りIN飯坂」

飯坂ロータリークラブの皆さんが「第27回 国際交流フェスティバル『THE 祭りIN飯坂』」PRのため来社されました。

福島市飯坂町では、10月6日(金)から3日間、勇壮な祭りでしられる「飯坂けんか祭り」が開催されます。
その内10月7日(土)には、福島市内や近郊に在住している外国人に参加していただき、神輿を担いで飯坂温泉街などを練り歩きながら日本の伝統文化に触れてもらうフェスティバルも行われます。
終了後には穴原温泉「吉川屋」での慰労会も開かれます。

飯坂ロータリークラブでは参加者を募集中。

お問い合わせは下記のところまで。
飯坂ロータリークラブ 会員 佐藤喜市郎様(携帯090-7330-0152)


2017.9.13

「第10回 湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン」開催

11月5日(日)に開催される「第10回 湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン」のPRのため、実行委員会の飯坂温泉観光協会・畠隆章会長、また特別協賛社の日本航空東北地域活性化推進室から小林千秋さん、安田勝広さんがFTVを訪れました。

今年で第10回目を迎える茂庭っ湖マラソンは、茂庭の湯駐車場をスタートとし、摺上川に沿って往復するマラソンコースとなっています。マラソンが開催される11月上旬には、紅葉を楽しむことができ、摺上川と紅葉のコントラストが大変評判です。

さわやかな秋風と雄大な景色、華やかな紅葉を楽しみながらゴールを目指してみませんか?
エントリーは9月20日まで受付中です。詳しくは「湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン」公式サイトをご確認ください。


「湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン」公式サイト
http://iizaka.kilo.jp/


2017.9.12

赤い羽根共同募金
「あったかい みんなのおもい あかいはね」

福島県共同募金会の皆川常務理事と塩谷さんが10月からはじまる「赤い羽根共同募金」PRのために福島テレビを訪れました。
「赤い羽根共同募金」は都道府県ごとに使われる募金で、集まった寄付金は県内で民間の社会福祉の資金として幅広く使われています。また使いみちを事前に決めて寄付を集める計画募金で、目標額を定めて呼びかけているものです。詳しくはホームページでご確認ください。

期間 10月1日~3月31日
スローガン あったかい みんなのおもい あかいはね
ホームページ 福島県共同募金会
       http://www.akaihane-fukushima.or.jp/


2017.9. 1

SATOワールドウォッチフェアin福島

「2017 SATOワールドウォッチフェアin福島」の開催のPRにサトウ時計店の岡部常務、渡部店長が
FTVに来社されました。
9月9日(土)、10日(日)の2日間、福島市鎌田の卸町会館にて開催。
「Cartier」や「TAGHeuer」、「BREITLING」など、世界の名機と呼ばれる時計の数々をご紹介します。
是非、この機会に世界の腕時計をお手にとってご覧ください。

また、お手持ちの腕時計で何かお困りごとや、修理などのご相談にも対応いたします。
お気軽にご相談ください。

詳しくは、サトウ時計店 http://sato-tokei.com/
または、TEL:0242-27-1290 まで。


2017.8.29

会津大学・女性プログラマ育成塾
~受講生大募集

会津大学の石橋教授と菅野事務長が10月からはじまる「女性プログラマ育成塾」PRのために福島テレビを訪れました。
「女性プログラマ育成塾」は会津大学復興支援センターが、女性に県内企業就職に役立つIT関連技術を学んでもらおうと企画したもの。IT基礎からコンピューター基礎、プログラミングをeラーニングを中心に受講してもらい、無理なく学んでもらえるコースになっています。ぜひこの機会にコンピューターについて学んでみてはいかがでしょうか?

募集期間 7月1日~9月28日
定員 100名
募集対象 ①福島県内在住者
     ②県外から福島県内へ移住(Uターン・Iターン)を希望される方
応募方法 エントリーシートを会津大学HPよりダウンロード
     e-mail または郵送で会津大学復興支援センターへ
選考結果 随時 ※エントリーシートにて確認し、受講可否を個別に連絡します
講座開始 10月1日(途中入講あり)
費用 4万円

お問い合わせ 公立大学法人会津大学復興支援センター(担当:千嶋・半野)
       TEL:0242-37-2768(平日 9:00~17:00)
       http://www.u-aizu.ac.jp/information/jyoseipg.html


2017.8.23

ふくしま結婚応援フォーラム

福島リビング新聞社郡山支社の三浦和也支社長代理とふくしま結婚・子育て応援センターの阿部陽子主査が、「ふくしま結婚応援フォーラム」開催のPRのため、福島テレビ郡山総支社を訪れました。
「ふくしま結婚応援フォーラム」は、9月17日(日)13:00からビッグパレットふくしまで開催されます。第1部は、お笑いコンビ「母心」の「オカン」の嶋川武秀さんと植野佳奈さんご夫婦による「一生一緒にいるために」と題したトークショーを開催。第2部はジャーナリストの白河桃子さんによる「少子化、人口減少時代の若者応援」の基調講演となり、第3部にはパネルディスカッションも開催されます。
また、ふくしま結婚マッチングシステム「はぴ福ナビ」の出張登録会も同時開催。(*「はぴ福ナビ」は福島県が導入した全県ネットワークで、結婚のお相手を紹介するマッチングシステムです。)
「ふくしま結婚応援フォーラム」の定員は350人で参加は無料。事前予約制で先着順となります。

フォーラムについての詳細な情報は、福島リビング新聞社のHPをご覧ください。
http://www.f-living.co.jp/


2017.8.21

「八幡神社例大祭 飯坂けんか祭り」開催

「八幡神社例大祭 飯坂けんか祭り」の開催PRのため、例大祭実行委員会の各町連合会長・氏家正行さん、各町連合副会長・阿部喜之さん、実行委員会事務局・三浦邦義さん、阿部孝浩さんがFTVを訪れました。

"日本三大けんか祭り" の異名を持つ「飯坂けんか祭り」は、12世紀後半を起源とする伝統的なお祭りです。その後江戸時代後期に寺院に最も近い上町地区や当時の商業の中心地だった横町地区が祭りに屋台を出して太鼓を打ち鳴らし、神輿と一緒に氏子地域を練り歩いたのが今の祭りの原型になっているそう。
今年は10月6・7・8日の3日間開催いたします。メインの神輿渡御・宮入りは7日19:00に横町をスタートします。「名前は "けんか祭り" ですが、だれもけんかはしませんので、たくさんの方にご覧いただきたいです。」と実行委員のみなさんはおっしゃっていました。

屋台同士が激しくぶつかり合う大迫力のお祭りを、ぜひ生でご覧になってみてはいかがでしょうか?詳細は、八幡神社例大祭実行委員会までお問い合わせください。

八幡神社 社務所
TEL:024-542-2560
http://hachimanjinja.info/


2017.8.14

「2017 飯坂小唄 流し踊り」開催!

夏はまだまだ終わりません!
福島市・飯坂温泉から暑いイベントのお知らせです。

飯坂温泉では8月18日(金)午後2時30分から『ファイヤー祭り』を開催。
~飯坂から福島を元気に~ をテーマに飯坂太鼓の演奏や地元の保育所園児によるYOSAKOIなどが披露されます。
また午後7時からは温泉街を舞台にした、恒例の『飯坂小唄 流し踊り』がスタート。
飛び入り参加もOKということで、ぜひ参加してみてください。

なお翌日の19日(土)はアフターイベントを開催。
花火大会も実施されますので、飯坂温泉駅前広場に設けられるビアガーデンで冷たいビールを味わいながら、夏の夜を満喫してください。

お問い合わせ
第17回 飯坂温泉ファイヤー祭2017 実行委員会
TEL:024-542-4241
http://www.iizaka.com


2017.8. 9

「第60回 オールスター競輪(G1)」開催

いわき市公営競技事務所の杉岡雄二所長と、いわき平競輪場イメージガールのかをりさんが、福島テレビいわき支社を訪れ、「第60回 オールスター競輪(G1)」の開催をPRしました。
「第60回 オールスター競輪(G1)」は今月11日(金・祝)から15日(火)までいわき平競輪場で開催され、いわき市平での開催は7年ぶり6度目。ファン投票で選ばれた135人の選手が5日間に渡って熱戦を繰り広げます。
杉岡所長は「競輪の楽しさとプロアスリート達の凄みを体感してください。」と熱く語っていました。
白熱のレースはもちろん、イベントも盛りだくさん!11日(金・祝)には「キングとクイーンを決める頂上決戦」と題して、元読売ジャイアンツのスピードキング、鈴木尚広さん(相馬高卒)のトークショー、15日(火)には演歌界のクイーン、八代亜紀さんのスペシャルライブなど、多彩なイベントが開催されます。「アイくるガールズ」もかわいいショーを見せてくれますよ。
11日から15日の5日間は、家族みんなが楽しめるいわき平競輪場にお出かけください。

※入場無料・観覧無料(有料席は除く)
 イベントについての繊細な情報は、いわき平競輪場のホームページをご覧ください。
 http://www.tairakeirin.com/


2017.8. 8

福島イングリッシュセンターのみなさんから、FNSチャリティに寄付を頂きました。

福島の教育・文化活動に貢献している創世グループ。
7月28日(金)に開催された「創世 第39回公演 名作ファミリーミュージカル 眠れる森の美女」。昼・夜2回の公演を通じて、多くの方々に勇気と感動を与えました。
創世グループ、福島イングリッシュセンターの野田専務理事、大内校長、霜山事務長が当日皆様からご支援いただいた寄付金の贈呈に訪れました。
今回頂いた寄付は、日本ユニセフ協会を通じて「ボリビア多民族国」の子供たちを支援するために使われます。

FNSチャリティキャンペーンホームページ
http://www.fujitv.co.jp/charity/


2017.8. 8

MUSICAL KINJIRO!

9月17日(日)に棚倉町文化センター(倉美館)で開催される「MUSICAL KINJIRO!」PRのため、倉美館運営協会会長 藤田さん・副会長 戸井田さん・棚倉町教育委員会 石井さんが郡山総支社へ来社されました。

金次郎の人物と生き方を笑いと音楽たっぷりに描くのが「KINJIRO!~本当は面白い二宮金次郎~」です。「将来、どんな人になろうかな。どんな仕事をしようかな」と考え中の学生さんも、「村おこしや町おこしのことが気になるな。仕事のアイデアがないかな」という大人の皆さんも人生の仕事のヒントがいっぱい見つかると思います。観終わったときには「金次郎、すげー!」となっていること間違いなし。この機会に是非ご家族皆様でご鑑賞ください。

日時 9月17(日曜日) 開場 13:30 開演 14:00
会場 棚倉町文化センター(倉美館)
チケット取扱い・お問合せ 棚倉町文化センター TEL:0247-33-9610
             〒963-6123 東白川郡棚倉町大字関口字一本松58番地
チケット発売日 8月5日(土)~ 9:00より電話受付開始
チケット料金(全席指定) 4,000円 当日券 4,500円


2017.8. 2

2017 うつくしまライシーホワイトの皆さんが来社されました!

ふくしまのおいしいお米をPRし、消費拡大に向けた活動を行う「うつくしまライシーホワイト」の皆さんが福島テレビを訪れました。

第33代目となる「2017 うつくしまライシーホワイト」に選ばれたのは、片野彩春さん、松浦雪乃さん、小湊愛巳さん、堀田沙綾さん、渡部史さんの5名です。

「農家の方が丹精込めて作ったふくしまのお米を県内外にPRしたい」
「こばん食のよさをPRしたい」などと、抱負をそれぞれ語りました。

2017 うつくしまライシーホワイトの皆さんは今後約1年間、ふくしまのお米のPR活動を県内外で行うということです。


2017.7.28

宝くじ 幸運の女神

好評発売中の「サマージャンボ」及び「ミニ1億円」、「プチ100万」のPRのために宝くじ幸運の女神の蓬田みなみさんが福島テレビ本社を訪問しました。

1等・前後賞合わせて7億円が当たるサマージャンボ(1等20本)と1等1億円が45本のサマージャンボミニ7000万、そして新たに1等100万円がなんと5000本のサマージャンボプチ100万。いずれも1枚300円。
販売は8/10日までです。魅力的な宝くじに夢は膨らみます。

発売期間 8月10日(木)まで
抽選日 8月20日(日)


最近の来訪者の皆様

2018.10.19

2018 小町ふれあいフェスタ

2018.10.18

まるごと白河 2018

2018.10.12

就職面接会IN川俣のお知らせ

2018.10.10

山都新そばまつり

2018.10. 6

ハロウィンジャンボ宝くじ

2018.10. 5

2020年入試改革を学ぶフォーラムinふくしま

2018.10. 4

会津塩川バルーンフェスティバル
塩川三大お肉グルメフェア

アーカイブ

Youtube FTV公式チャンネル

FTV関連サイト

ページの先頭へ