福テレ 福島テレビ

ホームへ戻る

ニュース/天気

県内ニュース

2021年02月23日(火) 19:20

一般病棟入院患者 転院のための検査で判明 郡山市中核病院でクラスター 外来診療は一部制限

郡山市・品川萬里市長:「今回、市内で初めてとなる医療機関におけるクラスター、陽性患者が発生した」

緊急の記者会見を開いた郡山市の品川市長。地域の中核病院の1つ、太田西ノ内病院で患者と職員あわせて12人のクラスター発生を明らかにした。

郡山市によると、2月21日患者と職員あわせて3人の感染を確認。
そのため、同じ病棟に勤務する職員と入院患者など約500人を検査したところ、23日までに、さらに患者と職員9人の感染が確認された。

一般病棟に入院していた50代の女性患者を、転院させるために検査し「陽性」だったことから、クラスターの発生に気付いた。感染経路は分かっていない。

太田西ノ内病院は、今週中に全職員と全患者の検査を行う予定で、新規の外来患者などについては、当面 診療を一部制限して対応していく。

福島県 保健福祉部・渡邊重勝課長:「できるだけ(他の病院に)影響がないような形で、郡山市あるいは県全体の医療体制の中で、調整をしながらやっていくということになるんだろうとは考えております」

*****
地域の中核病院『太田西ノ内病院』で発生したクラスターは、2月23日までに患者5人・職員7人のあわせて12人の感染確認。

地域医療への影響については、感染が確認された病棟に勤務する職員など約70人が自宅待機に。マンパワーが不足することなどから、外来診療については一部を制限して対応していく方針。

感染拡大を防ぐため、今週中に患者と職員の合わせて約1500人を対象にした検査を実施。

*****
また、このクラスターとは別に2月22日福島県内では福島市など3人の感染も確認された。
県内の医療機関には86人が入院していて、このうち重症は7人。病床の使用率は18.3%で「ステージ2」の水準になっている。

02月23日(火)のニュース一覧

福島テレビYouTube公式チャンネル

FTV関連サイト

ページの先頭へ