福テレ 福島テレビ

ホームへ戻る

ニュース/天気

県内ニュース

2020年11月22日(日) 17:00

バス利用者の安心へ 乗客の感染が確認されたらメールでお知らせ<福島県いわき市・報徳バス>

福島県いわき市の『報徳バス』が導入したのは、いわき市が運営する「あんしんコロナお知らせシステム」
主に参加しているのは、いわき市内の飲食店や理容店などだが、全国的に感染者が急増していることから、バス会社として初めて導入した。

株式会社報徳バス・藤田憲一常務取締役:「(業績が)少しずつ回復したものが、この12月・1月、今の状況見てみると、また元に戻ってしまう。導入する事によって安心してバスに乗って頂ける」

システムの仕組みは…
バスの場合、乗客は座席に設置されたQRコードをスマートフォンで読み取って、メールを送信。後になって乗客の感染が確認された場合、他の乗客にメールを送って感染者が出たことを知らせる。

経済活動を継続しながら、感染が拡大するリスクを抑えるのがこのシステムの狙い。
新型コロナウイルスの影響で、一時は貸し切りバスの利用がほとんど無くなったが、秋になってからは修学旅行などで少しずつ利用が増えていて、システムの導入を利用者の安心に繋げたい考え。

株式会社報徳バス・藤田憲一常務取締役:「3密を避けるという中では、(バスは)一番、非常に厳しい環境である事も確かなので。その環境を打破する為にも、皆さんの方に(システム導入が)伝わる事によって、需要も伸びて言って頂けたらなと」

11月22日(日)のニュース一覧

福島テレビYouTube公式チャンネル

FTV関連サイト

ページの先頭へ