福島テレビ 七転8チャンネル

FTV関連サイトはこちら

ホームへ戻る

番組情報

 

2019.1.17

"さんちょく!" 会津若松市・とろねぎ

寒さに耐えて甘くなる "とろねぎ" を求めて会津若松市へ!
イケメン農家が愛情込めて作る極上のネギとは!?
さらに、極上のネギを使って番組ではお馴染みの料理人・黒澤俊光さんに
簡単でネギの美味しさを十分に味わえるお料理を教えていただきました!

<コリーファーム・佐藤忠保さん>
とろねぎはお取り寄せも可
詳しくは「とろねぎ」で検索

大川荘 副料理長 黒澤俊光さんに教えていただきました!
<とろねぎオムレツ>(4人分)
ネギ         1本
たまご        8個
パルミジャーノチーズ 大さじ4
モッツアレラチーズ  100g
豆乳         200cc
塩・コショウ     適量

① ネギを3等分しラップに包んで電子レンジで30秒
② 卵にパルミジャーノチーズ・豆乳・塩・コショウを加えよく混ぜる
③ 小さめの耐熱ボウルにラップをしき、②を入れ(4分の1)電子レンジで3分
④ たまごの外側に火が通ったら、食べやすき大きさに切った ①のネギと   
  モッツアレラチーズを乗せ茶巾絞りのようにラップで包む
⑤ 輪ゴムでラップをとめ再び電子レンジで1分半


<とろねぎ肉豆腐>
(4人分)
ネギ         2本
牛肉         800g(豚肉でも可)
豆腐         1丁
シイタケ       4個
みりん        50cc
しょうゆ       50cc
水          150cc

① 肉・ネギ・豆腐を食べやすい大きさに切る
② 鍋にみりん・しょうゆ・水を入れ煮立てる
③ 肉を入れうまみを煮汁に移す
④ 豆腐・ネギ・シイタケを入れ落し蓋をして煮る

2018.12.14

"さんちょく!" 相馬市・アンコウ

相馬の冬の味覚と言えば!アンコウ!
相馬市の郷土料理 "アンコウのとも和え" にアンコウ鍋を
浜のお母ちゃんたちに教えていただきました!
「アンコウのとも和え」は海産物直売所でも販売さているほど
相馬の人には馴染みあるお料理。
松永アナは相馬双葉漁業協同組合女性部の皆さんの力を借りて
おいしく作れたのかな??

<カネヨ水産>
相馬市尾浜字原228-25
tel:0244-38-8808
http://www.kaneyo-suisan.com/

<アンコウのとも和え>(5人分)
 アンコウ 1.5kg
 みそ   大さじ2
 砂糖   大さじ1.5
① 沸騰したお湯で10分程度下ゆで(身・胃袋)
② 肝は油をしかずしっかり炒め味噌・砂糖を加える
③ 味付けした肝と身・胃袋を和える

<アンコウ鍋>(5人分)
 アンコウ 1kg
 ニンジン 1本
 ネギ   1本
 白菜   200g
 春菊   1/2束
 豆腐   半丁
 しらたき 1袋
 シイタケ 5個
 しめじ  1袋
 エノキ  1袋
 しょうゆ 100cc
 酒    30cc
 顆粒だし 大さじ1/2

2018.11.23

"さんちょく!" 相馬市・相馬セリ

旬を求めて松永さんが向かったのは相馬市。
冬の海産物ではなく...なんと!セリが出荷の最盛期!
相馬ブランドのセリを3軒の農家が出荷しています。
冷たい水に浸かりながらの収穫作業、水を使って泥を洗いながす...など
大変な作業を身をもって体験した松永さん。
ご褒美は絶品セリ料理を♪

<セリ鍋>
 セリ         
 鶏もも肉
 舞茸         
 シメジ
 エノキ茸      
 顆粒だし
 麺つゆ       
 塩
 ※根までおいしく食べられるセリ鍋。セリは食べる直前に入れるのがポイントです!

<セリのマヨネーズ和え>
 セリ         
 ツナ
 マヨネーズ     
 麺つゆ
 ※セリは生のまま。切って和えるだけ!

2018.11. 1

"さんちょく!" 南会津町・舘岩赤カブ

旬を求めて松永さんが向かったのは南会津町。
色鮮やかな舘岩赤カブの収穫の真っ最中でした!
寒暖差がある土地で育つと赤くなる赤カブ
収穫したてをいただくとリンゴのように甘くてみずみずしい♪
さらにおいしくいただけるお料理を教えていただきました!

地元のお母さんたちのお料理なので分量は目分量です。
<赤かぶの酢漬け>
 赤カブ      
 カブの葉
 酢         
 砂糖
 塩
 ※調味料で揉んで3日間漬ける

<カブの葉と舞茸の炒め物>
 カブの葉     
 舞茸
 粉末だし     
 しょうゆ

<カブの葉のクジラ汁>
 カブの葉     
 クジラ肉
 じゃがいも    
 小麦粉(すいとん用)
 粉末だし     
 みそ

<<平野物産店>>
南会津町宮里字板橋1936-1
tel:0241-78-2532
http://www.aiaiaizu.com/akakabu/hirano.html

2018.10.18

"さんちょく!" 相馬市・相馬土垂

旬を求めて松永さんが向かったのは相馬市の大野村農園。
養鶏をしている菊地さんが今、力を入れている野菜を紹介。
今の時期、芋煮に欠かせないサトイモ。
こちらのサトイモは相馬の伝統野菜「相馬土垂」
熱い思い出復活させた絶品「相馬土垂」をおいしくいただきます!

皮には栄養・うまみもあるため皮つきのまま調理しました!
<いも煮汁>(5人分)
 相馬土垂   600g   
 鶏もも肉   350g
 ニンジン   2本
 ゴボウ    2本
 まいたけ   100g
 しめじ    150g
 糸こんにゃく 200g
 油揚げ    2枚
 豆腐     1丁
 みりん    大さじ3
 しょうゆ   大さじ5
 味噌     250g

<相馬土垂の鶏肉炒め>(5人分)
 相馬土垂   500g
 鶏もも肉   350g
 たまご    4個
 鶏油     40cc
 しょうゆ   大さじ3
 ◇サトイモは5mm幅の薄切りに
 ◇タマゴは煮玉子にしておく

<<大野村農園>>
https://www.oonomuranouen.com/

2018.9.28

"さんちょく!" 郡山市大槻町・きのこ

旬を求めて松永さんが向かったのは郡山市。
ハッピーファームでは、なめこを中心にひらたけ、まいたけ、きくらげなど
6種類のきのこを年間約50トン栽培しています。
収穫のお手伝いと、とっておきのお料理を教えていただきました!

<ナメコとエノキのなめたけ>
 ナメコ
 エノキ
 オクラ
 大根おろし
 塩
 めんつゆ
◇沸騰したお湯でナメコ・エノキを1~2分ゆでる
◇ナメコ・エノキはザルにあけ水で冷やす
◇塩とめんつゆで味付けして大根おろし・オクラを乗せて完成

<オオヒラタケとナスと大根の葉の油炒め>
 オオヒラタケ
 ナス
 大根の葉
 めんつゆ
 塩
 味付塩コショウ
 鶏がらスープの素
 ごま油
◇オオヒラタケは食べやすい大きさに手でさく
◇ナスはタテ8等分にし水にさらしてアク抜き
◇大根の葉は湯がいて2cmぐらいの大きさに
◇オオヒラタケとナスを炒めしんなりしてきたら調味料を入れる
◇大根の葉を入れ仕上げにごま油を絡めて完成

<キクラゲと豚肉の炒め物>
 キクラゲ
 豚肉
 めんつゆ
 万願寺とうがらし(ピーマンでもOK)
 ショウガ
 ニンニク
 砂糖
 ごま油
◇万願寺とうがらしは食べやすい大きさに切る
◇みじん切りにしたショウガ・ニンニクを炒め   
 豚肉・万願寺とうがらしを加え強火で炒める
◇キクラゲを加えて砂糖・めんつゆで味付け  
 仕上げにごま油を絡めて完成

<<ハッピーファーム>>
郡山市大槻町字南原209
tel:024-951-4335
http://www.happyfarm1965.com/info.html

2018.9. 7

"さんちょく!" いわき市小川町・梨

松永さんがいわき市へ!
秋の味覚・梨が旬を迎えています。
幸水、新高など8種類を栽培している髙萩百合子さんに
生産者ならではの食べ方を教えていただきました!

<梨の酢の物>
 梨(2日間リンゴ酢で漬ける)  
 キュウリ
 ワカメ
 春雨
 砂糖
 塩
◇キュウリは塩で揉んで水で洗い流して水気をしぼる
◇酸味は梨を漬けたリンゴ酢で

<梨のサラダ>
 梨              
 キュウリ          
 タマネギ
 ソーセージ
 マカロニ
 マヨネーズ
 塩
◇キュウリ・タマネギは塩もみする

<梨の天ぷら>
 梨
 天ぷら粉
 水
◇梨に衣が付きやすくなるように天ぷら粉は固めに水で溶く

2018.8.24

"さんちょく!" 大玉村・ミョウガ、大葉

旬の食材を生産者はどうたべてる!?
大玉村の農産物直売所の矢吹店長に
農家の渡辺ケサヨさんを紹介していただきました。
酷暑を乗り切るための助っ人「ミョウガ」と「大葉」を使って
さっぱりちらし寿司と元気になる肉巻きをつくります!

<みょうがと大葉のちらし寿司>(4人分)
 ミョウガ       8本       
 ごま         40g
 大葉         20枚        
 すし酢        120cc
 キュウリ       2本       
 塩          少々
 たまご        4個        
 ごはん        2合
 しらす        100g
【細かく切ったミョウガ・大葉、塩もみしたキュウリ、
     いり卵、しらす、ごまを酢飯に混ぜてできあがり!】
◇ミョウガは酢・砂糖・塩(分量外)で一晩漬けておく
◇キュウリは薄切りにして塩もみをする

<みょうがと大葉の肉巻き>(4人分)
 ミョウガ       8本       
 豚ロース肉(薄切り) 400g
 大葉         8枚         
 味噌         適量
【豚ロース肉に味噌をぬりミョウガ・大葉に巻いて焼くだけ!】
◇巻き終わりを下にして焼くとほどけにくくなる

2018.8.10

"さんちょく!" 伊達市月舘町・夏野菜

旬の食材を地元ならではの料理でいただく "さんちょく!"
今回は伊達市月舘町の農家・前野さんの畑で夏野菜を収穫♪
夫婦円満の秘訣を聞くと...「健康だと自然と仲良くなれる」という事。
その健康を維持する元気の出るお料理を教えていただきました!

<かぼちゃカレー>(4~5人分)
 カボチャ    1/4個
 ナス      5本
 タマネギ    4個
 豚ひき肉    250g
 しめじ     1パック
 カレールー   (表記の分量で)

<ナスの揚げ浸し>(4~5人分)
 ナス      5本
 おろししょうが 10g
 めんつゆ    100cc
 みりん     10cc
 水       80cc
 シソ      適量
 ネギ      適量

<かぼちゃサラダ>(4~5人分)
 カボチャ    1/4個
 キュウリ    1本
 クリームチーズ 45g
 マヨネーズ   適量
 塩       適量
 こしょう    適量

2018.7. 5

"さんちょく!" 北塩原村・ジュンサイ

旬の食材を地元ならではの料理でいただく松永アナの "さんちょく!"
今回は裏磐梯の夏の味覚『ジュンサイ』
北塩原村では約5軒の生産農家が年間1~2トンのジュンサイを出荷しています。
裏磐梯エコツーリズム協会の長岡幸二さんと共にジュンサイ摘み♪
暑い日でもツルリと食べられるジュンサイ料理を
裏磐梯サイトステーションの鈴木正代さんに教えていただきました!

<ジュンサイところてん>
 ジュンサイ
 ところてん
 三杯酢     適量
 刻みのり    適量

<じゅんさい丼>
 ジュンサイ
 ごはん
 しょうゆ    適量
 おろしショウガ 適量

<黒蜜じゅんさい>
 ジュンサイ
 黒蜜
 きなこ

2018.6. 7

"さんちょく!" 福島市・ハチミツ

松永アナが旬の食材を取材! 産地ならではのお料理を教えていただく〝さんちょく!"
アカシアの花が咲くこの時期は養蜂場では、アカシアのハチミツが最盛期。
福島市の養蜂場「鈴木養蜂場」にお邪魔して、養蜂を見学・採蜜お手伝いを。
さらに、元気になれそうなハチミツレシピも教えていただきました!

<トマトのはちみつがけ>
 トマト     2個
 はちみつ    適量

<ナッツのはちみつ漬け>
 ナッツ(無塩) 適量
 はちみつ    適量

さらに定番の「はちみつレモン」も作りました。

【鈴木養蜂場】
http://www.suzukihoney.com/index.html

2018.5.25

"さんちょく!" いわき市・初ガツオ

旬の食材を産地ならではの料理でいただく松永さんの「さんちょく!」
県内でも水揚げを待つ旬の『初ガツオ』を一足早く美味しく調理!
いわきの郷土料理 "カツオの揚げ浸し" を教えていただきました!

まずは...本場・高知の "わら焼カツオたたき" を作っている工場へ
<オーシャン物産>
いわき市中之作
※わら焼カツオたたきはお取り寄せ可能
tel:0246-55-5517
http://www.ocean-iwaki.co.jp/index.html

いわきの郷土料理
<カツオの揚げ浸し>(5人分)
 カツオ    1尾
 しょうゆ   250cc
 みりん    150cc
 酒      200cc
 水      350cc
 砂糖     150g
 だしの素   小さじ3
 うま味調味料 少々
 ショウガ   少々
 片栗粉    適量

2018.5.10

"さんちょく!" いわき市・新タマネギ

今回はみずみずしくて辛みの少ない "新タマネギ" を求めていわき市へ!
直売所では真っ白な新玉ねぎに感動!
収穫したてを味わい甘さに感動!
愛情たっぷりで育てられた新タマネギ。
おいしい調理法も教えていただきました!

<JA福島さくらファーマーズマーケット いがっぺ>
いわき市後田町柳町56
tel:0246-38-5022
【営業時間】午前9:30~午後6:00
【定休日】第3水曜日

<<新たまねぎのステーキ お好み焼き風>>
 新タマネギ    1個
 お好み焼きソース 適量
-トッピング-
 紅ショウガ・桜エビ・マヨネーズ・青のり・かつおぶし

<<まるごと新たまねぎのベーコンのせ>>
 新タマネギ
 ベーコン
 ポン酢      適量
 マヨネーズ    適量

<<新たまねぎとちくわのマスタードあえ>>
 新タマネギ    2個
 ちくわ      2本
 粒マスタード   大さじ1
 ポン酢      大さじ1
 しょうゆ     大さじ1
 マヨネーズ    大さじ2

2018.5. 2

"さんちょく!" 福島市・ワサビ

今回は福島市の郊外にあるワサビの産地から!
2014年に結成された "佐原わさび生産組合" が栽培するワサビ。
吾妻連峰の雪解け水が育む香り高いワサビのおいしい食べ方も教えていただきました!

ワサビ香るソフトクリーム♪
<ささき牧場カフェ>
福島市佐原字川久保15-1
tel:024-573-7343
http://sasakicafe.com/

<<わさびの三杯酢漬け>>
 ワサビ(茎・葉) 200g
 塩        10g
 三杯酢      適量

<<わさび丼>>
 ワサビ
 かつおぶし    適量
 しょうゆ     適量

2018.4.13

"さんちょく!" 白河市・愛情納豆

今回は白河市の "かあちゃん" の愛情がたっぷり入った納豆を紹介!
白河産の大豆を使って愛情込めて作った納豆。
納豆の巾着包み焼と春巻きの作り方も教えていただきました!

まず松永キャスターが訪れたのは...
<り菜あん>
白河市弥次郎窪29-1
tel:0248-23-2500
【営業時間】午前9:00~午後6:00
【定休日】第1水曜日


<<納豆巾着焼き>>(4人分)
 油揚げ
 納豆(極小粒) 4パック
 ネギ      70g
 かつおぶし   20g
 みそ      適量
 エゴマ油    適量

<<納豆春巻き>>(4人分)
 春巻きの皮
 納豆(極小粒) 2パック
 ネギ      40g
 チーズ     15g
 大葉      適量
 みそ      適量

2018.3.23

"さんちょく!" 奥会津牛

今回はいつもの農産物・水産物ではなく...
奥会津の自然と人の愛情が育てる「奥会津牛」を紹介!
独自配合のエサと牛がストレスなく過ごせる環境づくりを徹底している田部畜産を訪ねました。

奥会津牛の美味しさを引き出すお料理を教えてくれたのは...
会津若松市で会津の食材にこだわったお料理を提供する居酒屋
<<Taro食堂>>
会津若松市中央1丁目3-12
tel:0242-85-7751

<奥会津牛のステーキ>
 奥会津牛(ランプ)
 塩
 コショウ

2018.3. 8

"さんちょく!" 大玉村・たらの芽

今回は春の山菜の王様 "たらの芽"
大玉村の今井農園では水耕栽培でたらの芽が育っていました!
クセが少なく食べやすいというたらの芽をおいしく調理♪

<あだたらの里直売所>
大玉村大山字新田10-1
tel:0243-48-2317


<たらの芽のおひたし>(5人分)
 たらの芽        100g
 塩           適量
 じゅうねん       適量
 じゅうねんドレッシング 適量

<たらの芽の肉まき>
 たらの芽        100g
 豚ロース 薄切り    200g
 みそ          適量

2018.2.22

"さんちょく!" いわき市遠野町・自然薯

旬の食材を産地ならではの食べ方で♪
今回は収穫の最盛期の自然薯!
地元のおかあちゃんたちのおすすめは「すいとん」に「お好み焼き」
粉を使わず自然薯だけでつくるその味は!?

<お好み焼き> 5人分
 自然薯  500g
 キャベツ 1/4個
 桜エビ  適量
 塩    適量

<すいとん> 5人分
 自然薯  200g
 ニンジン 1/2本
 しめじ  1パック
 ダイコン 1/4本
 ネギ   1本
 豚肉   100g
 味噌   適量

<とろろご飯> 5人分
 自然薯  300g
 だしの素 適量
 味噌   適量

2018.1.25

"さんちょく!" 古殿町・凍み餅

旬のものを地元の食べ方で♪
今回はこの時期の寒さが重要!伝統食の凍み餅を求めて古殿町へ!
「ふるさと工房おざわふぁ~む」で凍み餅作りのお手伝い!
凍み餅を知り尽くしたお母さんに美味しい食べ方を教えてもらいました!

<焼き凍み餅>
 凍み餅
 じゅうねん味噌ダレ(じゅうねん、味噌、みりん、砂糖)
 みたらしダレ(しょうゆ、砂糖)

<凍み餅ドーナツ>
 凍み餅
 ホットケーキミックス

<凍み餅ステーキ>
 凍み餅
 ネギ
 バター
 しょうゆ
 酒
 みりん

2018.1.12

"さんちょく!" 猪苗代町・雪下キャベツ

豪雪地帯としても有名な猪苗代町。
昔から雪の下で野菜を保存し冬の食料としてきました。
今回は雪の下でフルーツ並みに甘さを増した「雪下キャベツ」を紹介!
地元ならではの食べ方は、キャベツの美味しさを味わえる料理でした!

<キャベツ鍋>
 キャベツ    1個
 ニラ      200g
 中華スープの素 大さじ2

<キャベツのカレー粉蒸し>
 キャベツ    1/8個
 カレー粉    適量
 塩       適量
 コショウ    適量
 オリーブオイル 適量

ページの先頭へ