福テレ 福島テレビ

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

 

2019.11.20

街ゆく人が挑戦! いきなりグルメリポート

街ゆく人に突然グルメリポートをお願いしたら一体どうなる?
今回は福島県内、福島・郡山に店舗を持つ「大戸屋」の新メニューでいきなりグルメリポートです。
一体どんな結果になったのか?

2019.11.13

台風19号 被災した企業・店舗のこの1ヵ月

台風19号で浸水した郡山市。1ヵ月経ったいまを福テレアナウンサーの小田島さんが取材しました。
浸水被害にあったクリーニング店では再開へ向けて店の復旧工事が行われていました。
心の支えになったのはお客さんでした。

味噌や甘酒などを作る宝来屋。
この辛い状況でも「社員が団結する機会」ととらえ一丸となって製造ラインを復活させました。
それぞれが歩んだこの1ヵ月は忘れられない1ヵ月でした。

2019.11.12

福島初心者・長谷川アナ
福島の郷土料理で福島を学ぶ ⑤

福島の伝統の味で "福島" をお勉強中の福テレアナウンサーの長谷川さん。
今回は小腹とココロを満たしていた「おやつ」に注目!

《郡山市:キャベツ餅》
郡山西部(逢瀬・片平・大槻)で食べられていた郷土料理
余った野菜と餅で作って食べられていた
家庭でも簡単に作ることができるのでぜひおためしを!
<おうせ茶屋>
郡山市逢瀬町河内字東長倉 逢瀬公園西駐車場
tel:080-8219-4818
【営業】4月上旬~11月下旬 
午前10:00~午後3:00 ※定休日は水曜日


《只見町:そばやきもち》
そば粉ともち粉で作った生地で野沢菜やあんこなどを包んだ郷土料理
昔はそば粉のみで作られていて農作業の合間のおやつとして食べられていた
店は雪が降ったら冬季休業になってしまうので
気になった方はインターネットで買うこともできます!(10個から)
<ヤマサ商店 八十里庵>
只見町大字叶津字入叶津30
tel:0241-82-3401
https://www.yumekaidou.jp/

2019.11.11

変わり種ラーメンを食す!
意外なおいしさにオドロキ!

喜多方・白河・郡山ブラック...福島県内にはおいしいラーメンがたくさん!
たまにはこんな変わり種はいかが??
福テレアナウンサーの伊藤さんがオドロキのおいしいラーメンを紹介。

昼はラーメン・夜は居酒屋...店自慢の黒支那に合わせたのはカレー。そして納豆!?
<昼ふろや>
郡山市安積町荒井林ノ越1−7
tel:024-946-2122
【営業時間】ラーメン 午前11:30~午後1:50
※午後1:30で終了の場合あり
 居酒屋 午後6:00~午前0:00
【定休日】不定休

ラーメンとタイ料理の融合...「二郎系のカオソーイ」?と「進化系?喜多方ラーメン」
<カリー&ヌードル タイジンジャー>
郡山市大槻町菅田35−1
tel:090-3755-5572
【営業時間】午前7:00~午後3:00(L.O 午後2:30)
※午前10:30までは朝ラータイム
【定休日】木曜日

2019.11. 8

「歴史の道 百選」会津・米沢街道の旅

2019年10月「歴史の道 百選」に選ばれた会津・米沢街道の旅へ
福テレアナウンサーの矢崎さんが出かけてきました。

【歴史の道 百選】
文化庁が選定した全国各地の歴史的にすぐれた道
2019年10月、文化庁は会津から米沢を結んだ
およそ56kmの道「会津・米沢街道」を新たに「歴史の道百選」に選定した。

【北塩原村大塩地区】
大塩は、江戸時代に米沢街道の宿場町として整備された。
ここでは江戸時代から塩分を含む温泉を利用して塩を作っていた。
温泉が湧く場所から、大塩川沿いに木で作られた水道管を通し集落に温泉を供給。
水道管沿いの小屋で温泉を煮詰めていた。

【昔ながらの製法で塩を作る「山塩工場」】
大塩裏磐梯温泉の源泉水を使用し薪釜で煮詰めて山塩を作っている。
3日ほど煮詰めてようやく完成する山塩は、温泉のミネラル成分をたっぷりと含んだ優しい味わい。
<会津山塩企業組合>
福島県耶麻郡北塩原村大字大塩
tel:0241-33-2340
fax:0241-33-2350
※山塩の購入はHPメールフォームやFaxで。

【山塩工場をあとに桧原方面へ...途中には山城「柏木城」】
この街道。米沢にいた伊達政宗も訪れ、ここから会津侵攻を試みたと言われている。
あまりに複雑な地形に建てられた柏木城を見て伊達政宗は、攻撃を断念したのではないかとも言われている。

【絶品そばが食べられることで有名な福島県喜多方市山都町】
山都では江戸時代から、ほぼ全域でそばが栽培されていたという。
水はけの良い土壌、そして昼と夜の気温差が大きいことから美味しいそばの実が育つ。

【喜多方市山都町宮古周辺には8軒ほどのそば屋】
「宮古そば権三郎」どこか懐かしさを感じる古民家で絶品の手打ちそばをいただくことができる。
おすすめは手打ちそばと会津の郷土料理を一緒にいただくことができる、
「夢見そばコース」(2000円・税込)
<宮古そば権三郎>
福島県喜多方市山都町蓬菜字中村4576
tel:0241-38-2586
【営業時間】午前11:00~ ※そばがなくなり次第終了
【定休日】不定休

2019.11. 7

台風19号 被災農家のいま

福島県内に大きな被害をもたらした台風19号。
まもなく1か月経とうとしている今も爪痕が残っています。
実りの秋、収穫の秋を迎える農業にも影響が出ました。
今回は二人の農家に台風19号による影響、そして今抱えている思いを
福テレアナウンサーの長谷川さんが取材してきました。

伊達市梁川町五十沢地区であんぽ柿を生産
一條篤さんのあんぽ柿は11月末ごろから販売
・伊達市梁川町五十沢 「まちの駅直売所あぐりマート」
・伊達市 「みらい百彩館んめ~べ」
・国見町 「道の駅国見あつかしの郷」

須賀川市で果樹園を営む
小松秀幸さんのリンゴは11月下旬から販売
・須賀川市 「農産物直売所はたけんぼ」
・郡山市 「愛情館」

2019.11. 6

今年は不作!? マツタケパニック!

秋の味覚の王様といえばマツタケ。
しかし! 9月まで続いた猛暑のせいで今年はマツタケが不作。
さらに希少なマツタケを狙った泥棒まで現れて...
マツタケ不作の今シーズン宝の山を守る人たちに密着した。

2019.11. 5

地元がギュッと詰まった ご当地バーガー!

福島県内のユニークなハンバーガーを福テレアナウンサーの小田島さんが紹介!

<道の駅安達(上り線)>
福島県二本松市下川崎字上平33-1
Tel:0243-61-3100

福島の郷土料理 "いかにんじん" とハンバーガーの融合 
◇「いかにんじんライスバーガー」(400円・税込)◇
・パティには、いかにんじんと福島牛を使用

いかにんじんライスバーガー誕生のきっかけ
◇「納豆バーガー」(290円・税込)◇
・二本松岩代地区に伝わる伝統野菜、"五葉黒豆" を使用


<山木屋 とんやの郷>
福島県伊達郡川俣町山木屋字日向40-1
Tel:024-529-6339

郷土の誇り "山木屋太鼓" に形も似せてボリュームを
◇「山木屋太鼓バーガー」(600円・税込)◇
・緑色のバンズは川俣町の桑の茶がはいっているから。川俣町は昔から絹織物の産地として有名な町。
養蚕のための桑畑があり、そのシンボルとして桑の葉を使っている。
具材には、地鶏川俣シャモのメンチカツやコクと甘みのある和豚もちぶたベーコン、県内産の野菜とボリューム満点。


<会津バーガー Lucky Smile>
福島県会津若松市七日町3-45
Tel:0242-23-8241

会津地方の方言「おんつぁげす]英語で言えば "クレイジー"
◇「おんつぁげすバーガー」(1700円・税抜)◇
・県内産のレタスやトマトにキュウリ、110gのお肉のパティがなんと3枚! 大迫力のハンバーガー!

愛らしい起き上がり小法師に見立てて
◇「起き上がり小法師バーガー」(980円・税抜)◇
・ミートソースの赤色と小ぶりな形で起き上がり小法師の可愛らしさを表現。

おんつぁげすバーガーに負けないくらいの高さを誇る
◇「鶴ヶ城バーガー」(1400円・税抜)◇
・"鶴ヶ城" の赤瓦をイメージし、バンズにトマトを練りこんでいる。
ベーコンは立派な屋根を、レタスは石垣を表現している。

2019.11. 1

福島を元気にする人!
"花"を通して元気を!

福島を元気づける活動をしている人を福テレアナウンサーの小田島さんが紹介します!
今回は2人の "福島を元気にする人"。共通点は「花」です。

【写真家・野口勝宏さん】
猪苗代町出身で、自らが運営する郡山市のスタジオを拠点に活動しています。
この道40年のベテランです。
現在特に力を入れている活動が、「福島の花」の撮影です。
5年前には世界規模のフォトコンテストに応募し、8万点の応募作品の中から、日本人初のグランプリを獲得しました。
今年5月には "福島の花" をおさめたフォトブックを発売。人々に希望を届けたいという願いが込められています。

【カフェルキャド オーナー・熊田茜さん】
今年2月に郡山市にオープンしたカフェ・ル・キャド。
県内の食材を使ったケーキで福島を盛り上げようと日々奮闘中です。
そんな熊田さんが特に力を入れているのか「あんフラワーケーキ」
韓国発祥でカップケーキの上に白あんで作ったきれいな花がのせられているのが特徴。
販売はもちろん、スクールも開催。参加するには事前に予約が必要。
<カフェ ル キャド>
tel:090-6256-5802
【営業時間】午後2:00~午後6:00
【定休日】木曜日
◇あんフラワーケーキ教室◇※要予約
3500円(税込み)~

2019.10.30

奇跡のワケありランチ

こだわりの江戸前高級すしが、ランチだと夜の値段の半額以下に!?
50年続く洋食店のハンバーグが驚きの安さで食べられる!?

そこには一体どんな「ワケ」があるのか?徹底調査しました!

2019.10.29

秋の南会津温泉旅

秋の南会津町を福テレアナウンサーの矢崎さんが旅してきました。
国の重要文化財に指定されている "かやぶき屋根" の前沢曲家集落へ。
ちょっと変わった源泉100%かけ流しの温泉。
そして、意外と知られていない南会津のソウルフードいただいてきました。

農作業の大切なパートナーの馬と同じ屋根の下で暮らした明治時代のたたずまいが残る
<前沢曲家集落>
南会津町前沢
【開園期間】4月下旬~11月中旬
【開園時間】午前8:30~午後4:30
【入場料】 一般 300円 高校生以下 150円
《前沢景観保存会》 tel:0241-72-8977(※冬期不通)

鉄分が豊富な温泉 酸化した鉄成分が湯船とお湯を赤く染める
源泉かけ流しで46℃の湯舟もあるので熱めのお湯が好きな方はぜひ。
<古町温泉 赤岩荘>
南会津町古町字太子堂186-2
tel:0241-76-2833
【営業時間】午前9:30~午後8:00(入浴)
      午前11:00~午後6:00(食事)
【定休日】水曜日
【入浴料】中学生以上 600円 小学生 100円(未就学児は無料)

南会津のソウルフードを食す。
昔は各家で羊を飼っていて毛を刈ったり
食用にしていたことからこの地域では焼き肉と言えばマトンとなった。
<すがや>
南会津町界字上田下
tel:0241-73-2116
【宿泊】1泊2食付き 6000円(料理の内容で料金は変わる)
《ジンギスカンコース》1人 1500円~
《しゃぶしゃぶコース》1人 1500円~

2019.10.28

災害ボランティアに密着

自主的にボランティア活動を行っているいわき市内の高校生。
「地域のために。」若い力で懸命に復旧作業に取り組みます。
そして被災された方々に無償で学用品を提供する方々も。
そこには自然と子どもたちの笑顔も。
各地で広がる助け合いの輪を取材しました。

2019.10.25

秋の裏磐梯を満喫!

秋色に染まる裏磐梯を福テレアナウンサーの菅家さんが自転車で巡ってきました!
色づき始めた木々を眺めながらのサイクリング
宿泊施設・休暇村では会津の郷土料理を楽しめるビュッフェで馬刺しを堪能!!

絶景を楽しむ客室と会津の味、サイクリングも楽しめる。
秋の裏磐梯を満喫する拠点
<休暇村 裏磐梯>
北塩原村桧原字小野川原1092-3
tel:0241-32-2421
https://www.qkamura.or.jp/bandai/
◇レンタサイクル(ビジター料金)1時間:600円  1日1800円
(電動自転車は 1時間:800円 1日2200円)
◇お料理がグレードアップする "プレミアムビュッフェ"
 第1弾「会津郷土料理と季節のうまいものビュッフェ」2019年11月4日~30日

裏磐梯で人気の洋菓子店で名物の花豆を使ったモンブランを
<ヒロのお菓子屋さん 剣ヶ峯テイクアウト店>
北塩原村桧原剣ヶ峯1093-468
【営業時間】午前10:00~午後5:00
【定休日】水曜日
http://www.hirokasi.com/

2019.10.23

なんでも揃う!巨大ホームセンターに密着

日用品からあっと驚くアイデアグッズまで幅広い商品が揃う暮らしの味方「ホームセンター」
お客さんはホームセンターで買った商品を何に使うのか?
調査してみると意外な活用術が明らかになりました。

2019.10.10

福島初心者・長谷川アナ
福島の郷土料理で福島を堪能 ④

福島の伝統の味で福島をお勉強中の福テレアナウンサーの長谷川さん。
今回は会津の食を堪能してきました!
稲刈りに初挑戦! そして、初めて食べる会津の新米に舌鼓。
さらにボリューム満点、肉厚のソースカツ丼に会津の先人たちの知恵と工夫が沢山詰まった郷土料理! 身も心も満たされてきました。

<すとう農産>
会津若松市北会津町和泉470
tel:0242-59-1021
http://sutou-nousan.com/

<ココカラ>
会津若松市日新町16-27
tel:0242-26-0651
https://www.cocokara-aizu.com/

<とんかつ とん亭>
会津若松市天寧寺町1-11
tel:0242-27-2191

<会津 二丸屋武蔵亭>
会津若松市材木町2丁目8-18
tel:0242-28-1208
http://www.aizunimaruya.com/

2019.10. 9

イマドキの体育祭

体育祭も時代とともに変化を見せています。
危険という理由で体育祭から姿を消しつつある騎馬戦や棒倒しなどの伝統競技。
その一方で続けるために試行錯誤している学校もあります。
そんな学校の体育祭にかける熱い思いを取材しました。

2019.10. 7

紅葉ドライブで立ち寄りたい "道の駅"

紅葉シーズン、ドライブに出かける方も多いのでは?
その際にぜひ立ち寄ってほしい「道の駅」
地元のおいしいものや絶景が待っていた!
福テレアナウンサーの我如古さんが楽しんできました!

<道の駅 国見あつかしの郷> 国見町大字藤田字日渡二18-1
敷地面積は東北地方でも最大級。
直売スペースにはブドウやリンゴやナシ、国見育ちの新鮮果物が...
さらに地元産のくりにかぼちゃ秋の味覚がたくさん!
こちらの道の駅にはカフェがありこの秋の果物をたっぷり使ったスイーツが食べられる。
http://www.michinoeki923.com/

<道の駅・伊達の郷りょうぜん> 伊達市霊山町下小国字桜町3-1
広々とした店内では地元名産の漬物や地元のブランド鶏伊達鶏の加工品などが売られている。
さらに街で評判の豆腐や伊達地域の水道水も!?
なかでも自慢はブランド鶏の伊達鶏を使ったメニュー。
9月8日に行われた「道・空グルメグランプリ2019」で、
初代グランプリを獲得した1日数量限定発売の「伊達鶏バーガー」は食べていただきたい逸品。
http://michinoeki-datenosato-ryozen.jp/

<道の駅しもごう> 下郷町大字南倉沢字木賊844-188
南会津の大自然の中にある道の駅では赤ベコなどの会津民芸品や会津が誇る銘酒が並ぶ。
秋の時期食べていただきたいのは地元・猿楽台地でとれた新そば。
またこちらの道の駅で楽しめるのはおいしいものだけではない。
東北で一番、標高の高い道の駅で、ここからの眺めは絶景。

2019.10. 4

福島を元気にする人! 飯坂真尋ちゃんって!?

福島市の飯坂温泉を盛り上げていると噂の女の子がいます。
その子の名前は、飯坂真尋ちゃん。
一体どんな子なのか?
福テレアナウンサーの小田島さんが温泉街で聞き込み調査!
けんか祭り好きという真尋ちゃん。
街の人のヒントを頼りに見つけた正体は...とても魅力的な女の子でした。

・・・今回お邪魔したのは・・・
<ほりえや旅館>
福島市飯坂町字湯沢21
tel:024-542-2702
http://www.horieya.com/

<湯らっと さばこちゃん>
福島市飯坂町字湯沢15
【営業時間】午前10:00~午後5:00
【定休日】月曜日・火曜日・水曜日
http://www.jurakuen.net/index.html#2

<土産屋>
福島市飯坂町字湯沢24-1
tel:024-597-7208
【営業時間】午前9:00~午後6:00

<飯坂温泉観光協会>
福島市飯坂町十綱町3
tel:024-542-4241
https://iizaka.com/

2019.10. 2

自宅に眠るお宝が高額現金に!
出張買取の現場に密着

中古のブランド物やアクセサリーなど自宅に眠るお宝を買い取る出張買取人。
一般の家庭にある身近なものからセレブ女性が買い取ってほしいという高級ブランドのバックや時計まで
高額続出の出張買取に密着しました!

2019.10. 1

二本松市に実在した!?共和国を調査せよ!

1980年代に二本松市に共和国が誕生。
いまはどうなっているのか!? 福テレアナウンサーの矢崎さんが調査!

1980年代日本各地で町おこしを目的に共和国が続々誕生。
二本松市にも「ニコニコ共和国」という仮想の国が。
現在も独自の通貨で買い物ができるということで矢崎アナも
ニコニコ共和国の名残を探しながらお買い物。

当時のメニュー "議員定食" を特別に再現していただきました
<ソースかつ丼 成駒>
二本松市岳温泉1-115-1
tel:0243-24-2412
【営業時間】
平日 午前11:00~午後3:00
土日祝 午前11:00~午後3:00/午後5:00~午後7:00
【定休日】火曜日

二本松名物・玉羊羹のような豆腐
<渡辺豆富店>
二本松市岳温泉1-113
tel:0243-24-2711
【営業時間】午前8:30~午後6:00

今はあまり作っていない「ニコニコ焼」...あだらた餅(100円)もおすすめ
<丸井菓子舗>
二本松市岳温泉1-12
tel:0243-24-2410
【営業時間】午前8:00~午後6:30

ニコニコ共和国オリジナルバッジの販売や
独自の通貨への両替などは...
<岳温泉観光協会>
二本松市岳温泉1-16
tel:0243-24-2310
【営業時間】午前9:00~午後5:00
http://www.dakeonsen.or.jp/

ページの先頭へ