福テレ 福島テレビ

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

 

2015年7月ー2017年3月

2017年4月ー2021年3月

2017.3.23

うらたび 木桶職人の技にオドロキ!

坂井キャスターの "裏側を知る旅"「うらたび」
今回は県内でも少なくなった桶職人の技に迫ります。
川俣町の鴫原風呂桶店の鴫原広さん。
この道50年の熟練の技! 坂井キャスターも体験しましたが...

<鴫原風呂桶店>
川俣町鉄炮町74
tel:024-565-3508

ぬくもりある木桶風呂
<土湯温泉 ホテル山水荘>
福島市土湯温泉町字油畑55
tel:024-595-2141
http://www.sansuiso.jp/

木桶仕込みの日本酒の味は?
<大七酒造>
二本松市竹田1-66
tel:0243-23-0007
http://www.daishichi.com/


☆☆☆☆☆ 坂井キャスターからのコメント ☆☆☆☆☆

きょうのキニなる木曜日は坂井が担当する「うらたび」
今回はかなりマニアックです。

温泉に浸かっていると、木の浴槽の気持ちよさに気づきました。
調べてみると、風呂桶や木の樽も県内の男性が作っているとの事。これは会わねば!
さらに、木の樽で仕込まれた日本酒との出会いも。
販売もされています!

2017.3.16

フクカツ 矢吹町編

寺本キャスターが福島の魅力を学ぶ活動 "フクカツ"
会津地方が続いていましたが、今回は中通り・矢吹町へお邪魔しました。
絶品スイーツを食べ、フルーツのように甘いトマトも食べ
とってもかわいいご当地アイドルに出会いました♪


視聴者おすすめ! 人気のロールケーキを求めて
<Happy Berry>
矢吹町弥栄63-2
tel:0248-44-5538
【営業時間】午前9:30~午後6:00
【定休日】火曜日・第2水曜日


☆☆☆☆☆ 寺本キャスターからのコメント ☆☆☆☆☆

今回のフクカツは矢吹町の旅でした!
キーワードはトロピカルトマト・ご当地アイドル・スイーツと可愛いものばかりに!
矢吹町の自慢の物とそれをPRするアイドル達の思いに、心が動かされました。
久しぶりの中通りの旅でした。

2017.3. 9

500mの小さな旅

距離を決めて歩くと小さな発見がいっぱい!
寺本キャスターが500mの旅におでかけ♪
郡山市・はやま通りを歩きます。

造花の彼岸花にオドロキ!?
<たむらや>
郡山市麓山1-11-14
tel:024-922-2303

提灯と和傘...和傘で日本舞踊!?
<熊田屋商店>
郡山市麓山2-4-6
tel:024-922-4468

たくさんの種より気になる別注テーブル
<遠藤種苗店>
郡山市麓山2-13-5
tel:024-932-3182

おやつにクルミいっぱいの「ゆべし」
<みよし堂>
郡山市麓山2-12-23
tel:024-995-3440

2017.3. 2

うらたび ラップ工場の裏側

坂井キャスターの "裏側を知る旅" 「うらたび」
今回はいわき市にある「クレハいわき事業所」に潜入!
皆さんの身近にある「クレラップ」は日本で最初の家庭用ラップだとご存知でしたか?
その原料は...なんと 塩!
塩素からラップの原料となる樹脂「ポリ塩化ビニリデン」を作り加工工場へと出荷します。
他にも、およそ1000人の従業員の胃袋を満たす社員食堂で坂井キャスターも舌鼓!?
工場で働く人たちの安全意識を高める研修施設も紹介!


☆☆☆☆☆ 坂井キャスターからのコメント ☆☆☆☆☆


きょうのキニなる木曜日は坂井が担当する「うらたび」です。
今回のうらたびは初の工場見学。
いわき市にあるクレハに伺いました。
クレハと言えば、そうクレラップ。実は日本で最初の家庭用調理ラップだったんです。
大規模工場だけに、原料置き場も研修施設も、食堂だってとにかく大きい。
工場の裏側、かなり面白いです。

2017.2.23

雪と光の世界...アイヅテラスがキニなる!

今月12日から会津若松市・鶴ヶ城公園で始まった
「アイヅテラス 体感! 光の杜ミュージアム」
4つのエリアには趣の異なった光の演出が☆
伊藤アナが楽しんできました♪

<アイヅテラス 体感! 光の杜ミュージアム>
2017年2月12日(日)~3月11日(土)
【時間】午後5:30~午後8:00(金・土は午後9:00まで)
【場所】鶴ヶ城本丸

2017.2.16

500mの小さな旅

距離を決めて歩くと小さな発見がいっぱい!
寺本キャスターが500mの旅におでかけ♪
郡山市麓山~池ノ台を散策中の寺本キャスター。
今回は楽しい姉妹に出会ったりオシャレなスニーカーを発見!
さらに、あのテレビ局にもお邪魔しました!

歌うことが仲良しの秘訣♪ 姉妹で洋服のリフォーム
<和知洋裁店>
郡山市麓山1丁目2-18
tel:024-922-6767

スイスのランニングシューズ "On" を数多く販売
<Beech Forest>
郡山市池ノ台11-1 池ノ台ウィズワンビル
tel:024-954-6657

2017.2. 9

フクカツ 西会津町編

東京出身の寺本キャスターが福島の魅力を学ぶ活動 "フクカツ"
今回は西会津町で雪国の暮らしとおいしいものに出会いました。
雪かきをしていた西会津町に90年暮らすおじいちゃんの
お手伝いをさせていただいた寺本キャスター。
雪かきが上手だと褒めていただきました!

視聴者のお手紙をもとにオススメのお店へ
<レストラン&カフェ KURA.>
西会津町野沢字原町2161-5
【定休日】水曜日

「一生に一度なじょな願いもききなさる」
<大山祇神社>
西会津町野沢字大久保1445-2

土づくりからこだわったミネラル野菜
<道の駅にしあいず 交流物産館よりっせ>
西会津町野沢字下條乙1969-26


☆☆☆☆☆ 寺本キャスターからのコメント ☆☆☆☆☆

今回は西会津町で雪かきを教わったり、ミネラル野菜の収穫と料理をしました!
西会津のミネラル野菜は良い土で丁寧に作られているため、一口食べてその美味しさに驚きました!
生で食べても大丈夫なおいしいネギ!
よりっせで買えますのでお近くの方はぜひ行ってみてください。

2017.2. 2

"うらたび" 冬の只見の魅力を発見!
田子倉ダムに潜入!

坂井キャスターの "裏側を知る旅" 「うらたび」
およそ400万キロワットを発電する巨大な発電機...只見町の田子倉ダムの内部を見学してきました!
おいしい "わっぱめし" もいただいてきました!

田子倉ダム・ふるさと館田子倉を見学!
<雪の田子倉ダムツアー>
詳しくは...「只見町観光まちづくり協会」
tel:0241-82-5250
https://www.tadaminavi.com/

絶品 "鮎のわっぱめし"
<和風レストラン まほろば>
只見町大字只見字宮前1303-7
tel:0241-82-2372
http://www.maho-roba.jp/menu.html


☆☆☆☆☆ 坂井キャスターからのコメント ☆☆☆☆☆

きょうのキニなる木曜日は「うらたび」
普段は入れない場所や公開していない物をご覧いただくこの旅企画。
ナビゲーターは坂井有生です。
豪雪地帯の只見町。
冬に訪れるのは「車の運転も大変そうでハードルが高い!」と感じる方もいるかも知れません。
でも、そんな冬があるからこそ、築き上げられた建築物が只見町にはあります。
冬の只見はアツイんです!!

2017.1.26

街歩きの達人と歩く! 歴史散歩

郷土史研究家の江代正一さんと歴史の痕跡を探す街散歩。
3回目となる今回は、伊藤アナが明治14年に福島市で発生した「福島大火」の痕跡を探します。
約5時間で当時の市街地の80%を消失したという大火。
火事にあった裁判所の痕跡も...


☆☆☆☆☆ 伊藤アナからのコメント☆☆☆☆☆

歴史の痕跡を探して街歩きをするこのシリーズも3回目!
今回は、明治時代に起きた福島大火、通称『甚兵衛火事』に着目しました。
街の8割が焼け野原になったという歴史的災害、
現代の福島市からは想像もできませんが、その爪痕は残されていました。
そして、その後の街の発展を支えた先人の知恵には驚かされます。
街並みが大きく変わった現代まで残る歴史の足跡を辿ると、興味深い発見がありますよ!

2017.1.19

ひとり調査隊
桐の町・三島町で "炭" を調査せよ!

FTVみんなのニュース・ディレクターの栁沼Dが気になったものを一人で調査。
今回は雪の三島町で "炭" を調査!
昔から三島町の人々の暮らしと密接にかかわってきた "桐" と
昔から人々の暮らしに欠かせなった"炭"
そこには奥深い世界が広がっていました

桐の生産量日本一! 桐製品を見に行きました!
<道の駅 尾瀬街道みしま宿>
三島町大字川井字天屋原610

三島町では女の子が生まれると嫁ぐ日のために桐を植える伝統がありました。
町のあちこちに桐が植えてあります。
秋に伐採し製品にしています。
桐は真ん中が空洞になっているため、使える部分は2割ほど...
製品にすると端材がたくさん...そこで無駄にしたいために考えられたのは "炭"

消臭用としてはもちろん! 食用にも!?
桐炭を製造・販売
<佐久間建設工業 森林事業部>
tel:0241-42-7802
食用 1kg 22,000円/消臭用 1kg 20,000円

三島の桐炭を使った驚きの "くろラーメン"
<お食事処 つるや>
三島町大字早戸字湯ノ平888
【営業時間・冬期間】 午前11:00~午後2:00/午後4:00~午後6:30
【定休日】 水曜日

2017.1.12

フクカツ 檜枝岐村 後編

寺本キャスターが福島の魅力を学ぶ活動 "フクカツ"
前回は檜枝岐村の暮らしや食文化を学びました。
今回は村ならではの伝統芸能・工芸品を勉強してきました。

<木の資料館・木工品展示販売所>
檜枝岐村見通1136
tel:0241-75-2349
【営業時間】午前9:00~午後5:00
【定休日】火曜日


☆☆☆☆☆ 寺本キャスターからのコメント ☆☆☆☆☆

今回は桧枝岐村に続く伝統芸能の歌舞伎や、曲げ輪作りのことを勉強しました。
桧枝岐村は雪深くてなかなか昔は村外に出られなかったため、
色々な文化・娯楽が栄えたそうです。
村全体がひとつの国のような桧枝岐村。絵本の世界のような異空間でした。
今度は緑豊かな春・夏に行きたいです!!

2017.1. 5

フクカツ 檜枝岐村 前編

寺本キャスターが福島の魅力を学ぶ活動 "フクカツ"
今回から市町村名が書かれたカードをひいてどこに行くか決めるシステムを導入!
なんと! 寺本キャスターが引いたのは...豪雪地帯で知られる檜枝岐村!
冬の檜枝岐村でフクカツです!

檜枝岐村の歴史がわかる!
<檜枝岐村歴史民俗資料館>
檜枝岐村下ノ原887-1
tel:0241-75-2432
【開館時間】午前8:30~午後5:00
【入館料】無料

初めての熊肉やサンショウウオにも挑戦!
<山びこ山荘>
檜枝岐村上ノ原500-1
tel:0241-75-2372
http://www.oze-yamabiko.jp/

2016.12.15

フクカツ 鮫川村 後編

寺本キャスターが福島の魅力を学ぶ活動 "フクカツ"
鮫川村にお邪魔しています。
前回は村をあげて力を入れる大豆製品を。
今回は村の名産「こんにゃく」について!
農家に コンニャク芋を見せていただいたり、コンニャク作りをお手伝いしたり
おいしいコンニャクもいただきました♪

お世話になった鈴木さん手作りのコンニャクは
鮫川村の直売所で購入することができます!(1袋2枚入り 200円)
<鮫川村農産物加工・直売 手まめ館>
鮫川村大字赤坂中野字巡ヶ作116
tel:0247-49-2556
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】第1水曜日
http://www.samegawa-temamekan.com/
※通信販売も行っています。

2016.12. 1

フクカツ 鮫川村 前編

寺本キャスターが福島の魅力を学ぶ活動 "フクカツ"
今回は「まめで達者な村づくり」をすすめる鮫川村にお邪魔しました。
10年ほど前から村づくりの一環として大豆の生産に力を入れる鮫川村。
直売所には大豆や大豆製品が30種類以上も!
味見が多かったように思いますが...大豆製品の製造も見学しました。

<鮫川村農産物加工・直売 手まめ館>
鮫川村大字赤坂中野字巡ヶ作116
tel:0247-49-2556
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】第一水曜日
http://www.samegawa-temamekan.com/
※インターネットや電話での通信販売も行っています。

2016.11.24

"記者魂" ハンディキャップを持った方たちのアート

記者がキニなることを徹底的に取材する "記者魂"
いわき支社の井上記者が
ハンディキャップを持った方たちが作りだすアートを取材。

今月20日まで2か月にわたり開催された
小名浜国際環境芸術祭。
色とりどりの大漁旗のデザイン展など
様々なアーティストが持続可能な海洋資源などをテーマに参加しました。

この芸術祭ではハンディキャップを持った人たちが参加した絵画展がありました。
企画したのはいわき市のデザイナー・秋元まさあきさんです。
およそ200点の絵画の中には...あの世界的に有名な書家の作品も!

ダウン症の書家・金澤翔子さんの作品をさらに堪能するため
金澤翔子美術館にも伺いました。

<金澤翔子美術館>
いわき市遠野町根岸字横道71
tel:0246-89-2766
【開館時間】午前10:00~午後4:00
【休館日】火曜日・水曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始
【観覧料】800円 
     小学生未満 無料
     障がい者 400円
http://kanazawa-shoko.jp/museum/index.php


また、障がい者の自立をサポートする施設で取り組んでいる
絵画制作についても紹介しました。

2016.11.17

500mの小さな旅

距離を決めて歩くと小さな発見がいっぱい!
寺本キャスターが500mの旅におでかけ♪
高速バスで福島市から郡山市へ移動した寺本キャスター。
いまだバスを降りた郡山市虎丸町付近を散策中。
前回、お買い物をした「武田呉服店」で再びお買い物をして小さな旅のスタートです。

地元で愛される有名パン店
<大友パン店>
郡山市虎丸町24-9
tel:024-923-6536

チーズハンバーグ定食(800円)をいただきました♪
<虎丸キッチン>
郡山市虎丸町19-20 虎丸ビル1F
tel:090-2885-7015

レトロな台はかりを見せていただいた
<高橋金物店>
郡山市虎丸町19-21

2016.11.10

ひとり調査隊 特定外来種 "アライグマ" を調査せよ!

FTVみんなのニュース・ディレクターの栁沼Dがキニなったものを一人で調査する「ひとり調査隊」
今回は、「コレ見て! ビデオポスト」に投稿された木に登っているアライグマの画像から、
身近に生息しているのかキニなった栁沼D。
アライグマの生態に詳しい福島大学 環境放射能研究所の奥田先生の調査に同行しました!

2016.11. 3

500mの小さな旅

距離を決めて歩くと小さな発見がいっぱい!
寺本キャスターが500mの旅におでかけ♪
前回は高速バスに乗り郡山市へ!
福島テレビ郡山支社を目指しました。今回はさくら通りからスタートです。

オリジナルの名刺を作ってもらって大満足!
<大場美術印刷所>
郡山市虎丸町17-21
tel:024-922-5558

おいしいお茶と香りで癒される~
<静岡屋茶舗>
郡山市虎丸町24-3
tel:024-922-2457
http://www.sizuokaya.jp/co.html

2日履けばかかとツルツルに? カカトクリニックを購入♪
<武田呉服店>
郡山市虎丸町2-15
tel:024-932-3583

郡山の地酒と焼酎専門の店
<足利屋さいとう酒店>
郡山市虎丸町2-17
tel:024-932-1656

絶品大福!
<仙川菓子店>
郡山市細沼町8-25
tel:024-922-2416

タンメンでほっと温まる~
<まる虎>
郡山市虎丸町1-26
tel:024-983-5789

2016.10.27

いわき産オリーブがキニなる!!

温暖な気候で育つオリーブがいわき市で!?
そんな情報を聞いて坂井キャスターが取材にでかけました!
2009年から始まった「オリーブプロジェクト」
耕作放棄地を使って、いわき市の45か所で4500本のオリーブを育てています。
去年は約30ℓのオリーブオイルを作ることに成功!
加工商品も販売され いわき産オリーブは新たな名産品として注目を集めています。

パスタやお茶などのオリジナル商品がずらり!
<いわき食彩館 スカイストア>
いわき市平字一町目25
tel:0246-23-3447
【営業時間】午前10:00~午後6:00
【定休日】第1・3水曜日
http://www.sky-store.jp/seller.html

オリーブの葉を練りこんだパスタ
<ラ・パリ―ジャ>
いわき市平一町目1-1
tel:0246-37-8766
【営業時間】午前11:00~午後3:00/午後5:00~午後10:00
【定休日】月曜日


☆☆☆☆☆ 坂井キャスターからのコメント ☆☆☆☆☆

きょうのキニなる木曜日は坂井がお届けしました。
みなさん、オリーブというと「イタリアン!」というイメージでしょうか。
産地は地中海。スペインが生産量No1なんだそうです。

そのオリーブの生産が震災後いわき市で始まっています。
桃栗3年、柿8年。オリーブは5年で実がなるんだそう。
まさに収穫期!
というわけで、きょうのキニなる木曜日は『いわき産オリーブ』を紹介しました!

2016.10.20

500mの小さな旅

距離を決めて歩くと小さな発見がいっぱい!
寺本キャスターが500mの旅におでかけ♪
前回出会った、番組をよく観てくださっているという方に今回も遭遇!
そこから始まった小さな旅。
今回は福島市大町からスタート!最後はなんと...

安さのヒミツを教えてもらいました!
<近畿日本ツーリスト東北 福島支店>
福島市大町7-3
tel:024-521-1411
https://www.knt-th.co.jp/

起業を目指すの人ためのチャレンジショップやアンテナショップが入る
<チェンバおおまち>
福島市大町4-15

県北地域のおいしいものやグッズが並ぶアンテナショップ
◆街の情報空間 kitasan
tel:024-529-6361

自慢の揚げカレーパンをいただきます!
◆ら・さんたランド チェンバおおまち店
tel:080-5730-2150
http://lasanta.jp/


アイヴィー楽器店のライブハウスでアーティスト気分に♪
「zero zero Z」のERIKAさんに出会いました。
<Live Space C-moon>
福島市大町4-24
tel:024-529-5752
http://c-moon.net/

なんと! 高速バスで郡山市へ
<福島交通 高速バス>
福島~郡山 大人(片道) 900円
お問合せ:福島支社 tel:024-535-4102
     郡山支社 tel:024-943-1651
http://www.fukushima-koutu.co.jp/highway/

ページの先頭へ