福テレ 福島テレビ

ホームへ戻る

ニュース/天気

県内ニュース

2021年11月23日(火) 19:30

トップアスリートが直接指導 陸上王国・福島をさらにアツく 日本陸上800m優勝の田母神一喜選手

福島県郡山市で開かれたトップアスリート養成教室。
講師を務めるのは、2021年の日本陸上選手権800mで優勝した現役プロランナー・田母神一喜選手。

阿見アスリートクラブ・田母神一喜選手(23):「他の県に出てみると、福島県の陸上熱ってすごいなって感じますので。それを僕も福島県民の1人として、さらに福島県の陸上熱を熱くしたいと思って、色々やらせて頂いていますので」

教室には、陸上競技に打ち込む中学生と高校生 約20人が参加。
田母神選手から走るときの足の踏み込みや姿勢など、トップアスリートのテクニックを学んだ。

参加した高校生:「陸上界のスーパースターみたいな存在なので、技術面もそうなんですけど、メンタル面とか、自分が走るバランスとかいろいろなことを知っていきたいです」
参加した高校生:「どういう練習をしているのか学べる良い機会だと。田母神選手は目標でもあるし、やっぱりそうなりたいなと」

阿見アスリートクラブ・田母神一喜選手(23):「ただ走るだけではなく、陸上自体を楽しんでほしい。大きな目標ではなくて、小さな目標を1つずつクリアしていくことで、自分の成長を感じられたり、それが陸上競技の楽しさにつながると思うので」

現在の目標は『800メートルと1500メートルでの日本記録更新』そして『パリオリンピック出場』と話す田母神選手。
参加した生徒はトップアスリートから刺激を受け、さらなる高みを目指す一日となった。

11月23日(火)のニュース一覧

ページの先頭へ