福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

 

2018.8.17

プラス健康レシピ 「不眠解消」編

食事と運動面からお悩み解決のアドバイス!今回のテーマは【不眠解消】
暑い毎日、皆さんぐっすり眠れていますか?

≪注目は、「トリプトファン」≫
心を落ち着かせ、気分をリラックスさせる
脳内物質「セロトニン」の分泌に「トリプトファン」は必須だそうです。
「トリプトファン」は大豆製品、鶏ムネ肉、サーモン、卵などに多く含まれています。

そこで 【豆腐】を使ったお料理です。
福島学院大学 食物栄養学科の田村佳奈美先生に教わりました。

<<和風豆腐カレー>>(材料 4人分)
米           2合
豚ひき肉(赤身)    200g
豆腐(絹)       1丁(300g)
玉ねぎ         小1個(160g)
豆乳          200cc
サラダ油        小さじ1
醤油          大さじ1
みりん         大さじ1
塩コショウ       少々
カレー粉        小さじ1
カレールウ       2かけ
バター         20g
青ねぎ(小口切り)   3本
しょうが(すりおろし) 1/2かけ
かつおぶし       2パック

【作り方】
① 玉ねぎは粗みじん切りにし、カレールウも溶けやすいように刻んでおく
② フライパンにサラダ油を熱し、ひき肉と玉ねぎを炒める
③ カレー粉と塩コショウを加えて炒める
④ 豆乳、醤油、みりんを加え、ひと煮立ちしたら、豆腐を手で崩して加える
⑤ 刻んだカレールウを加えて溶かし、バターを加えて風味をプラスする   
 (カレールウは味をみて増減しましょう)
⑥ 丼ぶりにご飯を盛り、ルウをかけ、小口切りの青ねぎ、すりおろした生姜、かつお節をトッピングする

<<ほうれんそうの豆腐クリームグラタン>>(材料 4人分)
絹ごし豆腐       1丁(300~350g)
ほうれん草       2束(400g)
厚切りベーコン     2枚(100g)
食パン6枚切り     1枚(40g)
オリーブ油(サラダ油) 大さじ1
味噌          大さじ1と1/2
コンソメ        小さじ1
塩コショウ       少々
バター         20g
ピザ用チーズ      40g
パセリ         少々(ドライ可)

【作り方】
① ほうれん草は洗って4~5cmに、ベーコンは5mm幅程度に切る
② 豆腐はキッチンペーパーに包んで軽く水気をきっておく
③ 食パンは2cm程の角切りにし、パセリは葉の部分をみじん切りにする
④ フライパンにオリーブ油を熱し、ベーコンとほうれん草を炒めコンソメ、塩コショウで味をつけ    
 最後に風味付けにバターを加えて火を止める
⑤ 豆腐をボウルに移し泡たて器でよく混ぜクリーム状にする
⑥ ⑤に味噌を加えさらによく混ぜ、軽く塩コショウをする
⑦ 耐熱の器の一番下に食パンを均等に入れ、④の炒めたほうれん草、⑥の豆腐クリームの順に重ね、   
 ピザ用チーズをのせて250度のオーブンで5~6分 こんがりする程度に焼く
⑧ 焼き上がったらパセリのみじん切りをふる

<<<運動編>>>
ペットボトルを使用したリラックス体操を
郡山市のひろさか内科クリニック 運動習慣支援室の佐久間貞典先生に教わりました。

☆キャップの部分でこめかみ&肩 指圧
☆500mlペットボトルを2本、タオルでマキマキして、首指圧
☆揺らぎの運動は、2リットルペットボトルに水やコメを入れて。

<ひろさか内科クリニック>
郡山市富田町字中ノ目41 tel:024-962-0230


☆☆☆☆☆浜中キャスターコメント☆☆☆☆☆

豆乳と豆腐でイソフラボンがたっぷり、優しい和風カレーです。
生姜で代謝もアップ、身体もあたたまりますし、味の変化も楽しめます。
ひき肉を使うので短時間で仕上がりますよ!
豆腐クリームグラタンは、ヘルシー。
面倒なホワイトソースは豆腐を泡だて器で滑らかにし味噌を入れて混ぜ完成。

運動も簡単な動きでリラックス。どの動きも30秒ほどでOKですよ!
ぐっすり快眠、明日への活力を蓄えましょう!

2018.7.20

プラス健康レシピ 「肩こり」編

食事と運動から健康を提案! 浜中キャスターの「プラス健康レシピ」!
今回は肩こり解消!
福島学院大学の田村佳奈美先生(管理栄養士)に教えていただきました!

≪ 注目は 「ビタミンE」と「ビタミンB1」≫
◇ビタミンE:末梢血管を広げ血流を良くする働き
       [うなぎ・サーモン・アーモンド・アボカド]
◇ビタミンB1:代謝を良くする働き・ダメージを受けた神経の修復にも役立つ
        夏バテ予防にも効果あり
        [豚肉・大豆製品・玄米]

♪♪ ビタミンB1たっぷりレシピ ♪♪
<<豚肉とジャガイモのオイスターソース炒め>>(4人分)
豚ロース肉      320g
ピーマン       4ケ
パプリカ(赤)    1/2ケ   
ジャガイモ      中2ケ
アーモンドスライス  20g
オリーブ油      大さじ2
オイスターソース   大さじ2
塩コショウ      少々

♪♪ 発酵食品 + ビタミンE ♪♪
<<アボカド納豆のブルスケッタ>>(4人分)
納豆         2パック
アボカド       1/2ケ
青ネギ        2本
白いりゴマ      小さじ1
バゲット       8切れ
オリーブ油      大さじ2
辛子・タレ(納豆に付属のもの)

♪♪ 低カロリー&ビタミンEたっぷり ♪♪
<<アーモンドミルクプリン>>(4個分)
粉ゼラチン      5g
砂糖         30g
アーモンドミルク   300cc
生クリーム(植物性) 100cc
〔飾り用〕
ホイップクリーム   適量
アーモンドスライス  適量

【肩こり解消で大切なのは姿勢! そして 横隔膜のやわらかさ。】
いわき市のストレッチ専門スタジオ「SSS いわきスタジオ」
吉田 大志郎さんに効果的な動き、呼吸法を教えていただきました。

<ストレッチ専門スタジオ SSSいわきスタジオ>
いわき市泉町滝尻字六百町1-1 泉テラス F号室
tel:0246-85-0344


☆☆☆☆☆ 浜中キャスターからのコメント ☆☆☆☆☆

+ビタミンE。アーモンドやアボカドをプラス。
今回はデザートまで作っちゃいました。

ビタミンB1の豚肉は、夏バテ防止にも効果的。
ジャガイモは、ビタミンC。紫外線ケアにもうれしい食材です。  
そしてストレッチ。
鼻から5秒吸って口から5秒吐く。
このバランスを良くすると、姿勢も良くなります。

ぜひ お試しください。

2018.6.20

プラス健康レシピ 「骨粗しょう症」編

食事と運動から健康を提案! 浜中キャスターの「プラス健康レシピ」!
今回は骨を丈夫に!

まずは...自分の骨を知ろう!
浜中キャスターも骨密度の簡易測定を体験。
<郡山駅前健康相談センター>
郡山市駅前2丁目11-1 ビッグアイ7階(市民交流プラザ内)
【開館時間】午前10:00~午後7:00
【休館日】月曜日
-----ここでは-----
月2回、骨に関する相談を受け付けています(予約制)
【対象】郡山市に居住・通勤・通学している方
tel:024-983-7715


1日に必要なカルシウム
◇成人男性 800mg (牛乳に置き換えると800ml)
◇成人女性 650mg

カルシウムたっぷりのレシピを
福島学院大学の田村佳奈美先生に教えていただきました!
<<しいたけのすり身詰め>>(4人分)
しいたけ  12ヶ
魚のすり身 200g
チーズ   30g
すりごま  小さじ2
溶きたまご 1/3ヶ
青ネギ   4本
みそ    大さじ1
料理酒   小さじ1
みりん   小さじ1
しょうゆ  小さじ1
片栗粉   小さじ4

<<小松菜としらすのナムル>>(4人分)
小松菜   300g
しめじ   100g
しらす干し 大さじ4
ごま油   大さじ1
しょうゆ  小さじ1
塩コショウ 少々

適度な運動はカルシウムの吸収を高めます!
福島市のスポーツジム「DNA」で効果的な運動を教えていただきました!
<DNA JR福島駅西口店>
福島市栄町1-1(JR福島駅構内)
tel:024-534-1414

◇スクワット 10回 1セット
◇腕立て伏せ


☆☆☆☆☆ 浜中キャスターからのコメント ☆☆☆☆☆

このコーナー、栄養面を考えてメニューを考案して頂いていますが、
何よりも、「おいしい」のです。
そして、簡単。
ぜひ作ってみて下さい!

運動も、スクワットは
骨のことだけでなく体のバランスなどの点でも鍛えられます。
ちょっとした空き時間に、はじめてみて下さいね。



2018.5.18

プラス健康レシピ 「血液サラサラ」編

食事と運動から健康を提案!浜中キャスターの「プラス健康レシピ」
今回は血液サラサラを目指します!

料理編は 管理栄養士で福島学院大学短期大学部 食物栄養学科 講師の田村佳奈美さん。
「血液サラサラ」を助けてくれる食品は キーワードで!

【お・さ・か・な・す・き・や・ね】


<<サバのオーブン焼き>>(4人分)
 サバの水煮缶    1缶(200g)
 トマト       2個  
 舞茸        40g(1/2パック)
 ニンニク      2かけ
 ピザ用チーズ    40g
 オリーブオイル   大さじ2
 しょうゆ      小さじ1
 塩こしょう パセリ 適量


<<新玉ねぎの海苔サラダ>>(4人分)
 新玉ねぎ      1個
 焼き海苔      2枚
 酢         大さじ1    
 オリーブオイル   大さじ2
 しょうゆ      小さじ2
 コショウ      少々  


血液の話と運動は
郡山市富田町の「ひろさか内科クリニック」の医師 廣坂朗先生と
心臓リハビリテーション指導士の佐久間貞典さんに教わりました。
<ひろさか内科クリニック>
   郡山市富田町字中ノ目41
   tel:024-962-0230

<<血管を柔らかくする体操>>
・鍋つかみを使った「ミトンマッサージ」
・タオル踏み踏み
 

☆☆☆☆☆ 浜中キャスターからのコメント ☆☆☆☆☆

食べることが好き、お酒を飲む機会が多い、運動をあまりしない
これが当てはまる人は、血液がドロドロしているかも。
『血液サラサラ』を意識して、食べましょう。

そして身体に良いだけではなく
田村先生に教えてもらう料理は簡単でおいしいのです!

運動もテレビを見ながらできるもの。
ぜひ、お試しください。

2018.4.19

新キカク! プラス健康レシピ

身体は食べるもので作られています。
おいしい健康レシピだけでなく、運動もご紹介!

先生は 管理栄養士で福島学院大学短期大学部 食物栄養学科 講師の田村佳奈美さん。

今回は 「腸活」
春のお悩み 「花粉症・肌カサカサ・疲れやすい」を解決!
注目食材は 食物繊維たっぷりの 「おから」

【おからの洋風カレー炒め】(1人分 食物繊維6.7g)◇
<材料(4人分)>
 おから        200グラム
 タマネギ       1/2個
 ニンジン       1/3本
 ピーマン       2個
 ベーコン       2枚
  
 サラダ油       大さじ2
 コンソメ顆粒     小さじ2
 カレー粉       小さじ1~2
 醤油         大さじ2
 みりん        大さじ1
 塩コショウ      少々
 ごま油        大さじ1
 水          300cc

【おからサラダ】(1人分 食物繊維 4.1g)◇
<材料>
 おから        120グラム
 きゅうり       1本
 タマネギ       1/2個
 カニ風味かまぼこ   6本
 ヨーグルト(無糖)  100グラム
 マヨネーズ(ハーフ) 大さじ4
 塩コショウ      少々 

※ヨーグルトが入ることで乳酸菌と食物繊維が 一緒に摂取できます。
※ヨーグルトを入れることで、マヨネーズの分量を減らすことができます。
 マヨネーズをハーフタイプを使うとよりカロリーオフ!

<<プラス 健康先生 運動でも腸活!>>
理学療法士でスポーツ&メディカルフィットネス リ・バース草野麻衣さんに教えてもらいます。

※横隔膜を動かし内臓を働きやすくする【腹式呼吸】
※腹式呼吸をしながら【腹圧】を意識!排便の時にしっかりと押し出すという力
※股関節周辺のストレッチ
 おしりからふとももにかけて伸びているのを意識
 片足10秒を 両足 × 2セット 毎日出来ればGOOD!

<スポーツ&メディカルフィットネス リ・バース>
いわき市平字堂根町2-1
tel:0246-80-8080
【営業時間】9:00~22:00  【定休日】日曜日


☆☆☆☆☆ 浜中アナからのコメント ☆☆☆☆☆

横隔膜や おしりの筋肉がしっかり動くと
腸も活発になり、お通じもよくなることが期待できます。
おからもカレー味ですと、彩りも美しい。食物繊維をたっぷりとって、腸活!!

腸がいっぱい動いてくれると
免疫もアップ お肌もつやつや 皆さん一緒にがんばりましょう!

ページの先頭へ