福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

ふくしま調査隊

サタふく

2016年12月17日 放送

メディカルクリエーションふくしま2016

今回はビッグパレット福島で開かれた主に医療機器を紹介している展示会へ。
福島県、実は全国で3番目に医療機器を生産している県ということで大変会場が盛り上がっていました。 

●メディカルクリエーションふくしま2016
 県内外の医療機器のメーカーなどが技術を展示
 今年で12回目 企業のビジネスマッチングを促進

●イービーエム株式会社
 冠動脈バイパス手術のトレーニングシュミレーターを紹介
 縫ったモデルはCT撮影しパソコン上で血液の
 流れを見ることができる
 9月にはこの練習ができる施設が福島にできた

●株式会社エヌティーエス
 足が不自由な人でも車いすの乗り降りを1人でできるように
 工夫された電動車いすを紹介



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年12月10日 放送

専門高校と小・中学校のキャリア教育連携事業

専門高校と小・中学校のキャリア教育連携事業 小・中学生が農業・工業・商業高校の学習内容を体験、将来の職業選択に生かす。
今年度は県内6地区専門高校12校 小・中学校15校の3387人が参加。
今回は小高中学校1年生23人が相馬農業高校の3学科でそれぞれ学んだ。



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年12月 3日 放送

道の駅猪苗代

今回は、11月19日にオープンしたばかり
道の駅猪苗代を調査。

【道の駅猪苗代】
・11月19日オープン 面積は約33,000m²
・物産コーナー、レストラン、情報案内などがある

○物産コーナー(野菜売り場)
・猪苗代のシールがあるのは猪苗代町内の野菜
・猪苗代と会津を中心にそろえている

○物産コーナー(お土産)
・黒と茶色の模様が特徴の会津木綿猪苗代縞を使った
 お土産を販売

○レストラン ダイニングI
・猪苗代・会津の食材を豊富に使ったメニューが多い


福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年11月26日 放送

ドローンインパクトチャレンジ福島県南相馬市

・来場者のドローン操縦体験
 パイロットによるドローンレース・神旗争奪戦を行う
・ロボット産業の地ふくしまを目指し、来場者にドローン・ロボットに興味を深めてもらう


ドローン神旗争奪戦
世界初の試み
上空約50mから落ちてくる2枚の旗をドローンで狙う


福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年11月19日 放送

第5回ふくしま復興エネルギー産業フェア2016

福島県は、再生可能エネルギー先駆けの地として様々な事業に取り組んでいます。
そのひとつ、ふくしま復興再生可能エネルギー産業フェア・リーフふくしまを藺草さんが調査してきました。

●第5回ふくしま復興エネルギー産業フェア2016

REIF(リーフ)ふくしま 10月19日・20日 ビッグパレット
・太陽光・風力・地熱などの再生可能エネルギー関連産業に関する最新の技術・製品が一堂に会する展示会
今回は過去最多の177の企業・団体が参加

☆株式会社 東芝
・太陽光発電で発電した電気を使って水素を作りその水素を燃料電池に使うCO2フリーの「自立型水素エネルギー供給システム・H2One」を開発し車に搭載→車に搭載することで被災地などでも使用できる


☆株式会社 
山王(さんのう)
・めっき技術の応用で「銀めっきアクリル粒子」(太陽光パネルを接続するテープ)と「水素透過膜」(簡単に水素のみを取り出せる装置)を開発



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年11月 5日 放送

福島県立博物館 開館30周年記念特集展

●収蔵庫からこんにちはー福島県立博物館収蔵名品展
収蔵庫に眠る11万点の資料の中から学芸員選りすぐりの逸品を紹介
3つのコーナーにわかれている
①博物館を支えるしごと
30年間の調査研究の歩みを紹介
・東北地方最古のヨロイ 
 三角板鋲留短甲(さんかくいたびょうどめたんこう)
・伊達政宗書状を紹介

②災害を乗り越える
東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所事故を受け博物館の使命として取り組んできた活動紹介

③<昭和・平成>博物館ものがたり
30年間の展示解説員制服コレクションなどで歩みを振り返る

●福島県立博物館 
 電話 0242-28-6000



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年10月29日 放送

去年9月に避難指示が解除された楢葉町で稲刈り

楢葉町では今年、およそ20haに作付され、上繁岡地区では水田復興会の皆さんの努力もあって、本格的な稲作が再開された。



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年10月22日 放送

江名の三匹獅子舞

・1769年ごろから始まったといわれる伝統芸能
・五穀豊穣 大漁 子孫繁栄などを祈る
・約80年前から獅子の舞い手がそろわないなどの理由から近隣の下高久地区の代理奉納が続いていた
・2013年から再開 8月の祭りでは江名の子ども達が奉納
・「おばこ」「三匹」「扇取り」など数種類の舞いを踊る

・「おばこ」
 大獅子、中獅子、雌獅子の三匹の獅子が豊作を喜ぶ様子を表現する踊り

ふるさとの祭り2016
11月5日・6日 白河市立図書館駐車場


福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年10月15日 放送

チャレンジふくしま県民運動を紹介

県民の健康を後押しするイベントを調査

年齢や運動能力にかかわらず、楽しく運動できる
「BOKSプログラム」を体験する。


福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年10月 8日 放送

再生可能エネルギーの実用化に向けた取り組み

○会津ラボ
いままで大がかりな装置が必要だったスマートメーターを手軽に設置できるよう研究を進めている。

○会津大学
会津ラボが開発したスマートメーターを導入し一般企業などが省エネできるような研究を進めている。



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年10月 1日 放送

第1回ふくしま地産地消大賞

●第1回ふくしま地産地消大賞 大賞(知事賞)受賞
【鮫川村学校給食センター】
・県産地場産物の活用率7割 県内トップクラス
・村の農産物加工・直売所「手まめ館」には「学校給食部会」がある
 基本的な食材を安定的に供給
 ご飯も担当し炊き立てに近い状態で学校へ届けている
・鮫川小学校で給食を試食

●第1回ふくしま地産地消大賞 優秀賞
株式会社 元気アップつちゆ】
・再生可能エネルギーで地産地消
・震災後、川の水を利用した水力発電と
 温泉熱を利用したバイナリー地熱発電の2つの発電事業を開始
・4年間で1万5千人が視察・研修に訪れている
・将来的には町の電気をまかないたい


福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年9月24日 放送

ロックコープス

音楽の力を使って「企業」と「地域社会」と「人々」を結び付け、楽しみながら参加できる新しいボランティアの形。4時間のボランティアをすると人気アーティストのライブ・ロックコープスセレブレーションに参加できるチケットをGETできる!
ロックコープスセレブレーションでは、大黒摩季、アクアタイムズ、HY、アジアンカンフージェネレーション、カーリー・レイ・ジェプセンなどがライブを披露。



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年9月17日 放送

ふくしまに来て、見て、感じるスタディツアー

・首都圏61名 県内54名の合計115名の大学生が参加
・県内学生が行程を考え首都圏学生を案内
・1日目、2日目はコースにわかれ 福島・二本松、郡山、会津、いわき各地で復興に取り組む福島を学ぶ
・取材日は最終日の3日目で五色沼・浄土平を全員でみた
・3日間の学んだことを県内と首都圏の学生が話し合い福島の今と魅力の発信や風評払拭への提案を行った

○問い合わせ
福島県広報課 電話 024-521-7124



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年9月10日 放送

県総合防災訓練

・災害時に応急対策を円滑かつ的確に実施できるよう訓練
 県民の防災意識の高揚を図る
・門田小学校、会津総合運動公園で30以上の訓練を実施

・シェイクアウト訓練 
 学校や職場などで地震の際の「まず低く、頭を守り、動かない」を一斉に身につける訓練
・初期消火訓練
 ビニールを使った消火やバケツリレーを体験
・指定避難所開設訓練
 仕切りを作りプライバシーを配慮、やさしい日本語も訓練
・体験訓練 
 煙体験、震度7の地震を体験

○問い合わせ
 福島県災害対策課 電話 024-521-7194


福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年9月 3日 放送

「復興牧場」フェリスラテ

600頭ほどの乳牛を飼育していて、毎日およそ14トンの生乳を出荷している。
震災による避難で休業を余儀なくされた酪農家5人が集まって作った。
フェリスはスペイン語で幸福・ラテはイタリア語で牛乳。
「牧場から福島を牛乳で幸せにする」との思いが込められている。


福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年8月27日 放送

医療体験セミナー

・今月11日ビッグパレットふくしまで開催
・中学生の夢の実現に向けての後押しと、福島県の地域医療に貢献できる人材育成が目的

○白熱教室
・実際の医師と中学生が話し合う
・テーマは「脳のはたらきから考える近未来社会の話をしよう」

○医療体験
・医師や看護師の体験のほか薬剤師や理学療法士といった広い分野の医療体験ができる
・理学療法士、薬剤師、言語聴覚士を紹介

県では、今年10月から県内各地の病院等で医療を体験できる医学教室を開催。
詳しくは県医療人材対策室まで。
・福島県医療人材対策室
 電話 024-521-7881


福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年8月20日 放送

「オカエリ夏祭りin小高2016」を調査

南相馬市の人たちの帰還のきっかけを作ろうと去年から開催。
福島ガイナックスが実行委員会に参画していることからアニメの力を活用した夏祭りになっている。アニソンのど自慢や甲冑の着付け体験、コスプレ盆踊りなど魅力いっぱいの夏祭り。


福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年8月13日 放送

「チャレンジふくしまフォーラムin首都圏」を調査

「福島県が取り組む新しい産業」をテーマに開催されたフォーラムには、首都圏の企業関係者およそ200人が参加。
また、「ロボットが拓く福島の未来」と題したトークセッションも行われた。
最後は、福島の食を堪能しながら企業どうしの交流会が行われた。


福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年8月 6日 放送

いわき・まごころ双葉会と災害公営住宅「薄磯団地」自治会の共同での七夕飾り製作を取材

・いわき・まごころ双葉会
主に借上げ住宅に居住する双葉町からの避難者で組織する広域自治会

・災害公営住宅「薄磯団地」自治会
いわき市の地震・津波被災者が入居する市営災害公営住宅薄磯団地住民で組織する自治会

●いわき・まごころ双葉会の呼びかけがきっかけで去年から交流がスタート
去年はバスツアー、芋煮会、クリスマス会を行う

○県の事業
「いわきの復興を担う地域コミュニティ重点支援事業」
いわき地域で被災された方・避難している方同士及び
地元の方々との交流を促進しコミュニティの維持・再構築をサポート


福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2016年7月30日 放送

大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーINふくしま

福島県全域の15コース40か所で開催されるデジタルスタンプラリー。
専用のアプリを搭載したスマートフォンをAR出現ポイントでかざすと、画面上にウルトラマンシリーズのキャラクターが出現する。
出現したキャラクターを写真に撮ることでスタンプをゲット。
10月16日(日)まで福島県全域で開催



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

番組のトップへ戻る

過去の放送内容

月別アーカイブ

自転車でGO!イメージソング

「福島の人」唄:今西太一

作詞:藺草英己・今西太一 作曲:今西太一

MP3ダウンロードMP3ダウンロード

「あの町へGO!」唄:今西太一

MP3ダウンロード

作詞:カメラマンさん
作曲:今西太一

ページの先頭へ