福テレ 福島テレビ

ホームへ戻る

ニュース/天気

県内ニュース

2020年05月23日(土) 20:00

新型コロナによる休校から約1カ月半…福島県須賀川市の小学校が一足早く再開

5月23日
 教室には、1ヵ月半ぶりに子どもたちの元気な声が戻ってきた。福島県内の多くの公立の小中学校では、5月25日(月)から段階的に授業が再開される予定だが、須賀川市では18日(月)から一足早く学校が再開された。

 須賀川市の仁井田小学校では、今月18日から約1か月半ぶりに授業が再開され
280人余りの児童が元気に登校した。

 児童は昇降口や教室に置かれた消毒液で、手を消毒してから教室に向かう。休校中に取り組んだ課題を提出するのは、この春入学した1年生の子どもたち。

 担任教師:「久しぶりの学校だから元気な声であいさつしましょう。おはようございます」

 須賀川市の学校では、この週は給食を食べずに午前中だけ授業を行い、来週から
本格的な再開を目指す。

 授業中もマスクを着用し、手洗いや教室の換気を徹底するなど、感染予防を図りながらの学校再開だ。

 それでも子どもたちは「勉強するのが楽しい」「友達に会えてうれしい」と笑顔をのぞかせた。

池上 雅校長:「新型コロナに感染しないように手洗い・うがいの徹底を繰り返し指導していきたい」

 須賀川市では、休校で減った授業時間を確保するため、夏休みなどを短縮して登校日を設けることを検討している。

05月23日(土)のニュース一覧

ページの先頭へ