福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

ふくしま調査隊

サタふく

2018年6月16日 放送

会津自然の家(会津坂下町)

【会津自然の家(会津坂下町)】
電話 0242-83-2480

会津自然の家で5月27日開催された誰でも参加できるイベント「春のオープンデー」 を紹介。フィールドアスレチック、カヌー体験、森あそび、クラフト ミニ樹木オリエンテーリング などのプログラムを実施。400人を超える参加者でにぎわった。




福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年5月26日 放送

田んぼの学校

・県では、田んぼや畑を学びの場として活用し、食育や社会教育、さらには環境教育などを総合的に学ぶことができる「農育」を県内7地域の小学校で行っている。
・今回調査したのはいわき市に避難している双葉町立小学校で、いわき市立渡辺小学校の田んぼを借りて3年前から交流。




福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年5月19日 放送

県任期付職員

・市町村で復興のために仕事をする県任期付職員を紹介。
・東日本大震災・原発事故からの復旧・復興で増加する業務に対応するために採用を開始。
・これまでにのべ700人以上が赴任し今年度は39人が働く。
・任期は、県は遺族で3年 市町村派遣で1年、それぞれ任期の延長も可能。
・砂場公子さんは去年から保健師として双葉町役場に勤務。



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年5月12日 放送

里山スタンプラリー

・福島県がすすめる魅力ある地域づくりの一つ。県南地方で始めて実施。
・しらかわ里山ネット加盟の6ヵ所の内、4ヵ所でスタンプを集めると、県南地域にある温泉施設の割引特典がもらえるお得な里山めぐり。




福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年4月28日 放送

アクアマリンふくしま リニューアル

・ふくしまの海 ~大陸棚への道~(深海の展示)がリニューアル
・アンコウ、ミズダコ、タカアシガニを見学
・28日~蛇の目ビーチが再オープン



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年4月21日 放送

MIRAI2061

東日本大震災から50年後の未来の福島を舞台にしたミュージカル形式のショートムービー

▽豪華俳優陣が出演
▽ダンスチームがバックダンサーとして出演
O・TE Dance School
 ヒップホップ・ベリーダンスなど幅広いジャンルが学べるダンススクール
 映画には11人がバックダンサーとして出演
 福島市岡部字大倉17-1
 電話 024-502-2377



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年4月14日 放送

相馬福島道路霊山IC相馬玉野IC間 開通記念イベント

浜のサムライワールドin松川浦
相馬福島道路の霊山―相馬玉野インター間の開通記念イベントとして3月25日開催
・沿線市町村のブース出展
・東京オリンピック・パラリンピックPRイベント
・室屋義秀氏エアショー&トークショー



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年3月24日 放送

ふくしま記憶と未来体験アプリ

●ふくしま記憶と未来体験アプリ
・震災の記憶や未来に向かうふくしまの姿を被災地に行くとみることができる
・平成28年10月から配信。浜通りの44カ所で動画や写真が見られる
・1月にいわき市 楢葉町 広野町 川内村の16カ所を追加

●木戸川漁業協同組合 楢葉町
 電話 0240-25-3414





福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年3月17日 放送

県立博物館 特集展「震災遺産を考える」

・県立会津第二高校の皆さんと一緒に見学。
・磐梯山の噴火を知らせる絵図や久之浜の被災前を再現した模型を見学。
・大里学芸員に改めて浜風商店街の震災遺産を説明していただく。
・博物館を中心とする「ふくしま震災遺産保全プロジェクト」が集めた震災遺産と過去に起こった災害に関する資料を見ることで、東日本大震災が福島県に起こった歴史として位置づけてみようと試み。

特集展「震災を考える」は、会津若松市の県立博物館で開催されています。
期間は4月11日までで、月曜日と22日は休館日となってます。
特集展の観覧は無料です。



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年3月10日 放送

声楽アンサンブルコンテスト全国大会

・今年で11回目
・2人から16人までの少人数による合唱のコンテスト
 127団体が出場する
・3月22日~25日まで
 25日は各部門ごとの金賞受賞チームによる本戦
 前売り券販売中 

部門別コンテスト 22日~24日(1日券) 2,000円 
 本選 25日 2,500円
 4日間通し券 8,000円
○福島第一中学校合唱部は女子生徒14人で出場




福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年3月 3日 放送

Jヴィレッジ

観客席付きスタジアム・天然芝ピッチ8面・人工芝ピッチ2面、全天候型練習場、雨天練習場、宿泊施設まで兼ね備えた複合的なトレーニングセンター。
今年7月28日に一部営業再開するのは、センター棟・新宿泊棟・ピッチ6面。
2019年4月に全面営業再開の予定。
全天候型練習場は、練習場としては日本初となるサッカーピッチ1面分の屋内人工芝グラウンド。主に全天候型練習場の整備に活用する寄附金を募集中。




福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年2月24日 放送

青ノリ試験操業を調査

●青ノリ試験操業を調査
・2月5日に初めての試験操業。9隻の船で出漁
・この日は約700kgを収穫
 スクリーニング検査を行いN.D.(検出限界値未満)だった

●トモエ屋旅館 
電話 0244-38-8702
・ご飯、天ぷら、酢のもの、おひたし、
 みそ汁の青ノリ料理を紹介
・県水産事務所 電話 0244-38-6091




福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年2月17日 放送

県庁の耐震対策

○東日本大震災後、県庁では建物ごとに耐震対策を実施
・西庁舎...免震化工事を実施中
 免震化は、地面と建物を切り離し免震装置を設置することで
 地震の揺れを低減するもの
 免震化工事は、今年度完了を目指している
・本庁舎...耐震工事を実施し27年度に完了
 アウトフレーム工法という耐震対策を実施

○北庁舎には、災害発生時に迅速な対応ができるよう、
 危機管理センターがある




福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年2月10日 放送

双葉高校史学部の歩み

双葉高校史学部の歩み
まほろんで開催中の企画展。3月4日まで開催。
昨年3月で休校になった双葉高校の史学部が研究した資料・土器などを通し、その歩みを見ることができる。

○双葉高校史学部
昭和22年発足以来、浜通りの地域史研究におおきな足跡を残した。
・展示の中には史学部の思い出の写真コーナーもありOBの人が訪れ付箋で情報を書いていた。

・福島県文化財センター白河館 まほろん
 入場料無料



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html 

2018年2月 3日 放送

チャンレジふくしまパフォーミングアーツプロジェクト

・県内の中高生が、プロの演劇作家・音楽家などと共に日常生活をテーマに、ミュージカルの創作・公演を行う。今年で3年目。タイトルは「タイムライン」。
・この日は、県内の中高生23人が県内各地から参加。
・豪華な講師陣とともに、創り上げる。
 演劇講師:藤田貴大さん マームとジプシー主宰・人気演出家
 音楽講師:大友良英さん ギタリスト・作曲家

○今回は、白河と、初の県外・東京で3月下旬に公演。



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年1月27日 放送

合同表彰式

県は復興を進めていく中で、ふくしまの未来を担う子どもたちの教育に力を入れています。さまざまなコンテストを開いて、その入賞者を集めた表彰式が行われました。

【合同表彰式】 1月5日
・表彰されたのは「算数・数学ジュニアオリンピック」
 「科学の甲子園ジュニア」・「モラル・エッセイコンテスト」などの6部門で、
 小学生から高校生の合わせて84人
・算数ジュニアオリンピックの問題にチャレンジ。
 算数ジュニアオリンピック金メダリストの遠藤滉祐くんに解答してもらう



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年1月20日 放送

県立ふたば未来学園高校

・平成27年4月開校の中高一貫教育校。
・文部科学省が指定するSGH(スーパーグローバルハイスクール)に県内唯一指定されている。
・公開授業
 2・3年生は総合学習で探求の時間。1年生は自分たちの探求テーマを演劇で披露。
・ 未来創造型探求の代表発表(3年)
 原子力防災探求班とメディアコミュニケーション探求班の発表。
・ 建学の精神は "変革者たれ" 自分も地域も変えていく人間に育って欲しい。



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2018年1月13日 放送

雪マジ!ふくしま

福島の冬の楽しみ方を紹介!
「雪マジ!ふくしま」 
20~22歳の方はリフト代が無料! 
19歳以下を対象にした割引もあり。

○グランデコスノーリゾート
電話 0241-32-2530
・磐梯山ジオカレー 1,300円

○大川荘
電話 0242-92-2111
・会津若松市大戸町大字芦ノ牧字984



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2017年12月23日 放送

温泉・グルメスタンプラリー

・掲載されている宿泊施設や飲食店などでクーポン特典
・スタンプを集めると、抽選で豪華賞品が800名様に当たる。
 1等は6万円分の宿泊券。2等の旅館・ホテルの宿泊券など。
・道の駅よつくら港ではソフトクリーム全品50円引き
・ワンダーファーム 森のキッチンではランチが200円引き
・かわうちの湯では利用料が200円引き
・シェフリー松月堂では1回目来店で小マドレーヌ、2日目来店で大マドレーヌがもらえる

旅の思い出を指定ハッシュタグを付けてSNSに投稿していただくと、毎月1名にオリジナル商品もプレゼント。
「秋冬特別版」は来年3月31日までの開催。



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

2017年12月16日 放送

「日本橋ふくしま館」通称MIDETTE(ミデッテ)

・県の観光案内所「八重洲観光交流館」が閉館となり、その機能を統合して新たにスタート。
・日本橋ふくしま館は、福島県の首都圏向け情報発信の場として平成26年4月にオープン。通称の「ミデッテ」は『見てね、来てみてね』を意味する福島の方言。
・日本酒コーナー、工芸コーナーを拡充、定住二地域居住コーナーを新設した。
・飲食コーナー、イベントなど盛り沢山を紹介。
・ミデッテのスタッフが選ぶ週替わり飲み比べセットも!



福島県ホームページへ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

番組のトップへ戻る

過去の放送内容

月別アーカイブ

自転車でGO!イメージソング

「福島の人」唄:今西太一

作詞:藺草英己・今西太一 作曲:今西太一

MP3ダウンロードMP3ダウンロード

「あの町へGO!」唄:今西太一

MP3ダウンロード

作詞:カメラマンさん
作曲:今西太一

ページの先頭へ