福テレ 福島テレビ

ホームへ戻る

ニュース/天気

県内ニュース

2021年01月06日(水) 20:00

40人の新型コロナ感染確認された福島県 いわき市の調査結果から見えたものは?

福島県内では1月5日、いわき市や白河市など14市町村で40人の感染を確認、入院していた80代の男性と90代の女性の2人が死亡した。

このうち11人は白河市の「ショーパブNEO」の利用客の男性で、クラスターは26人に拡大。
また、済生会川俣病院は職員1人の感染を受けて新たな入院の受け入れを中止。

こうした中、いわき市の清水市長は、市内の感染者の調査結果を公表した。

清水市長会見:「年末人の動きが多くあった事と思っておりますので、その中から感染という形に繋がっているのではないかと心配されます。」

12月の感染者40人に対し1月は31人と急増しているいわき市、宴会などに参加していた割合も12月の18%から1月は42%に増加していることから会食の自粛などを強く呼びかけた。

感染拡大で深刻になってきたのが、病床の使用率。
過去最多となる249人が入院し、病床使用率も過去最高の53・1%に達した。

福島県保健福祉部・三浦爾次長:「改めて1月の傾向見ると12月よりも感染拡大のスピードが高まってきているという強い危機感を持っていますので、県民の皆さんにはもう一度強くそういったところを呼び掛けて参りたいと思っています。」


《いわき市が行った調査結果》
12月は40人だった感染者が1月はすでに31人に上っており、これに比例するように宴会などに参加していた人は12月18%・1月42%と倍増。
感染が広がるきっかけとなった人のうち市外の人との接触や会食をしていた人が12月は81%、1月は70%と多くの割合を占めていて、国などが指摘する会食のリスクの高さが伺える結果となっている。

01月06日(水)のニュース一覧

福島テレビYouTube公式チャンネル

FTV関連サイト

ページの先頭へ