福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

 

2018.7. 2

フクカツ 浅川町編

福盛田さんの福島を知る活動「フクカツ」は浅川町へ!
花火の里で出会ったすごいモノに福盛田さんもビックリ☆

伝染病から人々を守るために即身仏に...拝観する場合は事前予約を!
<曹洞宗金久山 貫秀寺>
浅川町大字小貫字宿ノ内63
【お問い合わせは、浅川町役場農政商工課】
tel:0247-36-1183

浅川町を深く知るため資料館へ。花火のはじまりと狛犬を知る。
<浅川町歴史民俗資料館>
浅川町背戸谷地144-6
tel:0247-36-2134
【開館時間】午前8:30~午後5:00
【休館日】土・日
【入館料】無料

珍しい狛犬が気になり白河市東の鹿島神社へ
石工職人・小松寅吉が手掛けた狛犬。
小松寅吉は浅川町を拠点に特産の福貴作石を使い石像・灯篭・墓石を制作しました。
<あさかわ寅吉会>
お問い合わせは...会長相田さんまで(tel:090-7560-2609)

花火の里らしい花火にちなんだメニューがあるという天ぷら屋さんへ
<天麩羅 まるみ>
浅川町本町西裏88
tel:0247-36-2115
【営業時間】午前11:00~午後2:00/午後5:00~午後9:00
【定休日】なし

2018.5.21

フクカツ 棚倉町編

福島を知る活動中の福盛田さん。
棚倉町へ行ってきました。
棚倉ブルーベリーの美味しさにオドロキ☆
馬と仲良くなって、種類豊富な大福をいただき棚倉町を満喫してきました!

【棚倉ブルーベリー】
荒れていた畑の再利用として約15年前から栽培が始まりました。
現在は19軒の生産者で1シーズン6トンを出荷!
◇冷凍ブルーベリー・ジャム・ジュースは
 農産物直売所「田舎すだち」
 JA東西農産物直売所「魅力満点物語」 で販売。
 または電話での受付 0247-33-1252(棚倉町ブルーベリー愛クラブ)

馬と仲良くなりたい!
<ルネサンス棚倉 乗馬クラブ>
棚倉町大字関口字一本松43-1
tel:0247-33-7523
【営業時間】午前9:00~午後3:30(最終受付)
【定休日】火曜日
http://r-tanagura.jp/
◇ワンポイント乗馬(15分)◇
 平日1400円(税抜)
 ヘルメット・ブーツレンタル 600円(税抜)
 ※前日まで予約!

種類豊富な大福が自慢!
<和洋菓子 甘盛堂>
棚倉町大字棚倉字新町86
tel:0247-33-3056
【営業時間】午前8:30~午後7:30
【定休日】不定休

2018.5.14

フクカツ 南相馬市編

今回福盛田さんは南相馬市へ!
甲冑を着て武者気分!?
地元の人に愛されるパンや世界一のパワースポット
モトクロス日本代表の小学生も登場します!

相馬野馬追に参加した気分!?
<原ノ町駅陣屋>
JR原ノ町駅改札脇
【営業時間】午前9:00~午後5:00
※お問い合わせは駅係員まで

地元の人に愛され続ける "よつわりパン"
<原町製パン>
南相馬市原町区本陣前3-1-5
tel:0244-23-2341
【営業時間】午前8:30~午後4:30

世界一のパワースポット!?
<円明院>
南相馬市原町区小浜字丸山18-1
tel:090-3126-7909
※初めての方の参拝は土日に限る(要予約)
http://enmyouin.net/

2018.5. 3

フクカツ 磐梯町 後編

前回は磐梯町のお宝がたくさん集まる道の駅で情報収集したり
磐梯町のマスコット「ロボばんじぃ」と仲良くなったり
慧日寺を見学したりと磐梯町を満喫している福盛田さん。
後編は道場破り!?

磐梯町産のそば粉を使ってそば打ち体験!
<磐梯そば道場>
磐梯町大字磐梯十王堂2038
tel:0242-73-3558
【そば打ち体験】一人 3000円

2018.4.30

フクカツ 磐梯町 前編

自然・歴史...たくさんの魅力がある磐梯町へ
まずは情報収集のため福盛田さんは道の駅へ!
こそで福盛田さんを待っていたのは!?

磐梯町マスコットキャラクター「ロボばんじぃ」に
道の駅の人気商品を教えてもらったり町の魅力を教えてもらいました!
<道の駅ばんだい 徳一の里きらり>
磐梯町大字磐梯字十王堂38
tel:0242-74-1091
http://www.michinoekibandai.com/

"ロボばんじぃ" の名前の由来にもなった国指定史跡へ
<磐梯山慧日寺資料館>
磐梯町大字磐梯字寺西38
tel:0242-73-3000
【開館時間】午前9:00~午後5:00
※冬季休館
【入場料】一般・大学生 500円/高校生 400円/小・中学生 300円

2018.4.16

フクカツ 会津美里町

福盛田さんは会津本郷焼が有名な会津美里町へ!
人のあたたかさ、自然と文化に触れる "フクカツ" になりました。

地域の人と共にあるお寺はカフェ!?「坐禅カフェ」でリフレッシュ。
<長福寺>
会津美里町永井野字中町1847
tel:0242-54-6858

特徴は「しのぎ」と呼ばれる線の模様。人の手で1本1本つけられていますが...
福盛田さんには無理なので初心者でも安心の陶芸体験を。
<樹ノ音工房>
会津美里町字瀬戸町3272-1
tel:0242-56-5098
http://www.kinooto.com/

眺めのいいカフェでほっこりのくつろぎタイム
<ハッタンドウ>
会津美里町米田字吹上下甲505
tel:070-6624-6340
【定休日】木曜日

2018.3.27

フクカツ いわき市

福盛田さんはいわき市へ!
まずは海の幸やお食事処が集まる「いわき・ら・ら・ミュウ」におじゃましました。
ら・ら・ミュウ開店のころから出店しているご主人に「ら・ら・ミュウの妖精」って...
いきなり福盛田ワールド全開です!

<<いわき・ら・ら・ミュウ>>
いわき市小名浜字辰巳町43-1
tel:0246-92-3701
http://www.lalamew.jp/

 いわきの味ウニの貝焼きをいただきました!
 <まるふと直売店>
 tel:0246-92-1137

 浜焼きも人気!
 <加藤商店>
 tel:0246-92-1160

 子ども達とは仲良くなれたかな??
 <わんぱくひろば みゅうみゅう>
 tel:0246-92-3701

続いて福盛田さんが訪れたのは...

"いわきの味" をかまぼこで!
<貴千>
いわき市永崎川畑25
tel:0120-507-134
【営業時間】午前10:00~午後4:00
【定休日】水曜日・日曜日・祝日
http://www.komatsuya3rd.com/

「親バカ」と言うほど自慢のトマト
<助川農園直売所>
いわき市錦町馬場98
tel:090-1407-2118
【営業時間】午前9:00~正午/午後1:30~午後4:30
      ※4月~7月は午後5:30まで
【定休日】日曜日・祝日午後
     ※8月~10月は休み
http://suketoma.com/farmers-shop/

2018.3.16

フクカツ 只見町編 ②

只見町後編です。
雪上バレーで只見の冬を楽しんだ福盛田さん。
疲れた体とのどを癒す昔ながらの "あめ" をいただきました♪
さらにブナの森とそこに生きる動物、自然と調和し生活する人々の暮らしが
貴重であるとして只見町はユネスコエコパークに認定されています。
その自然環境を学べる施設におじゃましました。
最後には只見生まれの米焼酎の蒸留所へ!

<只見町ブナセンター>
只見町大字只見字町下2590
tel:0241-72-8355
【開館時間】午前9:00~午後5:00
【休館日】火曜日
【料金】 高校生以上 300円  小・中学生 200円
http://www.tadami-buna.jp/

<合同会社 ねっか>
只見町大字梁取字沖998
tel:0241-72-8872
※予約すれば見学も可
https://nekka.jp/

2018.3.13

フクカツ 只見町編 ①

今回は番組宛にお手紙をいただきました。
お誘いいただいたので只見町で雪上バレーに参加!
ビーチバレー日本代表やバレーボール元日本代表が
メンバーにいるチームにもかかわらず。。。
結果は残念でしたが、只見町の味 "マトンケバブ" もいただき
只見町を満喫したのでした。
でもこれだけでは終わらない! 次回も只見町を楽しみます!

2018.2.26

フクカツ 須賀川市編

だんだん福島ツウになってきた福盛田キャスター
今回は須賀川市へ!
いきなり気になる閻魔様に出会ったり、地域密着の新聞社にお邪魔したり
さらには今が旬の "ちぢみほうれんそう" の農家さんを訪ねたり
様々な出会いがありました!

閻魔さまは売り物...
おなじ敷地内の温泉施設は温泉だけじゃないデカ盛メニューにも驚き!
<ひばり温泉>
須賀川市滑川字関ノ上22-2
tel:0248-63-1115
http://www.hibari-land.jp/price.html

新鮮でおいしい農産物が集まる人気の直売所
<はたけんぼ>
須賀川市卸町54
tel:0248-73-5261

直売所でおいしそうな野菜を見ていたら食べたくなった福盛田さん!
地元の食材を使った料理が自慢のお店へ
<須賀川キッチンあぐり>
須賀川市中町66 フカヤビル2F
tel:0248-94-2454

2018.2. 9

フクカツ 三島町編

"ふくしま" の魅力を学習中の福盛田キャスター。
今回は雪深い奥会津・三島町へ
伝統工芸品に触れたり、絶景・おいしいものも満喫してきました!

まずは道の駅へ!
奥会津編み組細工...その値段にビックリ!
素材の採れる期間が決まっている事と作り上げる手間を聞いたら納得。
<道の駅尾瀬街道みしま宿>
三島町大字川井字天屋原610
tel:0241-48-5677
【営業時間】午前8:00~午後6:00

三島町の絶景ビューポイントで奥会津の景色を楽しむ♪
<第一只見川橋梁>

ログハウスのお店が気になって入ってみました。
おいしい三島町産会津地鶏に出会いました!
<ログハウスどんぐり>
三島町大字名入字諏訪ノ上410
tel:0241-52-2932
【営業時間】午前10:00~午後2:00(※以降の時間は要予約)
【定休日】月曜日

「だんだんヘタになっていく」!?
工芸品作りにチャレンジ!
<三島町生活工芸館>
三島町大字名入字諏訪ノ上395
tel:0241-48-5502
【営業時間】午前9:00~午後5:00
【定休日】月曜日
http://www.okuaizu-amikumi.jp/
◇ヒロロコースターづくり
 受講料2000円(※2月は2500円)
 材料費 700円

名前がキニナル!お邪魔してみたら
宿泊ができる施設と、金・土は居酒屋...という不思議なお店。
これまた不思議な「モンゴル薬膳鍋」をいただきました!
<ソコカシコ>
三島町桑原荒屋敷1302
tel:090-3345-3043
https://sokokashiko.info/#aboutl

【素泊まり】3800円 【朝食付き】4600円
【夕食付き】6300円 【夕・朝2食付き】 7100円
※冬期暖房費 +500円
【居酒屋営業時間】 金・土 午後5:00~午後10:00

2018.1.30

フクカツ 平田村 後編

福盛田キャスターは引き続き平田村の魅力探し中。
身も心もあたたまる出会いがありました。

庭先に気になる人影...そのお宅を訪ねてみると...
平田村村長のお宅でした。
平田村春の恒例行事「芝桜まつり」を盛り上げるために作り始めた "案山子"
なんと村長はカッター1本で案山子の顔を仕上げていました!
ほっこり、あたたかみのある案山子でした。

日が暮れて灯りがともる建物へ...
そこにはたくさんの薪ストーブが!
薪ストーブの展示場とカフェが一緒になったお店でした。
<Cafe 暖らん>
平田村上蓬田字銭神88
tel:0247-55-3530
【定休日】水曜日

2018.1.29

フクカツ 平田村 前編

福盛田キャスターが福島の魅力を学ぶ活動 "フクカツ"
今回は平田村へ!
"日本一辛い村" の洗礼を受けてきました!

平田村は「ハバネロ」を村の名物にして村を盛り上げています。
道の駅ひらたには様々な激辛商品が!
<道の駅ひらた>
平田村上蓬田横森後160
tel:0247-55-3501
http://www.michinoeki-hirata.com/

ハバネロ生産者の遠藤さんのお宅へ
生産者が作るハバネロ入り野菜炒め!そのお味は!?

2018.1. 5

フクカツ 葛尾村編

福島初心者の福盛田キャスターが今回向かったのは葛尾村!
全村避難から徐々に村民が戻り始めている葛尾村で
ふるさとへの想いにふれてきました!

村民が愛す変わらぬ味
ボリューム満点のチャーハンに福盛田さんもビックリ!
<石井食堂>
葛尾村大字落合西ノ内町9
tel:0240-29-2030
【営業時間】午前11:00~午後6:30
【定休日】日曜日

震災後残された犬猫を保護し新たな里親探しなどを行っている
【動物救護隊にゃんだーガード】の活動についていくことに!
動物に嫌われてしまう福盛田さんも今回は仲良くなれたようです♪

好きなカップでコーヒーがいただけるカフェへ☆
手作りお菓子にも舌鼓!
<Cafe 嵐が丘>
葛尾村野川字中島234-2
tel:0240-25-8922
【営業時間】午前11:30~午後5:00
【定休日】日・月・火 ※1月13日まで臨時休業

2017.12.15

フクカツ 柳津町編

福盛田キャスター今回の行先は柳津町。
取材ですでに訪れているところではありますが、
まだまだ知らない魅力に出会いました!

会津柳津駅のSLを眺めたり、
只見川でウグイにエサやりをした福盛田さんが次に向かったのは...
<憩いの館 ほっとinやないづ>
柳津町大字柳津字下平乙151-1
tel:0241-41-1077
【営業時間】午前9:00~午後5:00
【定休日】第2・4木曜日
◇足湯 無料(午前9:00~午後4:00)
◇食事コーナーでは柳津名物 "ソースかつ丼"(750円)をいただきました!

ホールから聞こえる元気な声♪
お邪魔してみると「健幸クラブ」のみなさんが健康づくりに励んでいました!
福盛田さんも誘われ体を使ったゲームに挑戦!

「ほっとinやないづ」で見つけたかわいい木工品
工房にお邪魔して福盛田さんも...
<木工房MEGURO>
柳津町大字飯谷字前林甲359-1
tel:090-5234-2314
【営業時間】午前9:00~午後4:00
【定休日】不定休
※事前の電話予約が必要

2017.11.23

フクカツ 西郷村編

福島初心者の福盛田キャスター、今回は西郷村で魅力発見!

白河・小峰城の石垣にも使われている "白河石" の採石場へ!
お手伝いもさせていただきましたが...
<小針石材店>
西郷村大字米字向山50
tel:0248-25-0212

自然の中で釣り体験。釣果はいかに!?
<那須白河フォレストスプリングス>
西郷村小田倉金子石16
tel:0248-25-3535
http://shirakawa.forest-springs.com/

まったく釣れなかった福盛田さん。。。
レストハウス内のカフェでトラウト料理をいただきました!
<FS Cafe>
那須白河フォレストスプリングス内
【営業時間】平日 午前11:00~午後4:00
      土・日・祝 午前10:00~午後4:00

村民が愛してやまない "ポテトまんじゅう" を求めて...
<り菜あん報徳店>
西郷村真船字蒲日向28
tel:0248-25-2261
※12月3日~4月上旬まで冬期休業

2017.11.17

フクカツ 泉崎村編

福島初心者の福盛田キャスターが県内の魅力を学ぶため旅をしています。
今回は泉崎村

農作業中の方に声をかけたら自然薯生産農家の方でした!
泉崎村では村の特産品にしようと平成14年から栽培を開始!
福盛田さんも収穫のお手伝い!

続いて向かったのは...
<泉崎資料館>
泉崎村大字泉崎字舘24-9
tel:0248-53-4777
【開館時間】午前10:00~午後6:00
【休館日】年末年始
【入館料】無料
http://www.vill.izumizaki.fukushima.jp/siryou/index.html

そこで見せていただいたのは...
"泉崎横穴壁画" の実物大パネル
あの世や葬儀の様子、生前の勇姿が描かれているなどいろいろ説があるそうです。
実際の "泉崎横穴" は10月第2土曜日に一般公開しているのですが
今回は特別に見せていただきました!

歴史に触れた福盛田さん。
続いて向かったのは視聴者にすすめていただいた
<烏峠><直売カフェこころや>
こころやではオススメのドライカレーをいただきました!
<直売カフェこころや>
泉崎村大字泉崎字川畑37-1
tel:0248-53-5568
【営業時間】午前10:00~午後6:00
【定休日】日曜日
http://www.cocoron.or.jp/store/

2017.10.12

フクカツ 石川町編

福島1年目の福盛田キャスターが県内の魅力を学ぶため旅をしています。
今回は石川町

生け花を持ったお母さんたちに遭遇...
実は生花に見えたのは粘土でできた花でした!
<石粉粘土の会>
tel:0247-26-2566(石川町公民館)

さらに、石川町を知るべく直売所へ
<あぶくま安心館 駅前店>
石川町字当町109-8
tel:0247-26-6264

直売所で見つけた「いしかわ牛」
生産者を紹介していただき会いに行くことに
<鈴木畜産>
石川町坂路字馬場宿78
tel:0247-26-1721
http://hachimitsugyu.com/

ストレスのない環境とハチミツで育った「石川はちみつ牛」の味は?
<居酒屋 みなみ>
石川町字鹿ノ坂7
tel:0247-26-5700
【営業時間】午後5:00~午前0:00
【定休日】不定休

2017.9.25

フクカツ 矢祭町 後編

福島を知る活動「フクカツ」
福島1年目の福盛田キャスターが県内の魅力を学ぶため旅をしています。
今回は矢祭町後編

「合格さん」「おりこうさん」に出会えた福盛田キャスターは
名物を食べることに!
<矢祭山観光センター>
矢祭町内川字矢祭121-2
tel:0247-46-3161
【定休日】水曜日(不定期で木曜日も)

名物・鮎を堪能したあとは...矢祭園芸にお邪魔しました。
年間200品種、20万本を育てているこちらでは、
年末にきれいな花がまた咲くようにシクラメンの花を抜く作業が行われていました。
福盛田キャスターもお手伝い!

矢祭町の魅力を肌で感じた福盛田キャスターでした。

2017.9.18

フクカツ 矢祭町 前編

福島を知る活動「フクカツ」
福島1年目の福盛田キャスターが魅力を学ぶために県内を旅します。
今回は福島県の最南端・矢祭町です。

「合格さん」というものがあると聞いて街で聞き込み。
なんと「おりこうさん」もあるということで、そのふたつがあるという夢想滝へ

「おりこうさん」は世界中のこどもたちがおりこうで元気になるように
との願いが込められたお地蔵さん。
頭をなでると願いが叶うということで福盛田さんもしっかりなでてきました。

「合格さん」は合格祈願のお地蔵さん。
福盛田さんが受験生のみなさんを代表して合格祈願をしてきました。

次回は矢祭町のさらなる魅力を紹介します!

ページの先頭へ